【読んでないけど】春日武彦著『援助者必携 はじめての精神科 第2版』【期待大】

公開日: : 心理・精神医学本 ,

第1版が出た当時、色んな所で絶賛され(当ブログでも何度かご紹介させていただきました)、そして多くの方がお世話になったであろうあの本の改訂版が出たのです。

ツボを押さえれば精神科は楽しい! カスガ先生、これならやっていけそうです!!

誰も教えてくれなかった精神科のツボを、誰にでもわかるように解きほぐしてくれたと大好評の初版に、認知症、新型うつ、パーソナリティ障害など新たな「困りごと」とその解決策を示しました。はじめて精神科に足を踏み入れたとき誰もが感じる「不安」の元に分け入る超実践的アドバイス集。ホントの言葉は、軽くて深い。

実はまだワタクシは現物は見てないです。それでもこれは期待大ですよ。

出版社のサイトはこちら。序文と目次が見られますよ。

医学書院/書籍・電子メディア/はじめての精神科

これ見るだけでも相当良書であることはおわかりいただけるかと。ほんとに精神科臨床における「ツボ」がばっちりと押さえられております。「Q&A いざというとき役立つテクニック集」なんかを見ても、一部「?」なのはありますが、ほとんど「あるあるネタ」であるのは精神科臨床に携わったことのある方ならわかっていただけるかと思います。

ホントに「必携」だと思います。特にこれから精神科臨床に足を踏み込もうとしている人にはかなりお勧めです。

一つ残念なのは帯にある「医師、看護師、保健師、ケアマネージャー、ヘルパー必携」の言葉…。心理職は?って感じがしないでもないですが、まあPSWも入ってないし、よしとしましょうか。

そんなわけで興味がある方は是非ともポチっとどぞー。

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑