『お父さんが教える読書感想文の書き方』と『お父さんが教える自由研究の書き方』

公開日: : 子育て ,

Amazonさんで見て、タイトルにひかれて2冊同時に買っちまいました。

多くのお子さんにとっての悩みのタネ、読書感想文。でも、実は読書感想文は、「やりかた」さえ教えてもらえれば「誰でも書ける」のです。本書は、読書感想文が苦手なお子さんでも、一日で書けるようになる、画期的な方法を解説しました。本の選びかたから、原稿用紙の工夫、あらすじと感想の「サンドイッチ作戦」など、目からウロコの技が満載! お子さんにとって文章でのはじめての自己表現=読書感想文をらくらくクリア! お父さん、この本で困っているお子さんを救うヒーローになりましょう!

自由研究って何をすればいいの?どうすればいいの?……テーマの決め方、調べ方からレポートの書き方まで。“考える力”がグングン育つ!・・・・・・ 自由研究のテーマを紹介する本はたくさんあります。でも、研究する前に知っていないと、いま何をしているのか分からない……だから次にどうしたらいいかわからない……ということがいくつもあるのです。
そうしてこの研究の基礎となる考え方は、一度わかってしまえば、中学はもちろん、高校、大学に行ったって困らなくなります。
「うちの子には“ちゃんとしたやり方”を覚えてもらいたい」と思っているお父さん、まず、この本を読んで、その“考え方”の基本をお子さんに説明してあげてください。そして、テーマの決め方、調べ方、レポートの書き方を教えてあげてください。
この夏、ちょっとお子さんにつき合うことで、お子さんの考える力がグングン育つのです。そしてお子さんは、いままで知らなかったお父さんの頼もしい姿を発見することでしょう。さあ、あなたもヒーローになろう!

買っちまったんですが…

えーとですね…ぶっちゃけ買って失敗でした。

「読書感想文なんて言われても、何をどうやって書き始めればいいのかさっぱりわからない…てか思ったこと書けばいいんじゃね?」とか「自由研究なんて言われても、何から始めればいいの?…てか、研究って何?美味いの?」レベルのお父さんであれば、それなりに役に立つかもしれません。

読書感想文~』の方は「原稿用紙を前にして全く手が動かなくなってしまう」レベルの子どもであれば、とりあえず何か書き始めるヒントにはなりそうです。

自由研究~』の方はこれまたぶっちゃけ、子どもが読む分にはそこそこよさそうです。

結局「お父さんが教える」という殺し文句でお父さんに購入させようという魂胆が見え隠れしてしまいます。そして今回、私はまんまとそれにやられた感があります。

つか、この内容の薄さで1400円はどうよ?って感じですよ。

いずれもめちゃめちゃ字がでかく、確かに至極読みやすいです。『自由研究~』の方なんて、上で「子どもが読む分にはそこそこよさそう」と書きましたが、いちいち漢字にルビが振ってあるのですよ。

なんすかこれ?お父さんdisってんの?と思わざるを得ませんですよ。

そんなわけで少なくとも私にとっては久しぶりに「やっちまった」という感じでございました。

ただ上に書いたようなレベル…普段全く本を読まないような人であれば、役に立つことはそれなりにあるかなあ…という感じです。

本日の教訓としては「買う前に現物を見て確かめよう」ってところでしょうか。あと、私が見た時点ではカスタマーレビューが書かれてなかったんですよね。いずれの本もカスタマーレビューを読んでたら恐らく買いませんでした…という内容のレビューですので、よかったら読んでみてくださいな。

関連記事

DQ6-3DS

次女と一緒にDS版DQ6やってます

ゲーム業界的にはドラクエIXフィーバー的なことがすっかり落ち着いた感じかと思いますが、そんな

記事を読む

交響組曲『ドラゴンクエスト4』

自分の「派手なクラシック音楽好き」の原点はひょっとしたらドラクエのオーケストラ版なのかもしれない

最近、ひょんなことから次女とドラクエをやっているのです。DS版の。 つい先日、4をクリ

記事を読む

子どもクッキング

次女のために子ども向け料理本を買ってみた

最近、次女が料理に凝っておりまして。それ自体は良いことだと思うのです。 ただ、何と言い

記事を読む

ちはやふる 第1巻

今さら『ちはやふる』にハマってしまったワタクシなのです

別に例の実写映画化からの…ではないのです。 ・「ちはやふる」末次由紀先生が語る、実写化

記事を読む

東京ディズニーリゾート便利帖第3版

次女と2人でTDLに行くことになったのでちょこっと調べてたら『東京ディズニーリゾート便利帖』の改訂版が出ていた

近々、小3の次女とワタクシの2人で東京ディズニーランドに行くことになりました。 3月生

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑