Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

『心理職の国家資格の展望と課題』@日本発達心理学会第24回大会公開シンポジウムの件などなど

ここ最近、国家資格化がらみでまた色々と動きがあるようでして。

まずは13/01/29のエントリ、「日本心理研修センター(仮称)」って?で取り上げた日本心理研修センターのサイトが早々と立ち上がっておりました。


日本心理研修センター

個人的にはあのサイト、どこの誰が管理しているのか大変気になるところなのですが、連絡先を見ると…

「東京都文京区湯島3-20-7-907」…ってどこかで見たことあるような住所なんですけど…なんでしたっけ?

ともあれ、既にしっかりと事務局も動いているのだということですな。

そしてそして、去る3月15日。明治学院大学で開催された日本発達心理学会第24回大会にて『心理職の国家資格の展望と課題』という公開シンポジウムが行われました。

Twitter等でもいくつか関連情報が出ておりましたが、とりあえずこちらはそれなりにまとまっているかと思います。

心理職の国家資格の展望と課題in発達心理学会大会公開シンポジウム – Togetter

さらに公式の記録として、日本心理研修センターのサイトに報告PDFがアップされておりますよ。

シンポジウム「心理職の国家資格の展望と課題」報告PDFファイル公開のお知らせ | ニュース | 日本心理研修センター

内容としては、今まで公開されてきた情報から大きくズレることはない…ということはつまり、目新しい情報はなかったというわけなんですけどね。

さらに非公式ではありますがこんな情報も。

正直、これまでの経緯を考えると「年内には法律自体は何とかなりそうな感じ」というのは結構怪しいです。そういう文言は何度も見たり聞いたりしましたが、少なくとも一部団体?の中で内輪もめが続いているうちは難しいと思うのですよね。

さらに河村氏のご息女の件ですが、別に娘さんが言ったところでどうなるってものでもないと思います。というか、普通に欧米でまともな資格を取った人であれば、現状で臨床心理士の資格は持っていなくとも「通用」はするんじゃないでしょうか。資格云々よりも能力さえあれば今のところは何とかなっていると思います。

いずれにせよ、過度な期待はえてして裏切られがちなものですから、そんなに期待せずにまずは動向を注視したいと思う次第であります。

ということで、また何か情報ありましたら、タレコミよろしくお願いいたします>皆様

関連記事

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみて長くなりそうだったらまだ続く

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月19日だったので、約1ヶ月ぶり

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦 著『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』を読んでもいないのに批評してみる

最初にご注意。記事タイトルにもガッツリ書かせていただきましたが、ワタクシはこの本を読んでおり

記事を読む

スクールソーシャルワーク実践技術: 認定社会福祉士・認定精神保健福祉士のための実習・演習テキスト

「公認心理師と名称が似ているから国家資格成立後に臨床心理士は使えなくなる」論を唱えてた奴は前に出なさい

これまで何度かこのブログでも話したような気がするんですが、私の妻は社会福祉士の資格保持者であ

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (1件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 以前にまほりんさんから宿題をいただいていた、七者懇の見解が公表されまいた。以前のエントリにコメントが書き込めませんでしたので、こちらに貼り付けます。

    以下、七者懇の見解。
    平成25年2月21日 
    心理職の国家資格化に関する見解
                  精神科七者懇談会総会
     精神科七者懇談会は心理職の国家資格化は必要であるという共通認識の下に「心理職の国家資格化問題委員会」(以下、委員会)を設置し活動しております。心理3団体(三団体名略)が提出した「要望書『心理師(仮称)』の国家資格制度を創設して下さい」(平成23年10月2日付け)について、委員会が纏めた見解を承認し、本総会の見解として発表いたします。

    1.医療分野における医師との関係については、心理相談等の多くは医行為に含まれるので医師の指示を受けることとする。
    2.チーム医療での協議をはかり、多様化する医療ニーズに対応するため、関係者・関係諸機関との協議検討を行う必要がある。
    3.心理的行為は医行為と峻別できない部分が多く、また名称独占の業務となっているので、医療機関としての開業権は認めることは出来ない。
    4.教育・産業等の分野における医療との関係については、精神・身体疾患の有無の判断と責任のあり方について明確にする必要がある。すなわち相談者が現に疾病に罹患して主治医が存在する場合には連携・協働して当たることが必要である。他の医療職種についても連携のあり方を協議する必要がある。
    5.教育研修体制については、学部教育において心理学、医療関連科目に関して、適切なカリキュラムが実施される必要がある。また、卒前卒後、国家資格取得後の研修体制を整備する必要がある。
    6.「心理師」の表記については「師」ではなく、「士」が必要である。
    以上


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑