Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

小学校低学年向けの科学の本

公開日: : 子育て ,

日々原発関連のニュースが飛び交っている昨今、皆様いかがおすごしでしょうか?

こういうことがあると、「科学リテラシー」みたいなものはホントに必要だなと思いますよ。それが欠けているためにマスコミが垂れ流す(あえてそう言いましょう)情報に一喜一憂し、余計なストレスが増えてしまう人、結構いるんじゃないかと思います。逆にある程度の科学リテラシーさえ持っていれば、情報を取捨選択し、自分なりの行動規範みたいなものが得られるでしょうし、それである程度安心できる部分もあるんじゃないでしょうか。

「お前にそれができてるのか?」と言われると…自分なりにはやってるつもりなんですが、客観的にみたらどうかわかりません。少なくとも自分なりに情報選択し、自分なりに「どう振る舞うべきか」「どう考えるべきか」的なものは持ってるはずです。

で、やっぱり自分の子どもにも「科学リテラシー」的なことは身につけて欲しいというのは、当然の親心的なものだと思います。そんな親の思いとは関係ない部分で、この4月に小学校2年生になる我が家の長女は、なんだかやたらに科学関連の本が好きだったりします。

そんな感じで(需要があるかどうかはとりあえずおいといて)、最近娘に購入した科学関連の本をご紹介。

ナマケモノはほんとうになまけものなの?レントゲンはどうしてほねがうつるの?

からだのお話、生き物のお話、食べ物や身近なもののお話、地球・宇宙のお話、科学のびっくり、科学の伝記など、科学の「ふしぎ」に答える42話を収録。すらすら読めて、ためになる。

これ数ページの短い話が42話収録されており、本当にすらすら読めます。

実はこのシリーズは「最近」買ったものではなく、以前から長女が好きで読んでたんですが、小1の段階で「なぜ?どうして?科学のお話3年生」まではさくさく読めてました。

読書嫌いの子どもにもおすすめな一冊であり、よく売れているみたいです。

・・・・・・・・・・

豊富な図解で、子どもの知的好奇心を満たす! ―――「なぜ?」の理由やしくみが、ぜんぶ絵でわかる!―――

「なぜ人間にはしっぽがないの?」「けいたい電話はどうして話せるの?」など、子どもの「知りたい欲」はとどまるところを知りません。この本では、たっぷりの絵で解説することで、楽しく理解を助けます。

【楽しくながめてワクワクする。本当の「学び」がこの1冊に!】 子どもの疑問は、新しい世界の扉をいくつも開けていくうちに、どんどん広がっていきます。いつも「なんで?」と聞くお子さんも、じっと虫を見つめて考えているお子さんも、頭の中ではたくさんのふしぎが動き回っているのです。この本は、絵をたっぷり使って解説しているので、好奇心旺盛なお子さんの知識欲をしっかり満たしてくれます。

【子どもの「もっと知りたい!」に、絵でこたえる】 子どもの疑問は、とどまるところを知りません。吸収する力のある今だから、「なぜ?」から派生するいろいろな疑問に、たくさんの絵でこたえます。

【「やってみよう」で実際に試して、体感できる】 本書では「やってみよう」のコーナーがあるので、自分で楽しみながらふしぎに親しむことができます。本を読むだけではなく、自分の体で感じ取ることで、知識が定着します。

【ほかの人とちょっとちがった自由研究のヒント】 夏休みの自由研究のヒントを3つ掲載。ノートや壁新聞にまとめる方法も、簡単に紹介しています。

こちらは先月出たばかり。前述の『なぜ?どうして?科学のお話』シリーズの二番煎じ本…っぽい感じは否めませんが(タイトルが大変紛らわしい…)、こちらは図解が豊富でいっそうわかりやすくなってます。正直、読みやすすぎてちょっとアレな感じもしますが、単なる「読み物」だった前掲本と比較すると「やってみよう」コーナーや自由研究のヒント(まとめ方も!)なんかもあったりして、実用的な一冊と言えるかもです。

・・・・・・・・・・

かがくる改定版 2011年 4/10号 [雑誌] かがくる改定版 2011年 4/10号 [雑誌]

朝日新聞出版 2011-03-31
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

朝日新聞出版による「分冊百科」形式(「デアゴスティーニ」みたいな)の科学雑誌です。内容的には若干薄いかな?って感じもしますが「定期購読」というのが我が長女的にはうれしいようなので、まあいいかな、と。

公式サイトはこちら。

かがくる

・・・・・・・・・・

本当の「科学リテラシー」というのは「科学的思考」というやつであり、上記の書籍・雑誌はいずれも「科学知識」を身につけるためのものだとは思います。ただ、早い段階でそういう知識への親和性を高めておくことができれば、将来的にはそういった思考へと繋がる可能性は高いのかな?とは思います。

そんな感じで、皆様もお勧めの子ども向け科学本がありましたら教えていただきたいと思う次第でございます。

2011/04/04 | 子育て ,

関連記事

交響組曲『ドラゴンクエスト4』

自分の「派手なクラシック音楽好き」の原点はひょっとしたらドラクエのオーケストラ版なのかもしれない

最近、ひょんなことから次女とドラクエをやっているのです。DS版の。 つい先日、4をクリ

記事を読む

子どもクッキング

次女のために子ども向け料理本を買ってみた

最近、次女が料理に凝っておりまして。それ自体は良いことだと思うのです。 ただ、何と言い

記事を読む

ちはやふる 第1巻

今さら『ちはやふる』にハマってしまったワタクシなのです

別に例の実写映画化からの…ではないのです。 ・「ちはやふる」末次由紀先生が語る、実写化

記事を読む

東京ディズニーリゾート便利帖第3版

次女と2人でTDLに行くことになったのでちょこっと調べてたら『東京ディズニーリゾート便利帖』の改訂版が出ていた

近々、小3の次女とワタクシの2人で東京ディズニーランドに行くことになりました。 3月生

記事を読む

少年少女 日本の歴史

学習漫画 日本の歴史 小学館か集英社かどちらを買うか迷ってる

我が家の娘も早いものでもう小6ですよ。 6年生になると社会の授業には歴史が含まれてくる

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑