Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

紀伊國屋書店新宿本店にて「心理学書販売研究会10周年記念フェア!【第5弾】先生、こんな心理学書はいかがですか?― 教育現場にこの1冊!」&「このテキストがすごい!2011―心理学テキスト売上ベスト50―」開催中

公開日: : 心理・精神医学本

11/02/06のエントリ、紀伊國屋書店新宿本店「心理学書販売研究会 10周年記念フェア 第3弾 子どもの心大百科」&新宿南店「おすすめ心理学書フェア2011」開催中でもご紹介させていただきました、心理学書販売研究会10周年記念フェアも既に第5弾だそうです。

こちら。


【新宿本店】心理学書販売研究会10周年記念フェア!【第5弾】先生、こんな心理学書はいかがですか?― 教育現場にこの1冊!」 | 本の今がわかる 紀伊國屋書店

フェア第5弾は、教室や教育現場において実際の授業や指導に「役立ち」、「使える」ヒントやアイデアを与えてくれる心理学書を取り揃えました。教育実践の場と心理学の理論・成果はたがいにつながり、支えあっています。教育に携わる方々に「この本に出会ってよかった!」と思っていただける心理学書にきっと出会えるラインナップです。

だそうです。

教育領域のものが多いので、個人的には(あくまでも個人的には)いまひとつ食指が動きにくいわけですが、そんな中で読んでみたいと思った(または前から読んでみたいと思っていた)のはこの辺。

「理解できない」子どもの問題に精神分析の観点から理解を試みる

精神分析的思考を学校臨床に生かすための具体的な手がかりを示す

この辺は臨床的な視点から気になる本。

そして、子育て的な視点から気になるのが以下。

「わかった」という思いこみが、理解をさまたげている。「わかったつもり」はなぜ問題なのかを、最新の学習理論から明らかに、よりよく「わかる」にはどうすればよいのかを示す。

子供の学力低下の主要な原因=「ごまかし勉強」がなぜかくも広がったのか? 「ごまかし勉強」の定義と実態、そして、いかに現在の学習環境が子供たちに「ごまかし」をさせているかを明らかにする。

◆ごまかしのルーツは子ども時代の勉強から!◆外務省、食品産業と、開いた口がふさがらないような「でたらめ」「ごまかし」が横行しています。しかし「ごまかし」は、不心得な大人のスキャンダルにとどまりません。なぜなら、日本の子供たちは小・中学生時代から「ごまかし勉強」にどっぷり染まっているからです。昨今の子どもの学力低下の主要な原因も、そこにあります。背景にあるのは、家庭、学校、教育産業を巻き込んだ、ごまかし勉強を生成するシステム。なぜこんなことになったのか、その実態はどうか、どうしたら、正統的な勉強を身につけ、学ぶ楽しさを味わえるようになるのか。教育心理学の専門家で塾の経験も豊富な著者にして初めて書くことができた、提言と警告の書です。

あくまでもワタクシ的に興味を持ったものであり、SCやってる人なんかはもっと面白く読める本があるかもです。書店のサイトからも購入可能ですよ。

・・・・・・・・・・

そしてこちらのフェアもやってます。


【新宿本店】このテキストがすごい!2011―心理学テキスト売上ベスト50― | 本の今がわかる 紀伊國屋書店

心理学書テキストを、過去5年間(2006年~2010年)の春期売上累計冊数でランキング!テキストとして定評のある心理学書が並びます。自信を持って太鼓判!

これ、ランキングを見るだけでもなかなか面白いです。第1位のあの本なんかは「テキスト」というよりは一般書として売れているんじゃないかと思いますが。第22位のあの本は、そんだけ売れてるんだなぁと改めて強さを感じたりも。

・・・・・・・・・・

Amazonさんもいいですが、ホントたまに行くリアル書店はやっぱいいです。何時間いても飽きません。

お近くにお越しの方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑