Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

田嶌誠一編『不登校―ネットワークを生かした多面的援助の実際』

公開日: : 心理・精神医学本

この仕事について既にウン年経とうとしているワタクシですが、もっぱら精神科臨床の経験しかありません。で、同業者の皆様の中には、恐らく学校臨床経験のある方も多いんじゃないかと思います…というか、学校臨床経験のない人の方が珍しいのかもしれません。

私、自信を持って言いますが、学校臨床とかできる自信ないです(自信を持ってそんなことを言うなって話ですが)。いや、やれと言われたらそりゃやらざるを得ないですし、勉強してなんとかやるんでしょうけれども、少なくとも自分から「やりたい」とはなかなか思えないのですよね。

なんでそうなのか?ってことを考えてみると、やっぱり構造的に違うんですよね。相談室にこもってばかりでは全く仕事にならないって辺りが、学校臨床の難しい点の一つなのではないかと…いや、当然、病院臨床が「こもってばかり」ってわけでは全くないんですけれども。

なーんてことをちょこっと考えされたられたのは、この本を見かけたからなのでした。

不登校―ネットワークを生かした多面的援助の実際 不登校―ネットワークを生かした多面的援助の実際
田嶌 誠一

金剛出版 2010-09
売り上げランキング : 65730

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「人間関係」といえば、どの学派でも、面接者との関係、すなわち「セラピスト‐クライエント関係」(または治療者‐患者関係)が、特別に重要なものとされている。しかし、それに限らず、生活における人間関係が重要であり、それを活用することが援助に役立つというふうに考えてみよう。家族はもちろん、教師やボランティア、半専門家や非専門家などさまざまな人間関係が重要で活用可能なのである。本書では、そうした形の援助の実際についても豊富に紹介する。

出版社のページに掲載されている「はしがき」にも書いてあるように、この本の元になったのは雑誌『臨床心理学』第5巻1号(2005年1月金剛出版刊)の「不登校」特集です。

好評につき売り切れとなった雑誌の企画に、さらに加筆修正したってことで、なかなか充実した内容になっております。

学校臨床に携わる人なら読んでおくべき一冊ではないかと思います。

ついでに、精神科臨床でもこうした視点(人的ネットワークの利用とか)は当然必要ですし、色々と使っている部分もあるとは思うんですけどね。それをさらに意識的に利用するということを考える上でこういうの読んでみるのも面白いのかもしれません。

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (1件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. […] This post was mentioned on Twitter by でぐまま. でぐまま said: RT @rotemeister: 田嶌誠一編『不登校―ネットワークを生かした多面的援助の実際』 【ロテ職人の臨床心理学的Blog】更新 – http://bit.ly/hXbD […]


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑