Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【感想を】宮脇稔編著 百田巧/山﨑勢津子著『精神科リハビリテーションの流儀』【書きますよ】

先日お送りいただきましたこちら。

多職種協働現場で働く精神保健医療福祉分野の医療者を対象に,現場で起こる様々なエピソードから紡ぎ出された医療現場のエッセンスを平易な文章で分かりやすく解説.施設のマニュアルやガイドラインからはこぼれ落ちるが,どこの現場でも起こり得る“ささやかだけれども,大事なエッセンス”が満載の一冊.

出版社の紹介ページはこちら。

精神科リハビリテーションの流儀文光堂

ようやく少し余裕ができたので簡単に感想を書きつつご紹介いたしますよ。

まずこちら、サブタイトルに「援助者必携 デイリーケアのエッセンス」とあります。一瞬「デイケア」と空目してしまいそうになりますが「デイリーケア」です。

「はじめに」では以下のような説明がなされています。

 副題となっている「デイリーケア」はいわゆる精神科デイケアのことではありません。
 「精神科デイリーケア」とは、

*  *  *  *  *

 精神科疾患によってさまざまな生きづらさを抱えた人たちが、比較的長い時間を共にするような場での、継続的かつ日常的なケアやサポート

*  *  *  *  *

を意味しています。

とのことです。つまりデイケアのみならず、様々な精神保健医療福祉分野で働く、様々な職種にとって役に立つ内容が書かれた本であると言えるでしょう。

多職種向けということで、心理職としての専門性を求める向きにとっては物足りないかもしれませんが、とにかく読みやすいです。取り上げられている具体的なケースというかエピソードは、こうした分野で働く者にとっては「あるあるネタ」であり、そうした意味でも読み物として面白いです。

面白いと同時に、なんというか(当事者・援助者ともに)困っている部分が生き生きと伝わってきますし、それだけにこの本が役に立つ機会というのは結構多いのではないかと思います。

同じく「はじめに」にはこう書かれております。

 地域に暮らす方々のデイリーケアやサポートする多職種恊働現場現場にも、それ特有の大変さがあり、専門性があります。その分、やりがいや面白みもあります。それは皆さんが感じていらっしゃる通りだと思います。ですが、その手のことを語る書物は圧倒的に少ないのが現状です。運営マニュアル的なものはあっても、そこでの専門性や面白みについて書かれたものは(狭義の治療や援助に比べて)少ないといえます。

確かに類書は少ないですよね。特にそれぞれの職種の専門性に特化した内容の本であれば、探せばそれなりにありそうですが、私が知る範囲ではこうした本はなかったように思います。

そんなこんなでサブタイトルに「必携」とあるように、精神科領域で働く多くの専門家にとって役立つ一冊なのではないでしょうか。少なくとも価格分の元はとれる(とか言っちゃいけないのかもしれませんが)んじゃないかと思いますですよ。

興味のある方は是非ともポチっとどうぞ。

・・・・・・・・・・・・

最後にこれは今回ご紹介した本の内容からは離れるのですが…編著者の宮脇氏、そして著者の一人である百田氏はいずれも心理職です。巻末のプロフィールの職種はいずれも「心理師」と書かれています。

宮脇氏は全国保健・医療・福祉心理職能協会(全心協)会長であり、心理職の国家資格化の問題を協議する団体の一つ、医療心理師国家資格制度推進協議会の副会長でもあります。ご自分のご著書の中で、今、敢えて職種を「心理職」や「臨床心理士」ではなく「心理師」とされたのには様々な思い入れがあったのではないかと愚察いたします。

実は私は個人的に現在の心理師(仮)の資格に対して手放しで賛成の立場ではありません。ただ、今後も国家資格化の問題について様々な困難があるかと思いますが、一日でも早い、そして少しでもよりユーザーの役に立つような形で国家資格化がなされますよう、宮脇氏の活躍を陰ながら応援させていただきたいと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします。

…って完全な私信ですね。失礼いたしました>皆様

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (2件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 初めまして。
    著者の一人、山崎です。

    この度は拙著の紹介と感想をUPしていただきありがとうございます。

    私たちの苦心したところを読み取っていただき、とても嬉しく思います。
    読み物としての面白さ、というのは私たちが狙った部分でもあります。読む方に「ある、ある!」と感じていただけるといいなと思いながら書いたので。

    いただいた感想をうちの公式ブログでご紹介させていただきました(公式ブログのリンクをこのコメントにも貼らせていただきます)。

    この度はありがとうございました。
    今後ともよろしくお願いいたします。

  2. コメントありがとうございます。こちらこそご恵送いただきありがとうございました。興味深く拝読させていただきました。

    また、公式ブログでご紹介いただいたとのこと、重ねてお礼申し上げます。

    臨床の息づかいが聞こえる本というのはなかなかないので、また機会がありましたらこうした書籍を世に出していただけたらと一読者として勝手に期待しております。

    今後ともよろしくお願いいたします。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑