自分の子どもが「見える」と怯えていたらどうします?そしてIPとして「見える」と怯える子どもがあなたの元へ来たら?

公開日: : 子育て, 心理・精神医学本, 臨床心理学

ちょっとした思考実験と言いましょうか。こちらを見ててふと思ったのですよね。

息子が「見える」と怯えます : 家族・友人・人間関係 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

ちょっと長いのですが、トピックのトップ文を全文コピペ。

幼稚園児(5歳)の息子のいる母親です。

私自身は全く霊的な事には興味無く実家や婚家が佛教系寺の檀家だったので最小限の儀礼的な法事、墓参りなどについては礼節の一つとして大切だとに認識しているものの基本的にはその手のものは大体において眉つばものもっと言えば「詐欺紛いか精神的疾患、思い込み」の為せる業だと今まで思っていました。(今でも信じている訳ではありません。)

ところが長男がどうやらそういったものが「見える」らしく最近とても怖がるようになってきました。

元々もっと小さな頃から非常な怖がりであり例えば夜中の虫の声や草むら、川べり、遊園地の人ごみ何もないただの道端でも、時には抱っこでなければ通れない泣いて嫌がる、といった面もありましたが一時的なもの成長とともに消えるだろうと楽観しておりましたところここに詳細は書けませんが、幼稚園のレクレーションで問題行動(他害や危険の伴うものではありませんでしたが)を起こしてしまい、連れて帰った後、理由を聞くと泣きながら「怖いモノが見る。今日はいっぱい寄ってきた」と

息子の話では、昔から見えていたけど言うと怒られると思い言えなかった。いろんなものが見える。怖いものもと怖くないものある。目が合うと寄ってくるので見えても知らんぷりをしていたけどこの頃は向こうから寄って来て意地悪をする、と言われて戸惑っています。

息子は怖がり以外はしっかりしていて、知的にも高い(客観的にそう言われます)方で、空想でこういった話をするタイプでなく、だからといってこのような話を信じるのも頭から否定する事も出来ず、正直いいますとある種の精神障害ではないかと心配ですが、このような事をうっかり誰かに相談もできず、どうしたものかと悩んでいます。

さて、タイトルにも書きましたが、あなた自身の子どもがこういう状態になったらどうします?そしてもし、あなたが勤務している相談機関にこんな子どもがIP(あ、もちろん“IP”アドレスのことなどではなく“Identified Patient”の略ですよ)として来談したらどうしますか?

私だったら…とりあえず「幼稚園のレクレーションで問題行動を起こしてしまい」とあることから、一時的にであっても適応が困難な状態にあると判断できるわけですよね。

で…まあまずは子どもの話を否定することなく、じっくり聴くことからですかね(このトピ主もその辺はある程度できているようではあります)。

それでも続くようなら、やはり専門機関へ行くことになりますか。近くによさげなところがあれば児童精神科で、それがなければ…どこでしょうね?発達相談?なんかそれも違う気がします。

「憑依体験」的なことは精神医学というか精神病理学の領域で扱われる内容でしょうけれども、小児の事例なんかもあるんでしょうか?ちょこっと文献検索してみたら…まあいくつかは出てきましたね。

宗教とかお祓い的なことは最終手段というか…恐らく、よほどのことがない限りは行かないような気がします。そういうのを利用したい人のことを否定はしませんが、少なくとも私自身は自分の子どもを連れていかないと思います…まあ実際のところは当事者になってみないとわからないだろうけど。

皆さんならどうしますか?

関連記事

DQ6-3DS

次女と一緒にDS版DQ6やってます

ゲーム業界的にはドラクエIXフィーバー的なことがすっかり落ち着いた感じかと思いますが、そんな

記事を読む

交響組曲『ドラゴンクエスト4』

自分の「派手なクラシック音楽好き」の原点はひょっとしたらドラクエのオーケストラ版なのかもしれない

最近、ひょんなことから次女とドラクエをやっているのです。DS版の。 つい先日、4をクリ

記事を読む

子どもクッキング

次女のために子ども向け料理本を買ってみた

最近、次女が料理に凝っておりまして。それ自体は良いことだと思うのです。 ただ、何と言い

記事を読む

ちはやふる 第1巻

今さら『ちはやふる』にハマってしまったワタクシなのです

別に例の実写映画化からの…ではないのです。 ・「ちはやふる」末次由紀先生が語る、実写化

記事を読む

東京ディズニーリゾート便利帖第3版

次女と2人でTDLに行くことになったのでちょこっと調べてたら『東京ディズニーリゾート便利帖』の改訂版が出ていた

近々、小3の次女とワタクシの2人で東京ディズニーランドに行くことになりました。 3月生

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック (2件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 脳機能障害で幽霊(と判断されるもの)がみえるという症状は確かにありますので…そっちを疑います…。

    原因はわかりませんが、大人が勝手に判断せずに、子供の言う事は絶対に信じようと思います。

  2. >ネピリムさん

    いつもコメントありがとうございます。

    確かに器質性の可能性を踏まえた上でのアセスメントがまずは必須ですよね。そして

    > 子供の言う事は絶対に信じよう

    まずはここからですよね。

    ヒステリー的な反応であったとしても、それはその子どもにとっては「事実」なわけですから。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑