R. A. マーティン 著 野村亮太,雨宮俊彦,丸野俊一 監訳『ユーモア心理学ハンドブック』

公開日: : 心理・精神医学本 ,

今の俺に必要な物…それは「ユーモア」かもしれない…ってことで最近気になった本がこちら。

Amazonさんには表紙画像がなかったのでもってきた楽天からの表紙画像がこちら。

素敵な笑顔です。

ヒトが社会的関係を形成・維持する上で不可欠なユーモアや笑いという現象は,どのようなメカニズムで生み出され,理解されるのか。また,心理的健康や集団内での人間関係といった日常生活場面に対してどのような影響を与えるのか。ユーモアや笑いに関する既存の心理学的実証研究を体系的・網羅的にまとめ上げ,今後の研究・実践の方向性を示唆。


基本的にはユーモア・笑い研究だったりポジティブ心理学の集大成みたいな感じで、わりと基本的な記述が多いのですが、心理療法場面におけるユーモアについても扱われていたりするので、その辺がらみの研究をしている人以外でも参考になりそうな気がします。

ということで、本日も手抜き更新なのでした。

興味のある方は是非ともポチっとどぞー。

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック (1件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 確かにユーモアは大事ですよね。
    心理的な余裕をどの程度もっているのかを見極めるのにも使えますし、心理的な距離を縮めるのにも使えますし。
    私の同期にはユーモアのセンスが重大に欠落している人がほとんどでした・・・。

    手抜き更新www
    お疲れ様ですw


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑