Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

カウンセリングの効果研究本。そして臨床家として必要なもの

12/09/15のエントリ、【日心臨2012】新幹線間に合った #ajcp2012にて山本山さんからこんなコメントをいただきました。

山本山 12-09-27 (木) 18:08

こんにちは、はじめまして。私はカウンセリングの道に進むべきか迷うものです。臨床心理特にカウンセリングの効果の有無について書いた本はありませんか?blog主自身は効果についてどうお考えですか?

また臨床家として、必要なものはなんでしょうか?

質問が多くてすいません。

見やすいように改行は改変させていただきました。そして何でこのエントリでこのコメント?という気もしますが、多分一番新しいエントリだったからなのだと思います。

さて、とりあえず「カウンセリングの効果の有無について書いた本」について。ちょっと前にも取り上げましたが、この本なんかどうでしょ?

カウンセリングやサイコセラピーを効果的にする要因とは?
クライアントにとって真に役立つ臨床実践を求め,特定の学派に偏ることなくエビデンスを踏まえて探究する。
PCAから精神分析やCBTなど広範にわたる分野を扱い,臨床心理士やカウンセラーをはじめ対人援助職に広く役立つ好著。


これはまさにドンピシャじゃないでしょうか。

ちなみに以前取り上げた時のエントリはこちら。

【これは】クーパー, M. 著 清水幹夫・末武康弘 監訳『エビデンスにもとづくカウンセリング効果の研究』【読みたい】(12/02/15)

…すんません。未だに読めてません。おこづかいが…足りないのです…。

自分が読んでないのにこんなことを言うのも何ですが、多くの皆さんに是非読んでいただきたい本だと思うわけなのです。

で、もう一つの質問ですよね。「臨床家として必要なもの」について。

これはもう「臨床家としての能力」に尽きるんじゃないでしょうか。細かく言えば「面接能力」だったり「アセスメント能力」だったり、個人的には「研究能力」も加えておきたいところですが。

もしかしたらこの中に「人生経験」とか「優しさ」的なことを付け加えたい人がいるかもしれません。でもワタクシはその辺りの要素というのは、上記の能力に影響を与える場合はあるかもしれませんが、必須ではないと思うのですよね。場合によってはそれらが能力の足を引っ張る可能性もあるかもです。

そして「研究能力」についてですが、臨床家は将来的には自分が得たもの(「面接能力」とか「アセスメント能力」とか)を他者へと伝える必要があると思うのです。それをしないと「その人だけのもの」で終わってしまうわけですから。当然、それらは「技術」ですので名人芸的な要素もありますが、それでも他者に伝えることが可能な部分は多いはずです。そういう伝える作業をしていく際に「研究能力」は必須なんじゃないでしょうか。

…とまあ、この辺りが現時点でのワタクシの考えです。「現時点」と言いましたが、少なくともここ数年はこうした考え方は変わっていないはずです。こんな感じでいかがでしょうか?

もしまた何かありましたらコメント欄等にて遠慮なくどうぞ。山本山さん以外の方でも。

時間があったら対応いたします。色々忙しい時期もあったりするので、対応できなかったときはごめんなさいってことでよろしくお願い申し上げます。

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑