Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

ハウス加賀谷・松本キック(松本ハウス)著『統合失調症がやってきた』

統合失調症がやってきた表紙

編集協力をされたライターのオバタカズユキさんが、以前『資格図鑑! 2007』に掲載された私のインタビューをしてくださった(06/04/27のエントリ資格図鑑インタビュー秘話(というほどのものでもない)参照)という縁もあったりでご恵送いただきました。

こちら。

人気絶頂の最中、突然芸能界から姿を消した一人の芸人–。「タモリのボキャブラ天国」「進め! 電波少年インターナショナル」など人気番組にレギュラー出演していたお笑いコンビ「松本ハウス」は、ハウス加賀谷の統合失調症悪化により、1999年活動休止。その後入院生活を経て症状を劇的に改善させた加賀谷は、10年ぶりの芸人復帰を決意する。相方・松本キックの視点を交えながらコンビ復活までの軌跡が綴られる、感動の一冊。

リリー・フランキー推薦!
「馬鹿は死ななきゃ治らない。でも、生きてりゃ治る馬鹿もある。夢あるねぇ」

こちらの紹介ページでは本文の一部抜粋が掲載されております。

統合失調症がやってきたMatogrosso モトグロッソ

こちらは出版記念イベントの際の記者会見の記事です。

ハウス加賀谷、統合失調症による苦労語る「こらえるの大変でした」Yahoo!ニュース

一気に読ませていただきました!

お笑い方面にはあまり明るくない私ではありますが、『ボキャ天』は好きでよく見ていたので松本ハウスというコンビについては知ってましたし、後にハウス加賀谷氏が統合失調症患者であること、そして病状悪化のために活動休止となっていたことなど、ネット上の情報で知りました。

その加賀谷氏が、そして松本ハウスというお笑いコンビが復活ということで、その話自体はとても素晴らしいことだと思いました。その復活は同じく統合失調症を始めとする精神疾患に苦しむ人たちの希望になるだろう、ということで。

ただ、実際に読んでみるまでは「それでもタレント本でしょ?」と侮っていたことは否定できません。

お送りいただいた本を読んで…打ちのめされました!

侮ってしまってごめんなさい!

面白いです!そして最後は泣けました!

まず、当事者である加賀谷氏の病的体験、そしてそこから来るものすごい苦しみが、本当にリアルに描かれています。抜粋して精神医学の教科書に載せてもいいんじゃないか?というくらい鮮明に。

加賀谷氏の家族の問題も色々あったようで、それが赤裸裸に描かれていると同時に、それだけではなく彼を心配し懸命に支えようとした両親(特に母親)の愛情もしっかり描かれています。

そして何より、加賀谷氏の相方である松本キック氏の…何と言うんでしょうか…友情とか愛情とか、そういう物を超えた彼の姿勢、態度、考え方があったからこそ、松本ハウスというコンビが復活できたのだということが、非常によく伝わってきました。

あと、現在も精神科領域で働いていて、過去には単科精神科病院でも働いたことがあるワタクシとしましては、保護室のリアルな描写や、「食べること」だけが楽しみになりがちな閉鎖病棟における「あるあるネタ」的な部分なんか、非常に面白く読む事ができました。

とにかく、色んな人に読んでもらいたい一冊だと思います。

当事者とその家族はもちろん、将来、精神科臨床(だけでなく、その他の臨床心理学的援助が必要な)領域に関わりたいと思っている学生さん、現役の精神科スタッフの方々、そしてお笑い好きの人もそうでない人も、どんな人でも何かしら考えさせられるところ、得られるところがある一冊であることは間違いありません。

残念なことに、8月13日午後6時現在、Amazonさんでは在庫切れとなっておりますが、既に重版がかかったそうでじきに品薄状態も解消されることでしょう。

興味がある方は是非ともポチっとどうぞ。

最後に、この本をお送りくださったオバタカズユキさん、イースト・プレスの担当の方、そして何より素晴らしい本を書いてくださった松本ハウスのお二人に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (1件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. […] ハウス加賀谷・松本キック(松本ハウス)著『統合失調症がやってきた』 – ロテ職人の臨床心理学的Blog編集協力をされたライターのオバタカズユキさんが、以前『資格図鑑! 2007』に […]


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑