Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

奈良県臨床心理士会のサイトから「緊急・国家資格化に向けて鳥取県から」の文章が削除されている件

公開日: : 資格問題

先日のエントリ、奈良県臨床心理士会のウェブサイトに掲載された「緊急・国家資格化に向けて鳥取県から」を読んでみた その1の続きを書こうと思い、今日、改めて奈良県臨床心理会のサイトにアクセスしてみたところ…

…あの文章が完全に消えておりました。

元のリンク先のURLはこちらなんですけど…

http://www.nsccp.jp/info-detail85.html

…はい。何もないですね。

とりあえず5/28現在、Googleのキャッシュは残っているので、実際にあの文章がアップされていたことは確かなのです。

お知らせ[緊急・国家資格化に向けて鳥取県から]|奈良県臨床心理士会(cashe)

キャッシュもいつアクセスできなくなるかわからないので、スクリーンショットでも撮っておきますかね。

nara_clinical_psycho001

しかし、何で削除されたんでしょ?弊ブログが原因でしょうか…まさかね。このブログにそんな影響力はないですし、そもそも何も後ろ暗いところがないのであれば削除する必要もないのでは?

前のエントリでは、鳥取県臨床心理士会からの文章が当該心理士会における「総意」ではなく「一個人の意見」である可能性を指摘しましたが、あるいはあの削除された文章が奈良県臨床心理士会における「個人の暴走」の結果だったりしたのでしょうか?

何の理由もなく一度アップされた文章が削除されるということ、つまり「なかったこと」にされるというのは、臨床心理士のサービスを利用される方々に対する信用を失いかねないことなのではないかとも思いますよ。自分達の意見を出したり引っ込めたり、さらに「なかったことにする」ような団体の言うことが信用できますか?

ついでに…続編の記事で扱おうと思ってたのがこちらの文章なんですが(こちらはまだ残ってるうちにスクリーンショット&HTMLファイル丸ごと保存済み)

お知らせ[心理士の国家資格化と日本臨床心理士会の動きについて]|奈良県臨床心理士会

これが「奈良県臨床心理士会の総意」なのであれば、あの文章も全く問題ないと思うんですけどね(内容はともかく公開しつづけることに関しては)。少なくとも前の文章が削除される意味がわかりません。

そんなわけで結論。

消すくらいなら最初からアップするべきではないし、削除するならば『なかったこと』にするのではなくその理由を明記するべきでは?

以上でございます。

せっかくキャッシュ&スクリーンショットは確保できましたので、引き続き当該文章(および「心理士の国家資格化と日本臨床心理士会の動きについて」)へのツッコミは入れていきたいと思います。そこから国家資格を作るにあたっての諸問題が明らかになってくる可能性もありますから。

皆様もご意見ありましたらコメント欄&Twitter等で遠慮なくどーぞ。

2012/05/28 | 資格問題

関連記事

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみて長くなりそうだったらまだ続く

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月19日だったので、約1ヶ月ぶり

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦 著『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』を読んでもいないのに批評してみる

最初にご注意。記事タイトルにもガッツリ書かせていただきましたが、ワタクシはこの本を読んでおり

記事を読む

スクールソーシャルワーク実践技術: 認定社会福祉士・認定精神保健福祉士のための実習・演習テキスト

「公認心理師と名称が似ているから国家資格成立後に臨床心理士は使えなくなる」論を唱えてた奴は前に出なさい

これまで何度かこのブログでも話したような気がするんですが、私の妻は社会福祉士の資格保持者であ

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (15件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 奈良県の記事の削除が問題なのではなくて、菊池さんや新潟県の質問が、すべての県士会の事務局に送られているのに、それを各県士会が会員に伝えることなく、隠ぺいしている事実を非難すべきではないか?ご自分が所属している県士会を信じるのは結構だが、問いあわせすらされずに、この批判文書を書いておられるとしたら、そちらの見識を疑う。奈良は少なくとも、すべての会員にこの記事をオープンにしていると聞く。どちらが公明正大なのか?考えられよ。

  2. 新潟県も、事務局から一会員にも配信されてきました。

    まほりんは心理師国家資格化自体が嫌なのではなくて(そりゃ、正直、試験勉強をまたするのかと思うとうんざりだけど、そこはなんとかがんばらなきゃね、です)、情報が十分提供されないまま、事態がどんどん進んでいくというのがなんとも気持ち悪いのです。乗り遅れてはならないと飛び乗った列車がいつのまにかまったく別の行き先に辿りついたらどうすりゃいいんだこの私、です。

    国家資格化の得失を含む情報公開を丁寧にきちんとしていただけると(まほりんはものわかりがわるいので、噛んで含めるように説明してもらわないとよくわからないのです)納得できるかもしれないのですが。

    つなでさんが書かれていた「0ではない、というのが現時点での公式見解」という文言にもなんとなく引っかかってしまいます。なんだか、どこぞやでくりかえし聞いた「直ちに影響はない」というセリフを連想してしまって。つなでさんには何の他意もないので不快に感じたらごめんなさい。あと、もし可能なら、公式でない見解も、そういうこともありうる話として教えていただけるとありがたいです。

  3. まほりんさんへ

    「1資格」推進のこの3年半の動きの中で、ずっと言われていることが、「メリット・デメリットを明らかに」「情報を伝えて」の2つですね。

    情報については、日本臨床心理士会雑誌や、ホームページに掲載されている電子版速報など、随時お伝えしていますが、「デメリット」に不安を持つ人たちは、それを「不十分」と言われます。あるいは、ちゃんと読んでおられない方々も多いです。不安というものがどういう性質を持つものかは、臨床心理士であれば、みなさんよくわかっておられる通りで、疑えばどんどん膨らむものかと思います。

    公式に発表されていること以上に、何か臨床心理士に決定的に不利益になることが隠されている事実を、少なくとも私は知りません。

    名称問題については、「心理師」を国家資格として、専門資格としての「臨床心理士」を名乗ることはほぼ問題がないだろうという線で詰めはこれからです。「心理師」を取りたくない人で、「臨床心理士」を名乗り続けたい人たちがそうできるようにという努力は、もちろん、現役員もしているわけです。

    不快というよりも、むしろ悲しいのは、われわれが、そういう努力をしていることに対して、身内から、もっと完璧に、もっと自分たちに有利にという声があがり続けることですね。われわれは、情報はすべて公開していますし、臨床心理士の不利になるような裏工作をしている事実は全くありません。われわれはただ、臨床心理の仕事を、国家資格という基盤のもとに、安定して社会に活用していただきたいと思っているだけですね。

    私は、現場の人間なので、指定大学院の先生方が、国家資格ができて、指定大学院がどうなるのかという不安をどの程度お持ちなのかは、本当には想像できてないかもしれませんが。私個人としては、現場のことが、大学や大学院のポリティックスに大きく影響されすぎることは良いとは思っていないです。

  4. まほりんさんへ

    yamada tarouさんが指摘しているように、所属している県士会の言っていることだけを信じるのはやめましょう。臨床家なら双方の意見を聞き、自分の頭で判断しましょう。
    以下、基礎的な情報URLをお知らせします。

    ○日本臨床心理士会 国家資格関連情報
     http://www.jsccp.jp/suggestion/license/

    ○日本心理臨床学会 資格関連情報(会員のみ)
     http://www.ajcp.info/qualification-info.htm

    日本心理臨床学会の国家資格問題Q&Aは作られてからもうすぐ2年になってしまいますが、まほりんさんの疑問のいくつかには答えてくれるのではないでしょうか?

    あとは、つなでさんも書かれていますが、日本臨床心理士会雑誌の資格法制化問題の諸情報を読みましょう(可能なら第1報から)。

    ちなみに、鳥取県では、菊池さんの意見は県士会のメーリングリストを通して流れてきますが、なぜか日本臨床心理士会が県士会に送っているはずの資格問題の諸情報・電子版速報は会員には流れてきません。なぜなんでしょうね。

  5. つなでさん

    つなでさんは、日本臨床心理士会で資格問題に関わっている方なのですね。そして、決定的に不利益になることは隠されていない、情報は全て公開しているとおっしゃる。では、一つだけ教えて下さい。

    院内集会で、精神病院協会の佐藤忠彦氏は何を話されたか、できる限り話された言葉の通りに。

    ここにきちんと書いて下されば、少なくともつなでさんのことは信じることはできます。書いていただけないと、ああやっぱり、とまほりんは思ってしまうかもしれません。

    「臨床心理士の不利になるような裏工作をしている事実は全くありません」と書かれているのはちょっとびっくりです。そんなこと全く考えたこともなかったので、変に勘ぐってしまいそうになりました。ほんと、びっくり。でも、きっとつなでさんのところには、そういう理不尽と思われる批判が来ることもあって、ご苦労されているのだろうなあと。

    現場のことが大学や大学院のポリティクスに大きく影響されるぎることはよくないという意見には、全く同感です。
    ところで、心理師資格設立に、そのようなポリティクスが持ち込まれていないと、本当にお考えでしょうか?

    一人旅さん

    もしかして、yamada tarouさんの文意を読み違えていませんか?文意を承知で、あえて言葉だけを切り取ったなら、それでもよいのですが、あまり適切な引用の仕方とはいえないと思いますよ。

    臨床家なら、双方の意見を聞き、自分の頭で判断しましょうというご意見には、全くその通りだと思います。
    「自分は自分の頭で考えるぞ-」って、なんだか昔ありましたよね。
    ちなみに、新潟県では、資格問題の諸情報・電子版速報はちゃんと全会員のところへとどいています。だから、まほりんも目を通していますよ。

  6. すみません訂正です。

    日本精神病院協会の→日本精神神経学会理事の、でした。

    では、つなでさん、ご教示、よろしくお願いしますね。

  7. >yamada tarouさん

    コメントありがとうございます。返信大変遅くなってしまい申し訳ありません。

    > 奈良県の記事の削除が問題なのではなくて、
    > 菊池さんや新潟県の質問が、すべての県士会の事務局に送られているのに、
    > それを各県士会が会員に伝えることなく、
    > 隠ぺいしている事実を非難すべきではないか?

    > ご自分が所属している県士会を信じるのは結構だが、
    > 問いあわせすらされずに、この批判文書を書いておられるとしたら、
    > そちらの見識を疑う。

    えーと…私は所属する県士会に何を問い合わせればいいんでしょうか?「こんな文章届いてませんか?」ってことですか?それに一体どんな意味があるのでしょうか?ついでに私は所属する県士会の何を「信じてる」んでしょうか?

    私の理解力ではちょっとわかりませんので、ご教授いただけると大変ありがたいです。

    それを踏まえた上でやはり「記事を削除したこと」は問題でしょう。本文の内容の繰り返しになりますが、何ら後ろ暗いところがないのであれば記事の削除などは必要ないはずです。削除したのに理由があるのであれば、その理由を明示すべきでしょうがそれがなされていないことはやはり問題だと思います。

  8. >一人旅さん

    コメントありがとうございます。

    基本的にご意見には同意しますし、URL貼っていただいたのは大変ありがたいのですが、一点だけ

    > 臨床家なら双方の意見を聞き自分の頭で判断しましょう。

    これ、臨床家のみにとって必要なことではないですし、そういう意味ではこの「臨床家なら」という言葉は不要かと思います。

    > 鳥取県では、菊池さんの意見は
    > 県士会のメーリングリストを通して流れてきますが、
    > なぜか日本臨床心理士会が県士会に送っているはずの資格問題の
    > 諸情報・電子版速報は会員には流れてきません。
    > なぜなんでしょうね。

    これが事実だとしたら、やはり奈良県臨床心理士会同様、会の「私物化」が一部で行われている可能性があるということですね。

  9. まほりんさんへ

    コメントいただいたので、少しずつ返信したいと思います。

    まず、

    > 心理師資格設立に、そのようなポリティクスが持ち込まれていないと、本当にお考えでしょうか?

    これについては、ロテ職人さんがすでに新しいエントリで触れてくださっていますが、もちろん、大学や大学院のカリキュラムや教員の配置を巡るポリティックスが、臨床心理職の国家資格化に影響しています。

    これに関係する私の考えは、私のブログ「臨床心理職能メモ」の2011年8月15日の記事
    http://piece-by-piece.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/index.html
    ここに述べていますので、参考にしていただければと思います。

    私は、このかん、三団体の「心理師(仮称)」資格について、心理師(仮称)の資格は、「臨床心理士が、基礎心理学の人たちや医学の人たちに追い出されるような資格になる」という噂が出回っているのを、しばしば耳にして来ました。

    日本臨床心理士会が、そのような資格の創設に加担しているという噂が駆け巡っているのです。これは、本当にたいへん悲しい噂だと思っています。

    先日の代議員会で野島副会長が言われたとおり、日本臨床心理士会は代議員会の決議に沿って動いています。

    この点、こちらのコメント欄に書ききれないので、自分のブログに記事を書くつもりです。書いたらまたお知らせします。

  10. まほりんさんへ その2

    3月27日の院内集会で、日本精神神経学会の佐藤忠彦先生が、精神科七者懇談会の国家資格問題委員会を代表して読み上げられた「見解」についてですが、3月27日の時点ではこれは、まだ「草稿」つまり下書きの状態のもので、文字にしないという約束で読み上げられたものです。文字にすると、どうしてもネット上を駆け巡り、余計な誤解を生じることにもなりかねないので、完成原稿ができるまで待ってくれという話です。

    この件については、4月29日に開催された日本臨床心理士会第2回資格法制化問題担当者会議の席上でも質問があり、資格PTの委員から口頭で説明がありました。

    日本臨床心理士会雑誌72号の16ページ右段の上のほうに、「院内集会における医療関係者の話は、これから話し合っていくテーブルにつくことが可能になったということでもあり、2資格1法案の時にはできていなかったことが進んだものととらえている。」と書いているのが、この件です。

    この「見解」は七者懇で正式に確定すれば文字にして公表される予定です。文字にしたものが手に入りしだい、こちらのコメント欄にも書かせていただきましょう。今月中には来ると聞いています。

    こう書くと、「きっと文字にしたものを持っているに違いない。隠してるデショ。」とお叱りの声が飛ぶかもしれませんが、私は本当に持っていません。それは、佐藤先生や七者懇の先生方との約束、組織と組織の信頼を賭けた約束だからです。

    確定次第、まほりんさんが読めるような手段をとらせていただくことも約束します。

  11. まほりんさん みなさん

    私のブログ「臨床心理職能メモ」に新しい記事を書きました。
    http://piece-by-piece.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/200352005720126.html

    河合先生は「臨床心理士を国家資格化」とはおっしゃっていなかったのです。

  12. 院内集会の件について、誠実にお答えいただき感謝いたします。
    佐藤忠彦先生が、「文字にしないという約束」で読み上げられたものがあったのですね。どんなものかとても気にかかります。けれども、組織と組織の約束というこですのでは、仕方ありません。
    正式に確定したら、ぜひ公表されたものそのもの(概略ではなく)をお知らせいただけるとありがたいです。

    国家資格心理師にポリティクスが持ち込まれていることについても、きちんと書いていただきました。
    つなでさんの「悲しい噂」の悲しいが、なぜかわからないのですが(ついでに失礼ながら、ここの段落と、次の段落の関連もわかりませんでした)、まほりんは心理師資格の設立により、指定大学院制度は影響を受け臨床のポストは大幅に減り、基礎系のポストがこれまでよりは少し増えることになる(大幅に増えることはないでしょう)可能性がとても高いと考えています。しかし、それはこれまでがある意味で臨床バブルだったことを考えると、やむを得ないことでもあるでしょう。

    臨床心理士制度は身の丈を超えすぎました。また、まほりんの感覚からすると社会の表舞台に上がりすぎました。それにより、得たものもあったでしょうが、失ったものも決してすくなくはなかったでしょう。大きくなった身の丈に合った装いも振る舞いも、それ以前に、身体の動かし方もまだ身についていないように思えるのです。けれど、まだ丈は伸び続けている。

    まほりんは、ごくごく恵まれてた一部の指定大学院(たとえば、ある大学院では、そこの院生は基礎学力が極めて高く、研究も当然できる上、なおかつ臨床訓練機関・instituteのような雰囲気の中で育成されています)を除き、大学や大学院で臨床心理職の養成を行うことにいささか懐疑的です。
    大学・大学院に、ある種の通過儀礼としての知的鍛錬を行う意味はあるとは認めますが、それ以上の意味があるといえるところが果たしていくつあることやら。心理師資格ができたとして、そのような状況が変わるとも思えません。
    問題は、卒業・修了後の教育研修にあるのでしょう。この辺、医師、看護師等の医療領域はしっかりしてますね。

    つなでさんには、心理師「運動」から、少し離れて、臨床についてのお話も伺いたいところです。それでは、また、そのうち。

    七者懇の発表そのままのもののUP、よろしくお願いしますね。

  13. 一つ前を書いたのは、まほりんです。
    寝ぼけていて、名前欄にタイトルを書いてしまいました。
    失礼しました。

  14. 鳥取県臨床心理士会のとりんどるです。
    (ようやく所属を明記する勇気が出ました)

    一人旅さんがおっしゃっている以下の事は、私も同じ認識です。電子版速報などは自分でみればいいのですが…。

    > 鳥取県では、菊池さんの意見は
    > 県士会のメーリングリストを通して流れてきますが、
    > なぜか日本臨床心理士会が県士会に送っているはずの資格問題の
    > 諸情報・電子版速報は会員には流れてきません。
    > なぜなんでしょうね。

    他県の臨床心理士から情報を聞いて、「あれれ、鳥取県は回ってこないな」と思っているうちに、鳥取県臨床心理士会から例の変な『質問』が出されていたというのが私の感覚です。総会や理事会を通った意見のようですが、総会に出られずに委任状を出しただけの私にはあの『質問』がどうやって出てきたのか全く分かりませんでした。知人の理事の一人が経緯をよく分かっていなかったので、菊池さんの個人プレーだと認識したという経緯です。

    結果は変わらなかったでしょうが、委任状を出したことをかなり後悔しています。

    県の臨床心理士会を私物化していること、情報統制していることについて、遠回しにでも会長や事務局に問い合わせる勇気はありません。
    私の仕事に影響する可能性、上司や同僚にも迷惑をかける可能性が高いと考えるからです。

    県外に知人が少ない会員や、インターネットをあまり活用していない会員が、菊池さんの意見を鵜呑みにしているのではないかと心配です。

    ロテ職人さん、つなでさん
    ブログを読んで、頭の整理ができています。
    ありがとうございます。

  15. ロテ職人さん
    >これ、臨床家のみにとって必要なことではないですし、そういう意味ではこの「臨床家なら」という言葉は不要かと思います。

    まほりんさん
    >あまり適切な引用の仕方とはいえないと思いますよ。

    お二人の意見ともそうだと思います。
    ネットの書きこみは、私の場合、必要以上に攻撃性が出やすいようです。反省です。

    とりんどるさん
    私も鳥取県臨床心理士会に所属していますが、問い合わせをすることにためらわなければいけないこと自体が、すでに変な状態なのだと思います。
    それぞれの会員が、できることをできる範囲でしていきましょう。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑