Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

改めて考えてみる。スクールカウンセラーの時給は適正?

SC推移

※上記図表はあくまでも「イメージ」であり、当エントリで主張している内容とは直接関係はありません…多分。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当ブログを読んでらっしゃる専門家の皆様方の中には、スクールカウンセラー(以下SC)として学校臨床の領域で働いておられる方が数多くいらっしゃると思います。過去に一度でもSCをしたことがあるという方も含めれば、さらにその数は増えることでしょう。

これから書くことは、そうした方々、特にこれから学校臨床の領域で働きたいと思ってらっしゃる方を、ある意味では「敵に回す」ような内容になってしまうかもしれません。

ただ、個人的にはそういう方のご意見こそうかがいと思っておりますので、まずはお読みいただけると幸いでございます。

さて、タイトルにもありますが、改めて皆様にご質問させていただきます。

現在のSCの時給は適正だとお思いですか?

時給5000円代…って結構良くない?

さて、まずはこちらのページを見てみましょうか。

各都道府県等のスクールカウンセラー報酬心理学入門/臨床心理士指定大学院 入試対策

各都道府県のSCの報酬ですが、平均すると5000円代前半〜半ばというところでしょうか?(ちゃんと計算してないので、あくまでも大体で)。

例えば大学生が普通にするアルバイトなんかと比較すると(職種にもよるでしょうけれども)、結構な時給という感じはするかもしれません。ただし、もし未婚者がSC専業でやっていたとしたら、保険・年金・税金等はすべてSCの給与のみから捻出せねばなりません。非常勤任用ですので、昇給・賞与もありません。

さらに「週5日」勤務というのはなかなか難しいことを考えると、実質的な月収はかなり低くなるでしょう。

参考までにWikipediaの「スクールカウンセラー」の項目より引用。読みやすいよう改行等加えてあります。

スクールカウンセラーの平均時間給は、全国的に約5000円前後の水準とされ、一見すると数字上は要求される高度な専門性と比例し高給であるように見えるが、文部科学省の任用規程に掲げられている「週8~12時間」の勤務形態のうち、いまだ活用体制の整備が遅れている自治体があるため、実際の平均的な勤務形態は「週4~8時間」に留まっている現状がある。

したがって、平均月給換算すれば「8万円~16万円」程度でしかなく、さらに「非常勤任用」のために、保険料・年金などの福利厚生、出張費などの諸経費、病気休暇・傷病手当金などの社会保障も認められないことが多い。その上、春休み、夏休み、冬休みなど、教育機関の長期休暇中は実勤務不可能として報酬が支払われないことが多く、賞与なども無いため、通算の実勤務は「年間35週」前後と見積もられている。すなわち、スクールカウンセラーの平均年収は、額面で「140万円(最低70万円~最高210万円)」という現状で、臨床心理学系修士号や医師免許の取得が必須要件とされるレベルの職務への任用にもかかわらず、収入はいわゆるワーキングプア水準であり、1ヶ所の教育機関に勤務しただけでは安定した生活を送ることが困難であるため、複数の教育機関を掛け持ちしていたり、別の医療機関・研究機関にも所属していたり、あるいはクリニック・相談室の私設開業と並行しながら、スクールカウンセラーとして活動している専門家が多い。

という感じです。

かなり厳しいわけなんですが、そんなSCをつかまえた上で「時給は適正?」とはどんな了見だ?と思われる方もいるかもですね。

…でもですね、もう一度考えてみましょうよ。

新人もベテランも一律

上で取り上げた「各都道府県等のスクールカウンセラー報酬」をご覧いただければわかるように「スクールカウンセラー」という大まかな区切りがあるのみで(「準ずる者」というのもありますが、それについては後述)、経験年数等による時給の違いはほとんどないようです。

掲載されている中では唯一島根県のみ、SCとしての勤務経験に基づいて4000円〜5000円までの幅があります。この辺については地域の懐事情に加えて、なかなかベテランが集まりづらいという面があったりするのではないかと推測できます。

しかし、このように新人もベテランも一律という給与形態・雇用形態に対して、SCの皆さんは疑問をもたれないのでしょうか?特に何十年もやってらっしゃるベテランの方は、ご自分の給与と修士課程を修了してたかだか2〜3年の新人が同じ給与であることに対して、不満を抱いたりしないのでしょうか?

以前、このブログでも触れたかもしれませんが、現在のSCの時給というのはある程度のベテラン、それこそ大学教員などを想定して設定されていた金額だったと思います。ソースは…失念したのですが、SCに本来求められる専門性を考えると、間違っても臨床経験数年の人間に務まるものではないはずなのですよね。

その時点で既にこの時給は若手にとっては「適正ではない(=不当に高い)」と考えられるわけなのですが…いかがでしょうか?

「スクールカウンセラー」と「準ずる者」の違いって?

さらにこちら、最近(8月8日)アップされてたので取り上げてみます。栃木県のH26年度スクールカウンセラー募集の資格要件及び選考方法等についての書類です。

平成26年度スクールカウンセラー募集のお知らせについて  資格要件及び選考方法等(※PDF注意)(栃木県公式ホームページ

1 資格要件
○「スクールカウンセラー」として選考できる者
次の各号のいずれかに該当する者
(1) 財団法人日本臨床心理士資格認定協会の認定に係る臨床心理士
(2) 精神科医
(3) 児童生徒の臨床心理に関して高度に専門的な知識及び経験を有し、学校教育法第1条に
規定する大学の学長、副学長、教授、准教授、講師(常時勤務をする者に限る)の職にあ
る者

○「スクールカウンセラーに準ずる者」として選考できる者
次の各号のいずれかに該当する者
(1) 大学院修士課程を修了した者で、心理臨床業務又は児童生徒を対象とした相談業務につ
いて、1年以上の経験を有する者
(2) 大学(短大を含む)を卒業した者で、心理臨床業務又は児童生徒を対象とした相談業務に
ついて、5年以上の経験を有する者
(3) 医師で、心理臨床業務又は児童生徒を対象とした相談業務について、1年以上の経験を
有する者

はい。出ました。「準ずるもの」…って何?

簡単に言えばSCになれるのは、臨床心理士資格保持者か精神科医、または大学教員であり、それ以外の人はどれだけ高い専門性を持っていたとしても「準ずる者」にしかなれないわけです。

学校心理士あるいは臨床発達心理士の資格を持っていたとしても、臨床心理士資格を持っていない場合は大学教員でない限りSCにはなれません。経験年数がどれだけあったとしても。

同じく栃木県のSC募集の書類にはこう書かれております。

3 報酬
スクールカウンセラー 1時間当たり 5,000円
スクールカウンセラーに準ずる者 1時間当たり 3,500円

1500円の差がありますね。

「臨床心理士である」というだけで、この1500円分の専門性の差が生じるってあり得るのでしょうか?

私には、この差は単純に「臨床心理士派とそれ以外の政治力の差」によって生じているとしか思えません。ある意味では「先達の努力の賜物」なのでしょうけれども、SCの皆様はどうお考えでしょうか?

「文句があるなら臨床心理士を取得すればいいだけだろ」って意見もあるかもしれませんが、それはそれで横暴すぎやしませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、久々にSCについて考えてみました。

過去ログの「スクールカウンセラー」カテゴリ、特に

スクール・カウンセラー制度-その構造的問題-(1)(05/02/03)
スクール・カウンセラー制度-その構造的問題-(2)(05/02/04)
スクール・カウンセラー制度-その構造的問題-(3)(05/02/05)
スクール・カウンセラー制度-その構造的問題-(4)(05/02/16)

辺り(8年前!)で述べている内容と重複する部分も多いかとは思いますが、心理職の国家資格創設が現実味を帯びてきている今こそ考えねばならない内容だと思うのですよね。

特に「他の資格と比較して臨床心理士の専門性はそれほど(少なくとも時給1500円分の差が出るほど)秀でているのか?」という観点については。

臨床心理士にとっての既得権益である現在の時給を守ることよりも、例えばSCの常勤化なんかを進めることによって、より適正な給与水準にするという方向がより良いと私には思われるのですが…大きな変革には少なからず「痛み」も伴わざるを得ないでしょうし。

是非とも皆様のお考えをお聞かせください。

関連記事

教室の黒板

公立学校教員の業務の一部をSCが担うのは可能なのだろうか?

少し前のブログ記事ですが、こちらなかなか興味深かったです。未読の方、まずは読んでみてください

記事を読む

教室

スクールソーシャルワーカーについてよく理解できた気がする件

13/10/17のエントリ、スクールソーシャルワーカー関連の新聞連載を読んでみて考えたことで

記事を読む

NHK@首都圏 SCニュース

東京都がスクールカウンセラーを全都立小中学校・高校に配置の方向

twitterでこんなニュースを発見。 【ニュース】いじめの問題が深刻になるなか、東京

記事を読む

no image

カウンセラーの聞き取り転用 「他者に開示してはならない」…の背景をまとめてみた

11/10/15の記事、カウンセラーの聞き取り転用 「他者に開示してはならない」…って当たり前じゃん

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (9件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 数年前に聞いた話なので、現在そのようなことがあるのかどうかはわからないのですが、
    スクールカウンセラーに準ずる者として雇われていた大学院生が、臨床心理士の資格を取ったのでスクールカウンセラーとして雇って欲しいと思っていたのに、継続してもらえなかったんだそうです。地方の自治体は予算がなく、準SCを雇って数あわせをすることで節約したいという考えがあるので、資格取得は逆に不利なのだそうです。

    臨床発達心理士や学校心理士が準SCの値段だとしたら、予算のないところはそちらを雇いたいと考えても不思議はないですよね。

  2. >あららさん

    コメントありがとうございます。

    そういう話もあるのですね…

    …と言いますか、それ以前に

    > 臨床発達心理士や学校心理士が準SCの値段だとしたら

    なぜ「臨床心理士」のみがSCになれて、「臨床発達心理士」や「学校心理士」資格しか持ってない人は準SCにしかなれないのでしょうか?

    そこに疑問を持つ人はあまりいないのでしょうか?

  3. というか…

    このエントリってそもそも

    「臨床心理士の職業的専門性と資格を考える有志の会」要望書に関する疑問
    http://blog.rote.jp/2013/08/03-224525.php

    のコメント欄での平井正三氏の発言。現在進行中の国資格としての心理師(仮)が成立した場合、

    > 特に、20代30代のまだ経験や専門的技量が十分でない世代は、
    > 苦難を強いられる可能性が高く、心理の仕事では
    > 食っていけなくなり、おそらく「廃業」に追い込まれる人が
    > 多く出るでしょう。とりわけ、スクールカウンセラー職
    > (給与水準は、少なくとも半分以下になると予想する人が多い)に
    > 収入多くを頼っている臨床心理士はその可能性が高いでしょう。

    という発言に対する返信でもあったんですけど…まあ伝わりませんわな。

    現在のSCの給与水準が、少なくとも「まだ経験や専門的技量が十分でない世代」にとっては「高すぎる」ものであり、そして、臨床心理士と他の資格保持者との間にあるSCと準SCという給与格差は、別に資格の専門性がその基盤にあるわけではなく、臨床心理士の先達の政治力を背景としたいわば「既得権益」に過ぎないのではないか?…と私は言いたかったのです。

    「20代30代のまだ経験や専門的技量が十分でない世代が食えなくなる」という理由で、心理師(仮)創設に反対するというのは、結局既得権益にしがみついているということなのではないか?と。

    平井氏は私と議論する気はないようなので、コメントに対する返信という形ではなく、別エントリとして広く問題提起してみたかったということでございます。

  4. ロテさん
    >例えばSCの常勤化なんかを進めることによって、より適正な給与水準にするという方向がより良いと私には思われるのですが…大きな変革には少なからず「痛み」も伴わざるを得ないでしょうし。
    これは賛成ですが、教育分野の常勤化は相当ハードルが高いですね。50才前後の現職中学教師が年収750万円前後(地方自治体によって異なりますが)、SC週5日・非常勤29時間ではせいぜい500万円。若いSCはいいでしょうが、キャリアを積んだSCは、SCを離れていきますね。これでは。それで、教育分野の教師以外の専門職で、ある県の特別支援学校では、看護師の常勤講師を雇用しています。1年契約ですが、ほぼ教員と同等の給与体系になっているそうです。でも、これは相当ハードル高いですよ。官僚にも国会議員にも、臨床心理士出身の方いないのではないですか。いや厚労省にはいましたか。文科省にはいませんよね。
    教師や医師は歴史がありますよね。だから、国会議員をたくさん排出している。臨床心理士の国会議員はいないので、ロテさん、3年後、参議院に立候補してはどうですか?

  5. ロテさん
    それと、SCの活動内容として、担任教師と共同でやる「こころのサポート授業」がどの学校でもやっている、という時代になるといいと思います。国家資格・心理士(師)の業務の②に教育・予防がはいりましたが、SCが担任教師と共同で、いじめ予防、ストレスマネジメント、ソーシャルスキルトレーニングなどを授業でやれば、カウンセリングの敷居もさがりますし、若くても役にたつSCとして活動できます。
    問題は、そういった授業の時間枠がきわめて少ないということです。それは、保健体育に位置づけられており、道徳ではありません。道徳の時間は、読み物教材を中心として、ソーシャルスキルやストレスマネジメントなどのような体験活動はやりずらいです。道徳の教科化になれば、もっとできない状況になるでしょう。SCの給与だけでなく、活動も大きく見直す時期にきていると思います。それは、文部省、国会議員、政府を動かさなければならないのです。

  6. ロテ職人さん

    すいません。ばたばたと自分の言いたいことだけ言う、式のコメントにしてしまったので、伝わっていないと思わせてしまいましたね。申し訳ないことです。でもやっぱり自分の意見中心で失礼いたします。

    平井先生の発言に刺激されての内容であることはわかっていました。ただ、そもそも若い臨床心理士がSCになれていた時代は終わっているのではないか、と思ったのです。

    どこかにSCの経験年数と実年齢、なんていうデータがあればいいんですけど、ご存じないでしょうか?
    私の周囲では退職後の再就職でSCになるという超ベテランしかいらっしゃいません。経験年数的にはベテランですが、学校臨床の経験は皆無だったりして、あまりお上手そうではないですけど。

    学校関係や文科省の人は、SCの常勤化をするくらいなら教員を増員したいと思うんじゃないでしょうか? 給与水準については、現在最もパーセンテージの高い時給は1000~2000円らしいですが(臨床心理士会が実施したアンケートの結果より)、そこまでは落ち込まないにしても、平井先生の発言にあるように半分以下が相場となるのではないでしょうか?

    富永先生のご意見はなるほどと思いました。しかしそうした授業をするスキルを習得するというのも、かなりのハードルの高さと思いました。(私は無理です……)

    臨床心理士として経験を積むことそのものが難しい時代になっているように思います。
    国家資格創設に反対しておられる諸先輩方は、バブル時代の臨床心理士イメージを強く持ちすぎておられるのではないかと思ってしまいます。

  7. 初めてコメントさせていただきます。

    ロテ職人さんのSC記事、以前から耳が痛いなあと思いながら読ませていただいてました(笑)

    私は某都道府県のSCを時給5000円台でやっています。
    心理職四年目のまだまだ若手で、しかも都道府県SCは今年度からの採用ですので、ロテ職人さんがおっしゃるSCがなんて務まらない者にあてはまる人間です。

    しかし私の場合は、某私学で非常勤SCの経験が三年ほどあり、そこで常勤でベテランのSCの方に色々と教わりながら働くことができたという、SCとしては恵まれた始め方が出来たかなと思っています。

    それでも、タイトルの時給は適正?ということに関して、私自身も疑問に感じています。
    心理職もSCも四年目ですが、まだまだ力及ばずだと痛感しながらやっている日々です。
    修了してすぐの一年目では、間違いなく務まらなかったと思います。

    あまり考えずの個人的な直感ですが、自身の働きを顧みて…今の時給の半分くらいで適正と言えるかどうか…というところです。

    こんなことでは怒られてしまいそうですね。

    とは言うものの、私も生活がありますし、私学の方で常勤の先生に教えていただきながら経験を積み、三年ほどで都道府県のSCに進出しようと年単位の計画を立て、実行している次第です。
    身に合わない時給ですが、助かると感じているのが正直なところです。都道府県SCのお給料がないと、生活がだいぶ苦しくなりますね。

    政治力のことについてはよくわかりませんので言及できませんが。

    私のまわりでは力のあるSCもたくさんいらっしゃいます。その方たちは、確かに報酬の分だけ貢献しているなと感じます。
    私も早くそこまで達するよう、自己鍛錬しなければいけませんね。

    何だか自分の思いを吐き出しただけみたいになってしまいました。
    コメント欄汚し失礼いたしました。

  8. いつも拝読しお世話になっております。
    総合病院で臨床心理士8年生として常勤で仕事をしています。
    SCの時給に関する問題提起、そしてなにより常勤化等を
    踏まえた適正な給与体系を提案されているあたり、
    本当に大切なところに切り込んでいただいたとひとり心を
    打たれました。

    病院で仕事をしていても、学校臨床心理学やコミュニティ心理学の
    視点は活かせる場面は少なからずあります。
    例えば、残念ながら現場のSCが十分に機能しなくて、学校との連携を積極的に
    行い状況が改善した複数のケースを経験したり、職業が教員だった患者さん
    との会話をするなかで、「先生が学校にいてくれたらいいのに」
    「先生のような人が常勤で学校にいてくださって、生徒だけで
    なく私たちのような生徒指導や相談を担う教員に助言をして
    もらえたらどんなによかったか…
    現場では心理士さんが必要です、ちゃんと常勤で」という
    言葉をいただくことがあります。

    ただの自慢話ではなくて、平時での業務に加え、
    危機介入であれ予防的介入であれ、やるべきこと、
    やれること、意義ある仕事はたくさんあるはず
    ではないのか?やりたいと思わないのか?
    声を上げないのか?評価されていないということ
    なのか?諦めているのか?プライドがないのか?
    自信がないのか?

    いつまで非常勤でよしとしていくのか。
    それで専門性をうたい続けるのは自己欺瞞
    ではないのか?

    病院でも
    常勤心理士を複数配置、投入しても手に余る
    ほど、必要とされ貢献できる仕事は
    山ほどある自分の職場の現状と比べると
    気にはなるところです。
    かつて某県と某市のSC採用試験で
    二度不採用になった恨み、ルサンチマン
    も混じっていたりしますが…

    今回はコメントせずにはいられませんでした。

    それにしても臨床心理士が、なぜ
    自分がこの仕事をしているのかを、なぜ
    必要なのかを、自ら問い直し、必要とあらば
    公に対してきちんと説明、表明ができるか
    どうかが今ほど重要な局面はないのではないかと感じて
    います。

  9. そもそも、正と準で成績変わらなかったんだから、臨床心理士雇うのムダ金(笑)


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑