Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

レビュアーを意識して読む『心理学の「現在」がわかるブックガイド』

公開日: : その他 ,

11/04/13のエントリ、【ご恵贈】服部環監修・越智啓太・徳田英次・荷方邦夫・望月聡著『心理学の「現在」がわかるブックガイド』【御礼】でご紹介しましたこちらの本。

当ブログ経由でご購入される方も多く、Amazonさんでの売り上げも好調のようです。

既に紹介したこちらの本なんですが、改めて別な切り口から読んでみると面白いんじゃないかと思ったのが、「レビュアーを意識して読む」ってことでした。

この本、巻末には監修者・著者の紹介があり、webサイトを持っている方に関してはそのURLも記載されております。そしてwebサイトを見たり、あるいは著者名で文献検索すれば、各著者の研究テーマがわかったりします。

各レビューは執筆者がわかるようになっており、それぞれの著者の研究テーマを踏まえた上で読んでみるとまた味わい深いのではないかと思ったり。

私は自分の専門領域である臨床心理学関連の本しかわかりませんが「自分だったらこういう切り口では書かない」とか「え?そう読むの?」ってな感じのところはあったりしました(特に心理アセスメントがらみの本だったり、精神分析関連の本だったり)。

また、未読の本だからこそ気になる記述なんかもあったり。「逆に読んでみたくなる」みたいな。

…そんな感じに思うのは、著者がほとんど知り合いだったりすることもあるんですが(そんなわけでご恵送いただいた次第でございます)、そうでなくとも色々と面白いかと思います。

もし仮に、今度こういう企画があったとしたら、あえて専門分野とは違う領域の文献に関して研究者としてどう読むのかってのは見てみたいですし、あるいはクロスレビュー(ファミ通みたいに点数をつける必要はないですけど)形式で著者間での読み方の差異みたいなところも興味があります。あとこの本は著者の方々の専門分野はほとんど重複してませんが、あえて同じ専門分野(だけど細分化するとやっぱり違う)の人が、同じ本をどう読むか…なんてのも面白いかもしれません。

そんな勝手なことばかり言ってしまいましたが、心理学を専門とする学部生・大学院生はもちろん、心理学を専門としない人でも楽しく読めますし、既に心理学を生業としている人でも改めて自分の専門以外の分野に目を向けてみるよい機会になるのではないかと思います。

お求めやすい価格ですし、未読の方は是非どうぞ。

2011/04/26 | その他 ,

関連記事

肩もみ

ネタがないわけではないのですが…

ネタがないわけではないのですが、今日は簡易更新で。 なぜならば! 今日はこれから

記事を読む

リハビリ

リハビリ的に投稿してみる

2016年12月31日以来、実に263日ぶりのブログです。 ぶっちゃけ、ブログの書き方

記事を読む

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ?

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

日本ブリーフサイコセラピー学会第26回大会

【告知】日本ブリーフサイコセラピー学会第26回大会7/29〜31@東洋英和女学院大学【生存報告】

前回の更新が4/27ということで、20日以上ぶりの更新となります。皆様いかがお過ごしでしょう

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック (5件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1.  二度にわたるご紹介ありがとうございます。
     クロスレビューというのは非常に有意義ですね。これをやると複数の人が読まなければならないので,本を作る労力が×人数分になるのが罠です。改めて読み返して原稿を書いて,私が1冊分書くと大体速くて1時間,かかると2時間くらいでしょうか。126冊になるとなかなかの単位時間ですね。
     アマゾンは在庫まちになっていますが,実際には既に追加が入っているようです。意外と更新が遅かったりするとのことでした。

  2. >nikataさん

    コメントありがとうございます。

    こちらの本、現時点で既に、現四半期の当ブログ経由での
    売れ筋トップ5ほぼ確定の勢いです。
    私自身、大変面白く拝読させていただきましたので
    せっかくですしもっと多くの方に知っていただきたいと思い
    再度、ご紹介させていただきました。

    全文献に関してクロスレビューするとなると
    確かに相当な労力が必要になりますよね。
    なので、誰かがセレクションした数冊のみでも
    いいかな…などと妄想したり。

    ともあれ、本当によい本をご恵送いただき
    ありがとうございました。

  3. 私もロテさんのサイトでこの本を知り,さっそくamazonで購入しました。
    「心理学書」が濫発?されている今日だからこそ,必要とされる本だと思いました。著者の先生方のお骨折りを思うと頭が下がります。
    でも,「この本が取り上げられているのに,なんであの本はないの?」と感じるところが少なからずあり,どういう趣旨で紹介される本が選定されたのか,その裏話も聞きたいところです。
    一方で即座に思い出したのは故・依田新先生たちの書かれた「読書案内 心理学」(現代教養文庫)です。
    こちらは1975年刊,やはり学部生向けだったことを思うと,時代は変わったと実感します。
    なんかこういうことはチラシのryじゃなくてamazonのレビューに書けと言われそうですが…

  4. >キュアなすびさん

    コメントありがとうございます。

    …ところで基本的にコメントの極端に少ない私のブログで
    唯一頻繁にコメントくださるのがキュアなすびさんだったわけですが
    (いつもお世話になっております)
    311以降、コメントが途絶えていたことが気になっておりました。

    少なくともこうしてコメントをくださる余裕ができたということでしょうか?

    今後ともよろしくお願いいたします。

  5. 国の一大事に際してキモヲタは存在自体がもれなく自粛対象だろということでなんとなくおとなしくしていたら,ロテ職人に心配されていたの巻,でござる。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑