Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

『人間と環境への低レベル放射能の脅威―福島原発放射能汚染を考えるために』と『福島 嘘と真実─東日本放射線衛生調査からの報告』

公開日: : その他 , ,

ちょっと不謹慎だとは思いますが、昨日、書店でこの2冊が隣同士で並んでいるのをみて思わず笑ってしまいました。

ノーベル賞に匹敵するといわれる「ペトカウ効果」をつぶさに紹介、原発・核実験の放射能汚染を徹底検証した世界的労作の初邦訳。

世界の核災害調査結果との比較からわかる福島の低線量事象
誤った政府介入による住民と家畜の被害が甚大
福島の核放射線は心配なく健康被害なし

世界の核災害地と比べて、福島の放射線衛生上の実被害は極めて低い。より厳しい核被災地や核汚染地が復興したり、人びとが再定住している現実からしても、また、放射線防護学の見地からしても、福島県はもちろん、福島20キロメートル圏内も必ず人びとが暮らせるようになる。その日は遠くない。

簡単に言えば「真逆の内容の本」ですね。

人間と環境への~』の方、「ペトカウ効果」が今ひとつよくわからん感じだったので、ググってみたら…見つけました。

こちら。

「ペトカウ効果」は低線量被曝が健康に大きな影響を与える根拠となるのか?ぷろどおむ えあらいん

このブログを書かれている方は「化学屋」さんということで、放射線関連は専門ではないのでしょうけれども、実際に元文献を取り寄せて読んだ上での解説なのが非常に好感が持てます。

ついでに『人間と環境への~』の編者の一人であるErnst J. Sternglassという人の打ち出した説に関するツッコミも丁寧にやってくれてます。てか、このリンク先を見れば非常によくわかるです。

乳幼児の死亡率に関するスターングラスの説原子力百科事典 ATOMICA(財)高度情報科学技術研究機構

この本、時間がなくて目次しか見てないんですが、なんかものすごく「トンデモ臭」のする言葉が並んでました…ただ、あくまでも目次しか見てませんので断言はできません。

Amazonさんのカスタマーレビューでは大変評価が高いのですが、そりゃあ「放射能怖い」情報を求めてる人にとってはすげえいい本でしょうね。

購入される方はあくまで自己責任でどぞ。あとで私に文句言われたりしてもちょっと困っちゃいます。

・・・・・・・・・・

そしてもう一冊。『福島 嘘と真実』の方。

上記の引用部分にもあるように「福島の核放射線は心配なく健康被害なし」という立場をとる本です。

その根拠が、大変わかりやすい図解をふんだんに用いて解説されておりました。

ただ著者の高田純氏、札幌医科大学教授で専門は放射線防護学なのだそうですが、以前にこんな本も出してまして。

こちら本では「昆布がヨウ素剤の代用になる」といったことも書かれているようで…それって放射線医学総合研究所が否定してたんじゃないでしたっけ?

とりあえず反原発派の人からすると、間違いなく「御用学者」として批判の対象になるようなタイプの学者であることは間違いないっぽいです。

こちらに関しても、やはり購入に際しては「自己責任」でよろしくです。

…って完全に放りっぱなしな感じになっておりますが、自分の専門でもなく、かつちゃんと読んだわけでもない本なのでこれくらいしか言えないということで…すんません。

・・・・・・・・・・

個人的には「原発事故がらみの一連の騒動の心理的影響」についてすごい興味があるんですけどね。「放射線の心理的影響」ではないって辺りはご注意を。まあ実際に研究するとしたら倫理的問題もあって色々難しそうなんですが、関東圏の人対象であれば、なんとか出来そうな気もするんですけどね。

それとももう、誰かやってんのかな?やってる人いそうな気もします。

関連記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ?

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

日本ブリーフサイコセラピー学会第26回大会

【告知】日本ブリーフサイコセラピー学会第26回大会7/29〜31@東洋英和女学院大学【生存報告】

前回の更新が4/27ということで、20日以上ぶりの更新となります。皆様いかがお過ごしでしょう

記事を読む

公園に転がっていたどんぐりと落ち葉

筑波大の学生らが福島の子ども達にドングリを贈る…ってそんなに良い話なのか?

昨年末、いくつかの媒体(主に新聞のネット記事)でこんな話題が取り上げられておりました。

記事を読む

ルンバ871

ルンバ買ってよかった

昨年末、Amazonさんのタイムセールに出てたんで、衝動買いをしてしまった次第。 iR

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (3件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 「原発事故がらみの一連の騒動の心理的影響」とかですと,リスク認知の研究をしている人とか,何かやっているでしょうね。

  2. ペトカウ氏はカナダ原子力公社のホワイトシェル研究所で、医学・生物・物理学主任を20年もやったひとです。大学では物理学を専攻、その後イェール大学で医学部博士課程終了後も奨学生として訓練を受けた非常に優秀な人です。

    確かに1971-72年の初めの論文では、低線量といっても比較的高線量で実験しましたが、ペトカウは全部で92の論文を書いており、なかには自然放射線レベルでやったものもあります。

    ペトカウはまた、白血球の細胞膜に対する被曝効果、そしてさらには被曝労働者に対する研究も行っていました。

    ところが、被曝労働者の研究途中で彼が主任をしていた研究所が閉鎖され、放射線防護研究に戻ることができなくなり、その後20年は地元の医師として働きました。(政治的なものが絡んでいたのではないかと疑われています。)

    ペトカウの論文は、「人間と環境への低レベル放射能の脅威」に引用されているとおり、多くの国における多くの研究者が引用したり、発展させたりしています。

    ちなみに、「人間と環境への低レベル放射能の脅威」著者のグロイブも化学屋で、いままで本書に対する科学的な反証はなされたことがない、と亡くなる前年のインタビューで話しています。是非、本書の全体をきちんと読んでいただければと思います。

    さて、原子力・核政策推進側から、「とんでも」といわれ続けたスターングラス博士。(ちなみにATOMICAは原子力推進側が管理しているページですからバイアスが掛かっています。)彼が本格的に低線量被曝の危険性を訴える以前、実は原子力の2大企業であったウェスティングハウス社で月面基地計画の指導的位置にあるほど、優秀な科学者であったことはあまり知られていません。低線量のX線診断装置の開発もした方です。

    なにより、彼の科学性を知るには、彼の書いた著書も読む必要があります。「赤ん坊をおそう放射能」はまだ絶版になっていません。(この本は非常に緻密な本です。ちなみにノーベル賞受賞者ジョージ・ウォールドが推薦の言葉の序章を書いています)

    これを読んでから、批評してください。この本は非常に緻密で科学的な名著ですし、スターングラスが、いかに原子力産業の影響の及んでいるメインストリームの科学誌に査読をへた論文を出すのが困難であったかという政治的な側面もよく描き出されています。

    またスリーマイル島事故のデータの改ざん事件や、後に報道機関にばれた当局によるごまかしなども興味深い書物です。どうか推進側のとんでもだ、というデマに流されませんように。ご自分の目で確かめてから真実を見極めていただくことをお願いいたします。

    また放射能の危険性の問題は健康や命が掛かった問題ですから、「そんなに危険でない」という情報で、今後子供たちの健康への実害を増やさないように、どうか責任ある情報発信をお願いいたします。

    最後に、グロイブやスターングラス氏等、多大な労力と時間を使って本書を著した人びと、彼らの努力に及ばずながらもそれなりに苦労して翻訳した肥田舜太郎氏や私の気持ちも多少は察していただいてから、責任ある批評をしていただけると、大変ありがたいと感じております。

    竹野内真理
    (「人間と環境への低レベル放射能の脅威」翻訳者のひとりより)

  3. なんにしろ、せめて、推し進める側だけでも
    知識、認識を正しく、統一してかかってほしいものです。
    電気屋さん、政治屋さん、みんなバラバラすぎますよね?
    「怖くない」って知ってるんだったら
    わざわざ怖がらせないでほしいし。
    こっちは反対したくてしてるわけじゃないですしね。
    (怖いと思わせた方が、電気代上げれるのかな。
    でも安いって謳ってますし、ややこしいなぁ)
    個人的には、内容よりも、
    言ってる人の言葉尻に真実が露呈されているんじゃないか
    ということと、どうしても、
    安全と言いたくば炉ばたに住んで見せろ
    というところに行きついてしまう、ということでしょうね。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑