Jerome Groopman・Pamela Hartzband著『決められない患者たち』

公開日: : 心理・精神医学本 , ,

今日、書店で見つけてちょっと気になった本がこちら。

医療上の決断を迫られたとき、患者の心はどう動く?
悩む患者。主義を貫く患者。いつまでも決められない患者。医療上の決断に際して、患者は何を考えているのか? 心理学、統計学などの研究を紹介しながら、患者の内面を分析していく。ハーバード大学医学部教授による患者と医師に密着したルポルタージュ。

出版社の紹介ページでは目次と序文が読めますよ。

決められない患者たち医学書院

ちゃんと中身を読んでおらず、当たり障りのないことしか言えないのでちょこっとだけ。

実際のところ、医療現場では様々な場面において「患者による決定」が求められます。そして自分自身の身体の(あるいは精神の)問題であるからこそ、なかなか決定できないということもわかりますし、「決定できないことの意味」とか「決定に至る過程」みたいなものには非常に興味があります。

ただ、気になることが一点。これ、訳本なんですよね。

欧米文化圏では「自ら決定すること」が非常に大きな意味を持つらしいです。学部から大学院時代、そして現在も心理療法がらみの英書を読んだりすることがあるんですが、その中で結構“decision”に関することが言及されてた気がします。

その辺は権利意識とか色々絡まってるような気もしますが、詳しいところはわかりません。

他方、我が国においてはどうでしょうか?

欧米の「患者」と比較すると、「決められない患者」は遥かに多いのではないでしょうか?

…と考えると、果たしてこの本に書かれていることが、どこまで日本の「患者」に適用されるのか非常に気になるのです。

…いや「そんな言うならお前が読んで確かめてみろよ」とか言われちゃうと困ってしまうわけなんですが。ただ時間が出来たら(いつの話?)読んでみたい一冊ではあるなということで備忘録的に。

このブログを読んでらっしゃる方で、興味のある方がいらっしゃいましたら是非ともポチっとどぞー。

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑