『松木邦裕との対決』ってタイトルかっこいいよね

先日ツイッターでもつぶやいていたんですが、こちら、ようやくAmazonさんで予約開始です。

●稀有な分析家との交流から生まれる体験

こちらが出版社のページ。編者による「まえがき」が読めます。

松木邦裕との対決岩崎学術出版社

なかなか挑戦的なタイトルではありますが松木氏の「還暦記念論文集」だそうな。

さらに「まえがき」より引用。

私はこの書物の趣旨を考え、むしろ、松木先生との関係が薄いけれども、松木先生の考えに関心を持ち、なおかつ、松木先生と異なる考えを持っている臨床家に依頼することにしました。そのため、おそらく松木先生との縁がもっとも深い九州の精神分析臨床家がひとりも入っていないという事態になってしまいました。

読者へのプレゼントとして、還暦を迎えた松木先生の技法論の現在を表す論文を掲載しました。このようなパーソナルな企画に関心を寄せていただいた読者へのささやかな感謝の気持ちです。

なかなか面白そうじゃないですか?

ファンなら是非!というところでしょうかね。興味がある方はポチっとどぞー。

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑