心理臨床学会の学会誌バックナンバーにまつわる色々とか

日本心理臨床学会の会員の皆様におかれましては、既にお手元に『心理臨床学研究 論文執筆ガイド』なる冊子が届いていることと思います。そちらの中身に関してのツッコミはとりあえず置いておきまして、今回取り上げたいのは同封されていた「学会誌バックナンバー在庫処理に関わる特別措置のご案内」についてでございます。

学会のサイトの方にも「事務局からのお知らせ」ということでそちらが送付されたことは書いてあるんですけどね。

日本心理臨床学会【公式ページ】

心理臨床学研究論文執筆ガイドと、学会誌バックナンバーに関するご案内を、会員の皆様に2012年6月末に発送しました。(2012.7.2)

肝心の内容は書かれていないので簡単に要約いたしますと…

・学会誌『心理臨床学研究』のバックナンバーの在庫が結構多くて保管等で色々大変
・東日本大震災他、災害での被災でなくしてしまった人には無料で配布するよ
・それ以外でバックナンバーの入手を希望する人には送料実費にて配布するよ

ってなことでした。

2012年12月までの期間限定とは言え、被災した研究者への無料配布という措置は非常にいいことだと思います。送料実費での配布もまあいいでしょう。会員全てが大学図書館などでバックナンバーにアクセスしやすい環境にいるわけではないですから。

私が引っかかったのはその次に書かれていた内容です。本文そのまま引用します。

◆本特別措置は、在庫がなくなり次第終了となりますが、オンデマンド方式(在庫を持たずに必要な時に必要な部数のみを印刷・製本する)での対応が可能となりました。
 オンデマンド方式にて作成のバックナンバーを希望される場合は、全ての巻・号の入手が可能となります。
 希望される場合は、別紙の在庫表に関わりなくその旨お申込ください。
 ただし、オンデマンド版は1部1,500円(送料含む)の有料(災害等の被災の方の場合は、本特別措置期間に限り無料にて対応)となりますので、その旨予めご了承ください。

えーと、オンデマンド方式でのバックナンバーの作成ができるということは、つまり電子版での配布も可能であるということでは?

ちゃんと製本されてた方がいいって人もいるかもしれませんが、個人的には必要な文献だけ手元にあればいいのですが…。ネットで配布できれば送料等のコストもカットできるわけですし、万々歳のように思えるのはワタクシだけでしょうか?

確かに学会誌としての性格上、会員以外が閲覧できてしまうのはマズいのかもしれませんが、だったらその辺はしっかり会員限定のID&パスワード等を発行するなりして対応可能なのではないかと思います。

今回、有料でのオンデマンド版の配布が決定したことで、ネット上で無料で閲覧できる可能性が小さくなったようにも思われます。色々難しいことはあるのかもしれませんが、偉い先生方にはその辺をご検討いただけたらと思う次第であります。

…ってどこの誰に言えばいいんだろ?

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑