Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

橘とも子著『トラウマティック・ブレイン―高次脳機能障害と生きる奇跡の医師の物語』

【心理学・精神医学本】の月曜日

13/03/18のエントリ、【似たような本は】関啓子著『「話せない」と言えるまで: 言語聴覚士を襲った高次脳機能障害』【ないですよ】でご紹介したこちら

これは、タイトルにもあるように高次脳機能障害の専門家でもある言語聴覚士の筆者が脳梗塞で倒れてからの体験を綴った一冊でした。

今回ご紹介するのも同じく高次脳機能障害の当事者本でありますが…

16歳の少女は、突然の事故で様々なものを失った。
身体の機能、自分のそして家族の時間。
少女は、「高次脳機能障害&身体障害と共に暮らす」という第二の人生を、早くも16歳で再設計しなければならなくなった。少女は努力で能力を再獲得していく。戻らない能力と共に。
これは「高次脳機能障害&身体障害と共に暮らす」中で、少女が成長し、医師になり、結婚・出産・育児も経験してきた物語。
少女の日常。周囲に誤解され、見えない障害を持つ人々を傷つける言葉、周囲には障害の本質が一向に伝わらない現実。
少女の明るさと強さの裏には「あまりにも痛くて惨めで悔しく怖くて辛い」気持ちや社会の現実が隠されている。
少女の生き様は、同じ境遇にある人やその家族たち、そして、人生を攻略しようと悪戦苦闘している人々に大きな勇気を与えるだろう。
そして、『わかりにくい障害・見えない障害』を受容できる社会を実現するための大きな指針になるはずだ。

「トラウマティック」と言うと、我々の職業的には「心的外傷」を思い浮かべがちですが、こちらは文字通りの「外傷」です。

16歳での不幸な受傷から、40代後半までの長きに渡る人生そのものが綴られている、本当に希有な一冊だと思います。

巻末には第一著者が本書の筆者、第二著者が彼女の夫である論文もそのまま掲載されております。

Tachibana, T., & Tachibana, H. (2012) The Long-Term Spontaneous Course of a Severe Traumatic Brain Injury Incurred at Age 16 by a 47-Year-Old Physician: Investigation into Planning a Long-Term Prognosis Study of Childhood Traumatic Brain Injury. International Medical Journal, 19, 321-328.

Amazonでは「なか見!検索」ができます。

この領域に関わる専門家のみならず、当事者やその家族、あるいは一般の方でも読める本だと思います。

興味のある方は是非ともどうぞ。

関連記事

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

新着記事

ラストアイドル

『ラストアイドル』が面白い

本来であれば昨日アップするはずだったネタ。 色々動くであ...

記事を読む

図解・台風の科学

台風なので…

今日は台風なので… もう出勤してしまいました。 や...

記事を読む

四角いポスト

実は所属してる都道府県臨床心理士会から案内が届いてた!

昨日のエントリ、最近の公認心理師がらみのアレコレとデジタル・デ...

記事を読む

分かれ道で迷う人のイラスト(女性)

公認心理師現任者講習会 日本心理研修センターから受けるか?日精協から受けるか?

記事タイトルが『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を...

記事を読む

Twitterアイコン

続・「臨床心理士有資格者は現任者講習を受ける必要はかなり低い」は本当か? 関連ツイートまとめなど

「togetterでやれ!」と言われそうですが面倒なので、現時...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
ラストアイドル
『ラストアイドル』が面白い

本来であれば昨日アップするはずだったネタ。 色々動くであ

図解・台風の科学
台風なので…

今日は台風なので… もう出勤してしまいました。 や

四角いポスト
実は所属してる都道府県臨床心理士会から案内が届いてた!

昨日のエントリ、最近の公認心理師がらみのアレコレとデジタル・デ

分かれ道で迷う人のイラスト(女性)
公認心理師現任者講習会 日本心理研修センターから受けるか?日精協から受けるか?

記事タイトルが『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を

Twitterアイコン
続・「臨床心理士有資格者は現任者講習を受ける必要はかなり低い」は本当か? 関連ツイートまとめなど

「togetterでやれ!」と言われそうですが面倒なので、現時

→もっと見る

PAGE TOP ↑