功刀浩編著『研修医・コメディカルのための精神疾患の薬物療法講義』

最近、なかなか書店へ行く機会がなかったのですが、先日久しぶりに寄ってみたところ、心理学・精神医学系の書籍で結構気になるのがいくつか出ておりました。

その一つがこちら。

薬を知るならこの一冊!

抗精神病薬,抗うつ薬,気分安定薬,抗不安薬,睡眠薬,中枢刺激薬,ノルアドレナリン再取り込み阻害薬,抗てんかん薬,漢方薬まで,精神科における必須薬物の知識と正しい使用法を名精神科医がやさしくレクチャーする講義形式ガイドブック。精神科薬物をはじめて学ぶ研修医とコメディカルにもわかりやすい,精神科医療従事者必携の精神科治療薬パーフェクトガイド!

出版社の紹介ページはこちら。目次や「はじめに」が読めますよ。

研修医・コメディカルのための精神疾患の薬物療法講義金剛出版

そして編著者の功刀 浩(くぬぎ ひろし)氏の紹介ページはこちら。

疾病3部-スタッフ紹介-功刀国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 疾病研究三部

おお!どこかで聞いた名前だと思ったら(…って考えてみたら大変失礼な発言ですね。ごめんなさい)、心理教育なんかで役に立つこちらの本を訳をされていたのですね。

あと、最近ではこちらですかね。

今回ご紹介する『研修医・コメディカルのための〜』もそうですが、その分野の専門家以外にも理解しやすい専門的入門書が多数!という感じでしょうか。

研修医・コメディカルのための〜』は紹介文にもあるように、まさに「講義形式」で精神科薬物に対する必須知識がわかりやすく説明されております…とは言っても、あくまでも「研修医・コメディカルのための」入門書であり、当事者向けの一般書というにはちょっと難しいかもです。

最新の薬に関する知見や漢方薬についても触れられているのがいいですね。

そんなわけで大学院生を含む、これから現場に出て行くサイコロジストにもお薦めしたい一冊です。興味がある方は是非ともポチっとどぞー。

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑