Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

集団認知行動療法研究会監修『さあ!やってみよう 集団認知行動療法』

公開日: : 最終更新日:2011/07/03 心理・精神医学本

6/30発売で7/1に書店でみかけて気になった本。

こちら。

本書は、集団認知行動療法(CBGT)の入門書として2008年に発行された『さあ!はじめよう うつ病の集団認知行動療法』の続編です。

日本各地の医療施設で実際に行われているCBGTプログラムの実践例を紹介しています。付録DVDではCBGTの最中に起こりがちな問題を再現し、その適切な対処法について具体的に解説しました。

前書と併せて読めば、すぐにでもCBGTを始めることができるでしょう。

出版社のページはこちら。ざっくりした目次やサンプルページが見られますよ。

さあ!やってみよう集団認知行動療法医学映像教育センター

この本、何がすごいって、DVDつきで価格が3990円とかなり抑えられているところ。これはお得感満載です。

で、入門書(続編ではありますが)なので、非常に読みやすいです。やったことがない人でも、とりあえず本書を読み、そしてDVDを見るだけである程度のイメージはつかめるのではないでしょうか?

さらにこちら、監修の集団認知行動療法研究会のサイトです。

集団認知行動療法研究会

私は寡聞にして知らなかったのですが、大野裕氏や坂野雄二氏も会員なんでしょうか?とりあえず著者一覧には入ってました。

そしてこれの前書がこちら。

認知行動療法とは、ものの考え方や受け取り方(認知)が気分や行動に影響して、さらに気分や行動が認知の働きに影響するという悪循環を断ち切ることをとおして、うつ病や不安障害を治療する精神療法の一つです。これを集団で行うと、参加者同士がお互いに共感し、情緒的に支え合いながら、一方で客観的にお互いの考え方を検討して認知の再構成を進めていく作業によって、うつ病治療に効果があることが分かってきています。

本書ではその進行方法を詳しく解説し、重要なポイントと実践例をDVDに収めました。さらに、参加者が安心感をもってグループに参加できるような関わり方、参加者同士の会話を橋渡しし活発にしていく方法など、具体的な働きかけについても学ぶことができるよう工夫しました。

集団認知行動療法を具体的にどう進めたらよいのかイメージがわかない、そういった方に手に取っていただきたい一冊です。

興味がある方、よろしければあわせてポチっとどうぞ。

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑