Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

森悦朗監訳・Hodges著『臨床家のための高次脳機能のみかた』

出版社のサイトでは既に発売済みになっていますが、Amazonさんでは「2011/1発売 予約可」になっているこちら。

臨床家のための高次脳機能のみかた 臨床家のための高次脳機能のみかた

新興医学出版社 2011-01
売り上げランキング : 178188

Amazonで詳しく見る by G-Tools

各国の臨床家に広く親しまれている「小さい赤本」待望の日本語版。前半で局所損傷による認知機能と複数の認知ドメインが障害される認知症について丁寧に解説し、後半では認知機能をみる際に必要な評価についてその方法とみるべきポイント、注意事項等をわかりやすくまとめました。臨床医の先生だけでなく、理学療法・作業療法・言語聴覚療法や臨床心理学を学ぶ先生方にもぜひご一読いただきたい1冊です。

書店で立ち読みしてみたところ、なかなかよさげな一冊のようです。

とりあえず「第6章 標準化された心理検査:その利用と誤用」というところを読んでみました。

第6章 標準化された心理検査:その利用と誤用
 Ⅰ.Mini-Mental State Examination (MMSE)  
 Ⅱ.Information ? Memory ? Concentration (IMC) Test
 Ⅲ.Hodgkinson Mental Test 
 Ⅳ.Mattis Dementia Rating Scale (DRS)  
 Ⅴ.Cambridge Cognitive Examination(CAMCOG) 
 Ⅵ.Alzheimer’s Disease Assessment Scale (ADAS) 

いずれもあっさりした記述ですが、適応となるケースや使用上の注意などが簡潔にまとめられており大変読みやすいです。

そして「第8章 症例提示」では、各種神経心理学的検査の結果も含めて、実際の事例の概要がこれまたわかりやすくまとめられております。

「補遺 神経心理学的検査」では以下の検査について触れられております。

 The Autobiographical Memory Interview(AMI)
 BADS遂行機能障害症候群の行動評価
 BIT行動性無視検査
 The Boston Naming Test(BNT)
 California Verbal Learning Test(CVLTとCVLT-Ⅱ)
 Cambridge Neuropsychological Test Automated Battery(CANTAB)
 Cambridge Semantic Memory Test Battery
 Cognitive Estimates Test
 Delis-Kaplan Executive Function System(D-KEFS)
 数唱
 Doors and People Test
 The Graded Naming Test(GNT)
 Hayling and Brixton Test
 Judgement of Line Orientation Test(JLO)
 The National Adult Reading Test:Second Edition(NART)
 Paced Auditory Serial Addition Test(PASAT)
 Pyramids and Palm Trees Test
 レーヴン色彩マトリックス検査
 Recognition Memory Test(RMT)
 Rey Auditory Verbal Learning Test(RAVLT)
 Rey-Osterrieth複雑図形検査
 リバーミード行動記憶検査(RBMT-Ⅱ)
 物語再生
 Stroop Tests
 Test for Reception Grammar(TROG-Ⅱ)
 トークンテスト
 Trail Making Test
 語列挙検査
 The Visual Object and Space Perception Battery(VOSP)
 ウェクスラー成人知能検査(WAIS-RとWAIS-Ⅲ)
 ウェクスラー記憶検査(WMSとWMS-R)
 Weschsler Memory Scale-Ⅲ(WMS-Ⅲ)
 WAB失語症検査
 ウィスコンシンカード分類検査(WCST)

認知症他、神経内科領域だったり高次脳機能障害関連のケースに関わる機会の多い方にはかなり役立つのではないかと思います。

よかったらどぞー。

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑