Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

『ドラえもん ふしぎのサイエンス3 ソーラー発電 ぐるぐるタイムマシーン』を買った

公開日: : 子育て, 趣味 , ,

新しいの出てたんで長女用に購入。

ふろくはソーラーパネルで動くタイムマシン

話題の科学ふろく第3弾は、「ソーラー発電ぐるぐるタイムマシン」。太陽の光を受けると発電して、タイムマシンがグルグル回る、癒し系アイテムです。タイムマシンに乗っているドラえもんとのび太は、約2~3cmの小ささですが、フィギュアとしての出来にも自信あります!
特集テーマは「太陽のひみつ」。日本が世界に誇る太陽観測衛星「ひので」からの最新データなどを元にして、太陽の基本ネタから知られざる側面にも迫ります。第2特集は「インフルエンザに負けない!」。秋になってそろそろ心配されるインフルエンザのメカニズムを知って、予防に役立ててください。第3特集は「時間のふしぎ」。1日はなぜ24時間なのか、1週間はなぜ7日なのか。子どもたちがよく感じる疑問のひとつですが、そこには科学的な理由があるのです。
そのほか、「科学の偉人の名言」「ひみつ道具のたまご」など連載記事も好調です。

【編集担当からのおすすめ情報】
この第3号の特集が「太陽のひみつ」。次の第4号の特集は「宇宙の果てはどうなっているか」で、2号連続の宇宙ネタです。どちらも、定番のネタからもちろん抑えつつも、最新データを元にわかりやすく解説します。ぜひ合わせて読んで宇宙への理解を深めていただければと思います。

こちらは公式サイト。


ドラえもん ふしぎのサイエンス 全10巻|小学館

毎号買っておりますが、おまけに関してはホントにハズレがないです。

前回の「風力発電 LEDライト」はちょっと子どもだけで作るのは難しかったんですけどね。今回は我が娘1人で完成させました。ただ一つ、今回のふろくに関して難点を述べるならば、「なんでこの季節に太陽光発電?」ってことでしょうか。

夏の日差しの強い時期だったらタイムマシーンもぐるんぐるん回ったかもしれません。んでも、少なくとも昨日の秋の日差しの下では微動だにしませんでした。白熱灯に近づけてようやくゆーっくり回ったくらいで。動作テストもままならないというのはちょっと残念です。それ以外の不満はないです。

特集はふろくと連動した「太陽のひみつ」、そして季節ネタである「インフルエンザに負けない」の2つです。

科学への興味をお持ちのお子様であれば間違いなくオススメできます。そして、そうでないお子様には科学に対する興味を持つきっかけになるかもしれません。ふろくを一緒に作れば、親子のコミュニケーションにもなりますよ。

既刊も合わせて、興味がある方はポチっとどうぞ。

関連記事

交響組曲『ドラゴンクエスト4』

自分の「派手なクラシック音楽好き」の原点はひょっとしたらドラクエのオーケストラ版なのかもしれない

最近、ひょんなことから次女とドラクエをやっているのです。DS版の。 つい先日、4をクリ

記事を読む

子どもクッキング

次女のために子ども向け料理本を買ってみた

最近、次女が料理に凝っておりまして。それ自体は良いことだと思うのです。 ただ、何と言い

記事を読む

ちはやふる 第1巻

今さら『ちはやふる』にハマってしまったワタクシなのです

別に例の実写映画化からの…ではないのです。 ・「ちはやふる」末次由紀先生が語る、実写化

記事を読む

東京ディズニーリゾート便利帖第3版

次女と2人でTDLに行くことになったのでちょこっと調べてたら『東京ディズニーリゾート便利帖』の改訂版が出ていた

近々、小3の次女とワタクシの2人で東京ディズニーランドに行くことになりました。 3月生

記事を読む

少年少女 日本の歴史

学習漫画 日本の歴史 小学館か集英社かどちらを買うか迷ってる

我が家の娘も早いものでもう小6ですよ。 6年生になると社会の授業には歴史が含まれてくる

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑