国立国会図書館サーチ(NDL Search)が1月6日に正式公開されましたよ

公開日: : 仕事 , , ,

研究活動に従事されている方の多くはご存じかと思いますが、国立国会図書館や全国の公立図書館、電子書籍サイトなどの文献情報が検索できるサービス「国立国会図書館サーチ(NDL Search)」が正式公開されてます。

国立国会図書館サーチ
国立国会図書館サーチ(NDL Search)

「国会図書館サーチ」正式公開、全国図書館や民間の電子書籍も検索可能 -INTERNET Watch

これまでも論文検索等で使用されていた方も多いかと思いますが、今回の正式公開で

正式サービスとしての公開に合わせて、従来の「国立国会図書館総合目録ネットワーク」「全国新聞総合目録データベース」「児童書総合目録」「国立国会図書館デジタルアーカイブポータル(PORTA)」を統合

検索結果は、データベースや資料種別、所蔵館、出版年などによる絞り込みが可能で、検索結果に対する関連キーワードや連想キーワードも表示

ISBNがある資料の場合は、「カーリル」のシステムを利用して全国図書館の貸し出し状況を検索できるほか、「Amazon.co.jp」や「ジュンク堂書店」などのオンライン書店、Googleブック検索などへのリンクも用意

といったような機能面での拡充がなされています。

そんなこんなでワタクシも今年の抱負は「研究がんばる」ですので、ガシガシ使っていきたいと思う次第でございます。皆様もどぞー。

関連記事

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日、日本ロールシャッハ学会第21

記事を読む

仕事が終わったら

日本ロールシャッハ学会第21回大会で研究発表とWSの事例提供します

明日から2日間、札幌国際大学におきまして、日本ロールシャッハ学会第21回大会が開催されます

記事を読む

図解・台風の科学

台風なので…

今日は台風なので… もう出勤してしまいました。 やらねばならないことが山積みです

記事を読む

リハビリ

リハビリ的に投稿してみる

2016年12月31日以来、実に263日ぶりのブログです。 ぶっちゃけ、ブログの書き方

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑