Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

長女と一緒に東京交響楽団@サントリーホールの「こども定期演奏会」に行ってきた

以前、妻と一緒に「子ども向けのクラシック音楽のコンサートはないものかね?」と探して見つけたのがこちらでした。


こども定期演奏会ネット

こども定期演奏会とは…

☆ こどもたちが定期的にコンサートホールに行く習慣を身につけ、生活の中にクラシック音楽をとりいれてもらうために始めました。
☆ 指揮者の大友直人が色々な音楽を、実験を交えて分かりやすく説明しながら進めます。
☆ 各回毎にテーマを設けて分かりやすくしています。
☆ 通常の「聴くだけ」のコンサートから一歩進めて、こどもたちが参加する色々な新しい試みをしています。
☆ ちらしやポスターの絵をこども達に書いてもらいます。
☆ テーマ曲を広く募集します。
☆ 指揮者の大友直人やオーケストラメンバーと直接話し合う会「大友さんと楽団員を囲んで」を行っています。
☆ 毎年最後の回に、オーケストラの中に入って曲を演奏する「こども奏者たち」を募集し、オーディションを行い演奏していただきます。
☆ コンチェルトのソリストに才能あるこどもの演奏家を起用しています。
☆ 親子や友だち同士がコンサートを通してコミュニケーションを深めるためのいろいろな要素を入れています。

こども定期演奏会ネット:「こども定期演奏会」ってなに?より

ってなわけで、小学1年生から入場可のクラシックコンサートなのです。

年4回公演で基本的には定期会員券(4枚綴りのセット券)が10000円を購入、毎回同じ指定席となるのですが、1回券3000円も出ております。

「こども定期演奏会」2012年シーズン《 オーケストラの魅力 》 主催公演 サントリーホール サントリー

4回分まとめてだと1人1回2500円。子ども向けで時間は短い(毎回、休憩をはさんで1時間半くらい?)とは言え、プロオケによる本格的な演奏がこの値段でってのはかなり格安なのではないかと。

ワタクシ的には娘に「嫌だったら無理にいかなくてもいいから」とは言ってるんですが、それでも今年3年生になる長女は3年連続での参加となりました。

まあ、長女的にはコンサート自体もさることながら、「お父さんと二人で都内までおでかけ」ってのがイベント的な感じで楽しいのかもしれません(いつまで続くかなぁ…)。

とにかく小・中学生のお子様にはなかなかお勧めのコンサートなのではないかと思います。

ちなみにサントリーホールがあるアークヒルズは都内でも有数の桜の名所なのです。先週の土曜日はちょうど見頃となってたので、コンサート前後には少し散策してきました。

そう。あの「桜坂」があるのです。

しかし…

iPod touchのカメラ性能の問題もあると思うんですが…

もっと上手に撮りたいもんだなぁ…と。

そんな楽しみもありつつ、今年も子どもとクラシック音楽を楽しみたいと思った次第であります。

関連記事

響け!ユーフォニアム

京アニの『響け!ユーフォニアム』が面白い

2015年の春アニメ、とりあえず第1話はほとんど録画して、ちょっとずつ消化してるところです。

記事を読む

オンキヨー スピーカー

お洒落スピーカー ONKYO RBX-500がかなり素晴らしい件

オンキヨーモニターに参加中 オンキヨーさんの「おしゃれスピーカー」モニター募集に応

記事を読む

no image

Amazon MP3ダウンロードが意外にいいかもしれない件

結構前に始まっているサービスなんで、多くの方はご存じかもしれませんが、こんなのがあるです。

記事を読む

no image

Amazonさんが「無料配送完全サービス化」&今日ポチったモノ

各所で話題になっておりますが、「~まで!」だったはずのAmazon.co.jpの「配送料無料」が完全

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑