小塩真司著『大学生ミライの統計的日常―確率・条件・仮説って?』

公開日: : 心理・精神医学本 , ,

大学生ミライの統計的日常

【心理・精神医学本】の月曜日

先日、ホリホック商会さんのこちらのエントリで紹介されておりました。

【さっそく】大学生ミライの統計的日常【読了】ホリホック商会

大変気になる本でございます。

◎数学に自信がなくても大丈夫。物語で学ぶ心理統計の考え方
私は庭瀬未来。この春から大学生になる。専攻は心理学。大学生になるのはとても楽しみだけど、心理学にも確率や統計が必要なんだって。数学が苦手なのに、大丈夫なのかな?――そんなミライが学ぶ心理統計の考え方。直観ではわかりにくい確率・統計のあれこれを江熊先生がわかりやすく教えてくれる。
心理学科1年、ミライの成長物語。

出版社の紹介ページはこちら。目次が見られますよ。

ストーリーでわかる心理統計① 大学生ミライの統計的日常~確率・条件・仮説って?東京図書株式会社

著者の小塩真司氏と言えば、当ブログでもかなり売れたこちら。

こちらを書いた方でもあります。

ホリホック商会さんでもかなり良書として紹介されており、是非とも一度読んでみたいと思いました。

対象としては心理統計を本格的に始める前の、あるいは学んでいる学部生、さらには統計苦手な人というところでしょうか。

ストーリー形式というのは、これまでの心理統計の本としてはかなり珍しいのではないかと。

ただの「統計」であればこんなのもありましたけどね(この辺も実は結構いい本だったり。ちょっと難しめだけど)。

そんなわけで興味がある方は是非ともポチっとどぞーです。

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑