Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

震災関連の書籍を無料公開してる心理系出版社をまとめてみる その2

公開日: : 心理・精神医学本 , ,

昨日のエントリに続き、またいくつか無料公開している出版社を見つけたのでまとめてみます。

「心理系出版社」ではなく、正しくは「心理学関連書籍も出している出版社」ということで。

以下50音順です。

医学書院


医療従事者の皆様へ 震災関連記事 無料公開中

弊社発行の雑誌・書籍の震災関連記事・ページのPDFを,当面の間,全文無料で公開いたします。このたびの震災で被災された方々の救出・救命・治療に当たられる医療従事者の皆様にご活用いただき,少しでもお役に立てれば幸甚に存じます。

災害や放射線関連を特集した多くの医療系雑誌が無料公開されています。

一番なじみ深いのはこちらでしょうか。

精神医学 2006年 03月号 精神医学 2006年 03月号

医学書院 2006-03-14
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1995年1月17日,早朝に起きた阪神・淡路大震災は,瞬時にして多くの地域住民の生命を奪い,ライフラインを破壊し,被災者の生活に大きな打撃を与えた.そして,少なからぬ数の被災者が,長期にわたって心身の健康被害に悩まされることになった.しかし,この地震を契機に災害救急医学,集団災害医学の分野が日本で確立され,精神医学の分野でも災害精神医学に関しての研究,調査が活発になったことも事実である.本特集では,災害精神医学の進展に貢献された専門家の方々に,それぞれの現場での経験を執筆していただいた.

そしてさらにすごいのがこちら。

『今日の診療 WEB版 法人サービス』 無料公開のご案内

このたび復興支援といたしまして,震災で被災された方々の救出・救命・治療に当たられる医療従事者の皆様にWEB環境でご利用いただける 『今日の診療 WEB版 法人サービス』 を,4月30日までの間,無料にて公開いたします。ご活用いただき,少しでもお役に立てれば幸甚に存じます。

以下収録書籍です。

【収録書籍】
「今日の治療指針 2010年版」
「今日の治療指針 2009年版」
「今日の診断指針 第6版」
「今日の整形外科治療指針 第5版」
「今日の小児治療指針 第14版」
「救急マニュアル 第3版」
「臨床検査データブック 2009-2010」
「治療薬マニュアル 2010」
「新臨床内科学 第9版」
「内科診断学 第2版」
「今日の皮膚疾患治療指針 第3版」
「臨床中毒学」
「医学書院医学大辞典 第2版」

これはすごい!
4月30日までの限定公開ですので、ご利用はお早めに。

・・・・・・・・・・

岩波書店


東日本大震災関連のお知らせ

すごいのはこれでしょうか。

町医者歴50年、40年の大ベテラン二人による育児書の電子版。暮らし編・病気編の2部構成で使いやすく、多様な子育てを応援します。Win/Mac対応。

こちらの「病気編」が2011年6月末まで無料公開中。

他に雑誌『世界』『科学』より、福島原発事故や原子力政策について考える上で参考となる文献も公開しております。

・・・・・・・・・・

星和書店

トップページより新潟大学精神科教授染矢俊幸氏による「心のケアチーム向け災害対応資料」がダウンロード可。

新潟県地震の時に、新潟大学で作られた災害対策マニュアルです。避難所でお配りするパンフレット類なども含まれています。

とのこと。

・・・・・・・・・・

南江堂


書誌データ緊急無料公開のご案内

以下のPDFデータを当面の間,無料公開させていただきます.被災地における医療関係者のご活動に敬意を表するとともに,当情報が現地医療に少しでもお役に立つことができましたら幸いでございます.

精神医学系の書籍はありませんが『アトラス応急処置マニュアル 原書第9版』の他、外科や災害看護に関する文献を中心に公開中。

・・・・・・・・・・

有斐閣


「被災された方々,子どもたちの心のケアについて」無料公開特別サイト ~被災地のボランティアスタッフ,心理職,学校関係者のみなさまへ~

心に深く傷を負った方々と接する上で大切なこと・心構えや,災害・危機状況での心理的援助のヒントについて書かれた小社発行の書籍から,最も関連の深い3論文を選び,著作権者の了解を得て,当面の期間,無料公開することにいたしました。

被災地の学校の先生方やスタッフの方々,小さいお子さまがいらっしゃるご家族の方々,被災地に向かわれるボランティアスタッフの方々には,お読みいただくなり,また配布していただくなどして,ぜひご利用ください。

こちらより「第15章 危機対応とPTSD 小林正幸」

こちらより「第9章 危機状況への支援 佐藤由佳利」

こちらより「第7章 リラクセーション――からだを落ち着かせる 井澤修平」

以上3編です。

・・・・・・・・・・

引き続き皆様からの情報も募集中です。こうした出版社のサイトがありましたら、どうぞお教えくださいませ。

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑