Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

「今さら?」なのか「今だから?」なのか…な感じの反精神医学本

先日、書店で見つけたこちら。

ゆかいなそうなマンガが書かれた表紙と、この大きく書かれたタイトル(副題はとりあえず目に入らなかった)。それらに惹かれて手にとってみて…やられたと思った次第。

なぜ、精神科は心の病を治せないの?
なぜ、精神科はすぐにクスリを勧めるの?
なぜ、発達障害が最近、流行っているの?
精神医学のカラクリを暴露し、その理由を解明する――医師生命を懸けた書き下ろし!

「マンガといっても侮られては困ります。マンガが描かれる背景に関しては、文章で説明を加えており、『精神科は今日も、やりたい放題』では書くことのできなかった内容がいくつも含まれています。つまり『精神科は今日も、やりたい放題』は告発本として精神医療の現場に即した形で書いていますが、その闇はあまりに深く、その背景にあるものや業界裏話のさらに裏側までは書ききれていないのです。その点でこの本はマンガという形態でわかりやすくお伝えするよう努力していますが、精神医学とはどこまで根が深く悪行を働いているのか、をあらためて徹底的に追及した本であるといえます」(「はじめに」より)

はい。そういう本です。

出版社のページはこちら。

三五館

…ですが、まだ新刊案内のコーナーに本書の情報はアップされておりません。

よく見ると、著者はTwitterやFacebook(後者は見てませんが)で活躍中のこの方ですね。

東洋医 (touyoui)

精神薬の薬害を考える会 幹事(HN東洋医) 著書「精神疾患・発達障害にきく漢方薬」「日本の薬漬けを斬る」「精神科は今日も、やりたい放題」など。精神医学の闇、医療の闇をつぶやきます。 精神医学/精神薬/副作用/依存症/禁断症状/栄養学/薬害/東洋医学/診断のウソ/医療の闇

ブログもあるらしい。

東洋医の素人的処方箋

とりあえずちらりと見ただけなので反論らしい反論は書きませんが、色々主張されているその根拠が見当たらないのは何故?と思いました(ええ、私が見落としているだけだと思います)。

最初は「今さら反精神医学?」と思いました。書かれているのはまあ、色んなところで散々言われていることですし、それに対しての反論も散々されているはずです。

で、次は「今だから反精神医学なのか?」とも思いました。発達障害がらみのことも色々書かれておりますし(その辺はちょっと熟読したい感じではあります)。

最終的に思ったのは「いつの時代も反精神医学を求めている人がいて、そういう人がいる限りこういう本も出続けるのだろうなあ」ということでした。

個人的には買う必要がない本だと思います。でも、こういう本を求めてる人もまたいるんだろうなあというのはわかります。それで何らかの利益が得られるのであればいいのですが、当事者の立場の人が不利益を被ることはないのかなあと心配だったりもします。

繰り返しますが、私個人としては全く買う必要のない本です。理由はAmazonさんのレビューを見ていただければわかる人にはすぐわかるかと。

恐いもの見たさで読んでみるのは…やっぱりお勧めしないっす。そんな時間とお金があったら、まだこちらを買った方が幸せになれるはず。

そんなこんなで以上、本日の「トラップにやられた!」でございました。…もっと反精神医学とわかりやすいタイトルをつけてくれよ…ああ、あれか、やっぱトラップなのか…。

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑