Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

心理臨床家も研究すべき…ではなく心理臨床家「こそ」研究すべきたった一つの理由

【心理学コラム】の土曜日

books

このブログを読んでらっしゃる臨床家の皆さん、研究してますか?

最近、何人かの臨床家の方が「あまり研究する気はない」「普通は院を出たら研究なんてしない」みたいなことをおっしゃっている(書いてらっしゃる)のを耳に(目に)しまして。

確かに多くの職場では研究することは求められてないでしょうし、むしろ本来の業務ではない研究をすることに対してあまりいい顔をしない上司や同僚、他職種あるいは同業者なんてのもいるかもしれません。

あるいは、研究はアカデミックポストに就いている人間の仕事であり、臨床現場で臨床実践に追われる心理臨床家にはする必要のないことであるとおっしゃる方もいるかもしれません。

でも、それってもの凄くもったいない話だと思うのです。


だって、「臨床」心理学ですよ。臨床心理学におけるデータは臨床現場でこそ集められるものなのではないでしょうか?

アナログ研究なんてのもありますが、クライエント・患者というのは我々にとってとても貴重なデータなのですよ…なんてことを言ったら「失礼だ」とおっしゃる方もいるかもしれません。

当然、我々は研究するために臨床実践を行っているわけではありませんが、でも自分の臨床から得られた知見を自分だけの物にしておくのならば、そこには臨床心理学の学問としての発展なんてあるわけないじゃないですか。

別に今までにない画期的な治療法を見つけろとか、人間の、人生の真のあり方を問えとか、そんな大それたことを言っているわけではありません。最初は一事例研究でもいいでしょうし、アセスメント系であれば数量的な研究もしやすいかもしれません。

まずはまとめて発表してみること。それで批判されたっていいと思います。その批判を糧にさらに臨床の質、研究の質を高めていけばいいだけの話です。

つまらない結論しか出なかったとしても、そうした小さな知見の積み重ねが最終的には臨床心理学という学問の発展に繋がるのではないかと思うわけです。

せっかく貴重なデータの宝庫で仕事をしているのです。その一点だけで十分、研究をする理由になると思います。

食わず嫌いはせずに研究活動、初めてみませんか?

関連記事

採用情報 - 株式会社金子書房

金子書房さんが「心理検査職」の募集をしてます

昨日、Twitterでもつぶやきましたが、心理アセスメント関連の書籍の出版で(私の中では)有

記事を読む

研究計画書の考え方

非心理系学科卒で臨床心理士指定大学院に入るのに心理系学科への編入・学士入学は必要か?

読者の方のメッセージから 先日、読者の方からメールフォームにてメッセージいただきました

記事を読む

ブログを書く手

研究の対象者をブログで募集することの問題点

何年前のことだろうか… 遥か昔…と言っても、このブログを始めて数年くらいの頃ですが、表

記事を読む

螺旋階段

臨床家として、研究者として、どのように生きていくのかということ

ためになった勉強会。来年度も参加するかどうか… 今年度、月1で開催される某勉強会に参加

記事を読む

本棚と本

それでも心理臨床家が「理論」や「根拠」にこだわらねばならない理由 @39you1さんのつぶやきへの返信

@39you1さんのつぶやきから 14/01/27のエントリ、「最終学歴=博士後期課程

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (2件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. ロテ職人さんはどのような研究を行っているのですか?

  2. >読者さん

    「研究すべき」とは思っていますが、「匿名で運営しているブログで研究内容について公表すべき」とは思っておりませんので、ご回答する必然性もないかと。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑