【ご恵送】津川律子編著『投映法研究の基礎講座』【ありがとうございます】

ちょうど「これは欲しい!」と思っていた本をお送りいただいてしまいました!

臨床に生きる──だからこそできる研究がある

投映法研究の質をあげるためのノウハウと,代表的検査法であるロールシャッハ,描画法,TAT,P-Fスタディ,SCTの各研究の歴史・現状・知見を網羅した一冊。

この本は,投映法研究の質をあげるために編まれた「座右の書」です。研究計画の立て方や統計処理のコツ,代表的投映法検査であるロールシャッハ,描画法,TAT,P-Fスタディ,SCTの各研究のの歴史・現状・知見をまとめており,計画から執筆までのよきガイドとなるよう企画されました。すべての章がわが国を代表する研究者によって書かれ,多くの心理学を学ぶ学生,研鑽を積む臨床家にとって必読のものになりました。

これはすごいです!…と興奮しているのはワタクシだけかもしれませんが、まあ研究テーマにドンピシャなところが来ちゃったわけですから、テンションが上がってしまうことについてはお許しくださいませ。

出版社の紹介ページはこちら。

投映法研究の基礎講座遠見書房

帯の裏表紙側もなかなかイカしたことが書いてありますよ。

画像だと読めない可能性がありますので引用。

臨床のための研究がなされるために

研究計画をたてるコツはあるのか?
論文が通らないのはなぜか?
臨床知見を学術論文にまとめるためには、どうしたらいいのだろう?
投映法などの数量化しにくいデータを統計的検定に載せるためにはどうしたらいいのか?
投映法の先行研究や現在の研究動向はどうなっているのか?

これは投映法(投影法)研究を行いたい、あるいは行っている学生、さらには臨床家・研究者の皆様にはマストな一冊なのではないかと思いますよ!

興味のある方はポチっとどーぞ。

そして私もゆっくり読んだ後に感想をアップさせていただきたいと思います。

お送りくださった遠見書房の山内さん、そして編著者の津川先生、どうもありがとうございました。

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック (1件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. ロテ職人さんの感想を楽しみにしております^^


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑