Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【年末年始に】畑村洋太郎著『直感でわかる微分積分』【読んだ本】

公開日: : その他

昨年末、「たまに(専門以外の)本でも読んでみようかなあ」と思って買ってみたのがこちら。

直観でわかる微分積分 直観でわかる微分積分
畑村 洋太郎

岩波書店 2010-10-27
売り上げランキング : 4721

Amazonで詳しく見る by G-Tools

大好評「直観」シリーズの第3冊目.今回はなんと,高校数学の超難所,微分積分にスポットを当てます.ビブンセキブンなんてチンプンカンプン.そんな人たちのために,ハタムラ先生がひと肌ぬぎます.「学校で教わる前に読んでおきたかった…」.そう思うこと間違いなしの本です.

読者対象
1 微分積分をいちど教わったけれど,チットモわからず,自信を失った人
2 微分積分の問題は一応解けるが,本質がわかっていないために,背中がムズムズする人
3 微分積分は一応わかっていて,仕事で使ったりもするが,本質をわかりたいと思っている人
4 微分積分を学校で教えていて,もっと「わかる」授業をしたい先生
5 既刊の『直観でわかる数学』を読み,筆者の考えに興味をもってくれた人

とりあえず大変読みやすい本でした。字も大きいし、行間もゆったりしてるし。一応センター試験では数学使ったものの、個人的には「高校数学で挫折した」感を持っているワタクシ的にもわかりやすい内容だったかとは思います。

ただ私の場合、大学で多変量解析の講義とってたし(あれはあまりにもわからなくて地獄でしたが…)、何年か前に『マンガでわかる統計学 回帰分析編』を読んでたりして、微積についての記憶を再生したことはあったのでついていけたような気はしますが、そういうのが全くないと読むのは辛いかもしれません。

そういう人向けにはむしろこっちかも。

直観でわかる数学 直観でわかる数学
畑村 洋太郎

岩波書店 2004-09-08
売り上げランキング : 4970

Amazonで詳しく見る by G-Tools

サイン・コサインや微分・積分が教科書に現れた時、数学と縁を切ったという人は多いだろう。『失敗学のすすめ』の著者として知られる畑村洋太郎・東京大学名誉教授は、「日常世界の住人には高校数学なんて知ッタコッチャナイ」と言い、身につかない理由は、数学の抽象世界を日常生活に置き換えられないところにあると語る。

モノにするコツは、サイン・コサインならば「見えない直角三角形を周りの物事にあてはめてみる」、微分方程式なら「そのほとんどは解けない。教科書は解ける方程式しか取り上げない事実を知る」など、直観的に腑に落ちるポイントを探し出すことだと言う。「直観」とは本質を見抜く力だ。本書が直感的に数学が分かるようになる虎の巻ではないことを断っておく。

あと、ワタクシ的には娘に勉強教えるのを考えると、こっちも読んでおきたい。

続 直観でわかる数学 続 直観でわかる数学
畑村 洋太郎

岩波書店 2005-10-20
売り上げランキング : 61218

Amazonで詳しく見る by G-Tools

大反響『チョッカン』の第2冊は,小学校の算数が中心です.「え? サンスウ??」と、あなどるなかれ.数学の根源は,算数にあるのです.

ご存知,あのハタムラ先生が,あなたをその奥深い世界へ案内します.ややこしい数式は一切ヌキ.独創的な絵を駆使した「ハタムラ式直観」は,ますます快調.目からウロコ請け合いです.

Amazonさんでの評判も結構いいので、近々読んでみる予定です。

興味のある方はポチっとどうぞ。

2011/01/07 | その他

関連記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ?

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

日本ブリーフサイコセラピー学会第26回大会

【告知】日本ブリーフサイコセラピー学会第26回大会7/29〜31@東洋英和女学院大学【生存報告】

前回の更新が4/27ということで、20日以上ぶりの更新となります。皆様いかがお過ごしでしょう

記事を読む

公園に転がっていたどんぐりと落ち葉

筑波大の学生らが福島の子ども達にドングリを贈る…ってそんなに良い話なのか?

昨年末、いくつかの媒体(主に新聞のネット記事)でこんな話題が取り上げられておりました。

記事を読む

ルンバ871

ルンバ買ってよかった

昨年末、Amazonさんのタイムセールに出てたんで、衝動買いをしてしまった次第。 iR

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑