Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

吉田戦車初の絵本『あかちゃんもってる』&岩手県知事責任編集『コミックいわて』(売り上げの一部は災害義援金に)

先日、娘達の読む本を買いに書店に行った時に見つけてびっくりしたのがこちらの絵本。

漫画家・吉田戦車、初の絵本がついに完成。「生まれたばかりのわが子に読ませたい」をテーマに人気漫画家が描く絵本の世界。くり返しくり返し、何度も読みたくなる絵とリズム。全ページオールカラー描きおろし!

【吉田戦車からのコメント】
絵を描きあげるたびに、まず0歳の君にみせた。
反応はあったり、なかったり。
そして本ができた。
この世にはいろんなことがある。
いろんなことが君を待っている。

つみ木をもって、泥だんごをもって、クレヨンをもって、おはしをもって、カバンをもって、消しゴムをもって、サイフをもって、包丁をもって、携帯をもって…いろんなものといっしょに君は生きていく―漫画家・吉田戦車、初の絵本。

吉田戦車が絵本っすか?と驚いたです。

そういえば以前、吉田戦車と伊藤理佐が結婚してたってのは当ブログでも書きましたが、2010年1月14日には女の子が生まれてたのですね。

一度の離婚歴があるが、2007年に漫画家の吉田戦車と再婚したと雑誌『週刊文春』同年9月27日号掲載の連載『おんなの窓』で明らかにした。その後妊娠したことも同誌2009年6月25日号掲載作品で述べ、2010年1月14日に女児を出産(この際、『おんなの窓』は吉田戦車が『おとこの窓』として4回にわたりピンチヒッターを務めた)。

伊藤理佐 – Wikipediaより引用

書店で見つけた際にはビニール包装されていて中身を見ることはできなかったのですが、Amazonのカスタマーレビューでの評判はなかなか高い感じです。

機会があったら私も読んでみたいと思ったのでした。

・・・・・・・・・・

そして上記の絵本の関連本として見つけたのがこちら。

全国初!「岩手」をテーマにしたローカルマンガコミック。 岩手県ゆかりの漫画家による「岩手」をテーマにしたマンガ作品集。岩手県知事責任編集による全作品描き下ろし。

岩手の自然(岩手山、温泉)伝承(河童)祭り(さんさ踊り)人物(宮沢賢治、阿弖流為)など魅力いっぱいの地元ネタ満載!

【目次】
「風のおくりもの」 池野恋
「ジョセ チャリing」 神田・ジョセフィーヌ
「かもしか温泉」 とりのなん子
「幸未来」 そのだつくし
「0歳児、北へ」 吉田戦車
「メドツ日記」 佐藤智一
「バンカラの恋」 地下沢中也
「キリコ、閉じます」 飛鳥あると
「ひで次くん山へ!」 小田ひで次
「イーハトーブを歩く人」くどうよしと
●いわて漫画MAP
●漫画題材紹介!
●掲載漫画家プロフィール
●漫画家Q&A
●あとがき

ってなわけで吉田戦車もそういえば岩手出身でした。私は濃い漫画読みではないので、吉田戦車の他は池野恋と地下沢中也くらいしか知らないのですが、これまたなかなか評価は高いっぽいです。

そして…岩手も東日本大震災で大きな被害を受けた県です。ということでこの『コミックいわて』の売り上げの一部は災害義援金に充てられるとのことです。

3月11日の東北地方太平洋沖地震で、被災された皆様にはお見舞いを申し上げます。岩手日報社では、「コミックいわて」(第3版)の売上の一部を災害義援金に充てさせて頂きます。宜しくご理解の上、ご協力をお願いいたします。

出版社のサイトより

こちらも興味がある方はポチっとどうぞです。

関連記事

交響組曲『ドラゴンクエスト4』

自分の「派手なクラシック音楽好き」の原点はひょっとしたらドラクエのオーケストラ版なのかもしれない

最近、ひょんなことから次女とドラクエをやっているのです。DS版の。 つい先日、4をクリ

記事を読む

ちはやふる 第1巻

今さら『ちはやふる』にハマってしまったワタクシなのです

別に例の実写映画化からの…ではないのです。 ・「ちはやふる」末次由紀先生が語る、実写化

記事を読む

響け!ユーフォニアム

京アニの『響け!ユーフォニアム』が面白い

2015年の春アニメ、とりあえず第1話はほとんど録画して、ちょっとずつ消化してるところです。

記事を読む

青い瞳のキャスバル

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』を劇場で観た

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』と言えば、アニメ『機動戦士ガンダム』のキャラクター

記事を読む

VD付き 四月は君の嘘(11)限定版

『四月は君の嘘』が結構面白い

今、フジテレビ系でアニメ放映中なのですよね。 かつて国内外の数々のピアノコ

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑