Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

山下吏良著『女子アナ・吏良の海上自衛隊メンタルヘルス奮闘記』

最近…と言ってもここ何年かのことですが、知り合いの同業者が自衛隊がらみの職に就いた…って話を何度か耳にしました。

自衛官の自殺なんかもしばしば取りざたされるようになり、その手の需要は増えてるみたいですし、「自衛隊 臨床心理士」みたいなワードで検索すると何件か臨床心理士の募集の情報も出てきたりします。

ちなみに「自衛官に自殺が多い」って話題についてはこちらのブログ記事が参考になるかと思います。

「自衛隊は自殺が多い」は本当か? 自衛隊の自殺とメンタルヘルス1
自衛官の自殺は何が原因なのか?  自衛隊の自殺とメンタルヘルス2
リアリズムと防衛を学ぶ

そんな中、実際にそうした業務に携わる臨床心理士が本を出したそうな。

女子アナ・吏良の海上自衛隊メンタルヘルス奮闘記 女子アナ・吏良の海上自衛隊メンタルヘルス奮闘記
山下 吏良

講談社 2010-12-07
売り上げランキング : 7010

Amazonで詳しく見る by G-Tools

NHKキャスターから海自 ・臨床心理士に大転身!

自殺や事故が頻発する海上自衛隊で、戦う男たちに寄り添う吏良1尉の24時間!
隊員の「うつ、心の病」のケアに奔走するメンタルヘルス最前線。

海自の現実を白日の下に晒す本書は、「海上自衛隊にとって両刃の剣である」

海上自衛隊といえども隊員の構成は日本社会の縮図。社会に若者の非行が蔓延すれば海上自衛隊でも非行が起こる。世間にうつ病や自殺が増えれば海上自衛隊でも増える。それどころか、自殺に関して言えば、不況にも強く壮健であるはずの海上自衛官の自殺発生率が、ときに成人男子の平均よりも高いというのはどうしたことだろうか? 海上自衛隊に特有の隠れた事故要因があるのか?私が著者を知ったのは舞鶴地方総監のときだが、「海上自衛隊にもこういう人材が求められて入ってくる時代になったのか……」と、複雑な感慨を持った――。

――海上自衛隊佐世保地方総監・加藤耕司(「あとがき」より要旨抜粋)

1995年03月 大学卒業
1995年04月 在阪テレビ局の記者やNHK鳥取放送局のキャスター(六年間)
2003年04月 京都ノートルダム女子大大学院(京都市)に入学。臨床心理学
2006年 臨床心理士
2007年 海上自衛隊に入隊
       海上幹部候補生学校 35歳
2007年12月末 海上自衛隊幹部候補生学校 卒業 三等海尉
2008年01月   海上自衛隊総監部衛生企画室
2009年04月  佐世保地方総監部

なかなか異色の経歴って感じの著者ですね。

ちなみにこの方については、以前にも読売新聞関西版の阪神淡路大震災13年目関連の特集で取り上げられておりました。記事リンクは切れておりますが、こちらのブログ記事で全文紹介されております。

阪神淡路大震災から13年-じーんとくる記事ストレスマネジメントとトラウマ

そんな感じで、興味のある方はどぞー。

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (1件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 著者は現役海上自衛隊の幹部であり臨床心理士として、隊員とのメンタルヘルス経験や自衛隊での勤務内容を本書にまとめているが、職務上(公務員・医療従事者)知りえた情報を外部へ公開してよいものだろうか?守秘義務違反ではないかと考える。

    海上自衛隊の現実を白日の下に晒し広く国民に知ってもらう事が目的なら、不況の昨今、高級なハードカバーよりも安価な電子版等をすぐに用意するべきである。著者の経歴と内容に対して価格1,890円とは随分高いと感じる。

    わずか3年という短い隊内生活では、真の海上自衛隊を語るには力量不足である。結果、著者の言葉に信念は感じられず、浅はかな内容であった。低俗で下世話な内容が目立つ本書にわたくしは不快感を覚え、海上自衛隊のPR本としてはおろか、心理学書、カウンセリングの入門書としての社会的存在価値は、残念ながら見出せなかった。

    現役の佐世保地方総監のあとがきは、本書の内容を公式に認めたことになる。提督自ら刃こぼれの剣を抜いて諸外国へ見せた事は、結果として、抑止力の低下を招き、隣国海軍の士気を大いに向上させてしまったのではないだろうか。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑