Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

今、『アイカツ』が熱い!

アイカツ

知ってる人には「いまさら?」と、そして知らない人には「なんだそりゃ?」と言われそうな感じではありますが、問題ナッシン!

少なくとも我が家の娘(特に小1次女)の間で『アイカツ!』が熱いのです。

え?アイカツ知らない?そりゃ困ったもんだ。

『アイカツ!』とは…

アイカツ!とは、バンダイが展開するトレーディングカードを用いた女児向けアーケードゲーム。「アイカツ」とは「アイドル活動」の略である。

ゲームの稼働と同時期に、これを原作としたテレビアニメも放映された。

他にもニンテンドー3DSのゲームが発売されたり、複数の雑誌で漫画版が掲載されるなどマルチメディアで展開した。

アイカツ!とは (アイカツとは) [単語記事] – ニコニコ大百科より)

ゲーセンというかスーパー等に主に設置されているカードを用いたビデオゲーム、そしてアニメを中心としたメディアミックス作品ですよ。


アイカツのアニメに関しては…ブログだけ見ても、色んなところで絶賛の嵐なわけですが、ワタクシ的にはこの人の意見が結構ビビッとキました。

「アイカツ!」1話見てスペシャルアピールされた24時間残念営業

 開始2分。

 俺の感想を端的にいうとこうなります。

 なんだこれ。

 Aパート全部見ました。

 確信しました。

 これたぶん、地球の話じゃない。

こんな感じです。

毎回、なんだかんだでライブ場面があり(アイドルですから)、それがゲーム画面そのまんまの3DCG画像で、なんかクオリティがアレな感じなんですが最近はもう慣れてきました。そんなに真剣に見てないけど。

でも最近、あくまでも横目で見てるくらいの感じの視聴スタイルのワタクシも、ちょっとストーリーが気になったりしてます。次女のよくわからない解説をたまに聞くんですが、なかなか熱いストーリーが展開されているようで、一話目から見直してみようかなんてことも思ったりします。でもそれをしてしまうと、さすがに妻からドン引きされそうなので自粛です。

ゲームのシステムはまあ普通に簡単めのリズムゲーなわけですが、プレイ毎にカードが排出され、アクセサリ・トップス・ボトムス・シューズ、各カードを組合せることで高得点が狙えると。

さらに、それらのカードとは別に関連グッズを購入した時についてくるICカード(学生証という名称の)があり、それをプレイ時に使用することで、それまで得た得点が累積されていくのです。「ファン数」として。で、経験値が上がるとアイドルとしてのランクが上がる…という仕組みになっております。

さらにオフィシャルサイトでこのICカードに書かれているIDを登録することで、これまでの戦績をPCから閲覧できる他、「毎ルーム」というコンテンツでは自分が使っているキャラクター(ICカード=学生証を持っていればオリジナルキャラが作れます)の部屋をコーディネートできたりします。

データカードダス アイカツ!

データカードダス プリキュアオールスターズで培われた技術をさらに発展させ、幼女から大きなお友達まで、ライトな人はライトなりに、ディープにやろうと思えばどこまでもディープに、多様なスタイルでの楽しみ方が可能になっております。

そんなこんなで、この間、娘にお土産としてカードでも買って行こうと思い(プレイせずにカード購入するだけも可能です)、職場からの帰り道沿いにあるゲーセンに22時過ぎに立ち寄ったところ、20代前半と思われる男子2名がアイカツ筐体の前に陣取って動こうとしなかったため、購入できなかったワタクシなのでした…

…今日も行ってみようかな…。

関連記事

交響組曲『ドラゴンクエスト4』

自分の「派手なクラシック音楽好き」の原点はひょっとしたらドラクエのオーケストラ版なのかもしれない

最近、ひょんなことから次女とドラクエをやっているのです。DS版の。 つい先日、4をクリ

記事を読む

子どもクッキング

次女のために子ども向け料理本を買ってみた

最近、次女が料理に凝っておりまして。それ自体は良いことだと思うのです。 ただ、何と言い

記事を読む

ちはやふる 第1巻

今さら『ちはやふる』にハマってしまったワタクシなのです

別に例の実写映画化からの…ではないのです。 ・「ちはやふる」末次由紀先生が語る、実写化

記事を読む

東京ディズニーリゾート便利帖第3版

次女と2人でTDLに行くことになったのでちょこっと調べてたら『東京ディズニーリゾート便利帖』の改訂版が出ていた

近々、小3の次女とワタクシの2人で東京ディズニーランドに行くことになりました。 3月生

記事を読む

少年少女 日本の歴史

学習漫画 日本の歴史 小学館か集英社かどちらを買うか迷ってる

我が家の娘も早いものでもう小6ですよ。 6年生になると社会の授業には歴史が含まれてくる

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑