Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

心理臨床学会の学会誌バックナンバーにまつわる色々とか

日本心理臨床学会の会員の皆様におかれましては、既にお手元に『心理臨床学研究 論文執筆ガイド』なる冊子が届いていることと思います。そちらの中身に関してのツッコミはとりあえず置いておきまして、今回取り上げたいのは同封されていた「学会誌バックナンバー在庫処理に関わる特別措置のご案内」についてでございます。

学会のサイトの方にも「事務局からのお知らせ」ということでそちらが送付されたことは書いてあるんですけどね。

日本心理臨床学会【公式ページ】

心理臨床学研究論文執筆ガイドと、学会誌バックナンバーに関するご案内を、会員の皆様に2012年6月末に発送しました。(2012.7.2)

肝心の内容は書かれていないので簡単に要約いたしますと…

・学会誌『心理臨床学研究』のバックナンバーの在庫が結構多くて保管等で色々大変
・東日本大震災他、災害での被災でなくしてしまった人には無料で配布するよ
・それ以外でバックナンバーの入手を希望する人には送料実費にて配布するよ

ってなことでした。

2012年12月までの期間限定とは言え、被災した研究者への無料配布という措置は非常にいいことだと思います。送料実費での配布もまあいいでしょう。会員全てが大学図書館などでバックナンバーにアクセスしやすい環境にいるわけではないですから。

私が引っかかったのはその次に書かれていた内容です。本文そのまま引用します。

◆本特別措置は、在庫がなくなり次第終了となりますが、オンデマンド方式(在庫を持たずに必要な時に必要な部数のみを印刷・製本する)での対応が可能となりました。
 オンデマンド方式にて作成のバックナンバーを希望される場合は、全ての巻・号の入手が可能となります。
 希望される場合は、別紙の在庫表に関わりなくその旨お申込ください。
 ただし、オンデマンド版は1部1,500円(送料含む)の有料(災害等の被災の方の場合は、本特別措置期間に限り無料にて対応)となりますので、その旨予めご了承ください。

えーと、オンデマンド方式でのバックナンバーの作成ができるということは、つまり電子版での配布も可能であるということでは?

ちゃんと製本されてた方がいいって人もいるかもしれませんが、個人的には必要な文献だけ手元にあればいいのですが…。ネットで配布できれば送料等のコストもカットできるわけですし、万々歳のように思えるのはワタクシだけでしょうか?

確かに学会誌としての性格上、会員以外が閲覧できてしまうのはマズいのかもしれませんが、だったらその辺はしっかり会員限定のID&パスワード等を発行するなりして対応可能なのではないかと思います。

今回、有料でのオンデマンド版の配布が決定したことで、ネット上で無料で閲覧できる可能性が小さくなったようにも思われます。色々難しいことはあるのかもしれませんが、偉い先生方にはその辺をご検討いただけたらと思う次第であります。

…ってどこの誰に言えばいいんだろ?

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑