Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【ご恵贈】金原洋治監修・はやしみこ著・かんもくネット編『どうして声が出ないの?: マンガでわかる場面緘黙』【感謝】

どうして声が出ないの?

自分の小学生時代を思い出すと、だいたい一学年に一人は「学校で全く話さない」という子がいたように思います。当時は「この子はなんで話さないんだろう?」と不思議に思っていましたが、それが「場面緘黙」ということだったのだと大学の学部の講義でようやく理解できたのでした。

今回、そんな場面緘黙に関する非常によさげな本をお送りいただきました。

こちらです。

●帯より
親子で取り組む特別支援教育

●まえがきより
「なぜ声が出ないのか、どうすればよいのか」を具体的にわかりやすくマンガで説明します。大人になった経験者が登場し、子どものときに工夫をしたことが描かれていますので、子どもは勇気づけられるでしょう。後半は周囲の大人が、どのようにして支援を進めていけばよいのか、家や幼稚園や保育園や学校などさまざまな場面を想定して解説しています。近くに専門家が見つからなくても、適切な対応の手引きとなるでしょう。

出版社の紹介ページでは、編著者・監修者の紹介、簡単な目次などが見られますよ。

どうして声が出ないの?学苑社

全61ページと比較的薄い本ではありますが、内容はかなり濃いと思います。特に、場面緘黙のお子さんや親御さんにとってはとても役に立ついい本なのではないかと。

前半の漫画は子どもにも読みやすいよう、漢字にはしっかりルビが振られておりますし、ホントに「勇気づけられる」内容になっています。

自分の状態がどんな状態なのか、当事者である子ども自身には理解し難いでしょうし、それはとても不安なことなのだと思います。「自分だけじゃない」ということを知るだけでも安心する部分はあると思いますし、「なぜそうなっているのか?」「同じ状態であった人が、その後どのように人生を送っているのか?」を理解するということは、大きな希望になるはずです。

そして、後半部分。場面緘黙の子どもを持つ親が、子どもに対してどう関わっていくかということだけではなく、学校に対してどのように関わっていけばいいのか、そして専門家へどのようにアクセスしていくべきなのかといった内容が、非常に具体的に書かれております。

特に印象に残ったのは、発表会や運動会など特別な行事の際、あるいは新学期の準備の際などに学校側と何をどのように話し合ったのか、「元場面緘黙児の保護者。かんもくネットのホームページ制作担当」(出版社の紹介ページより引用)である著者の経験を元に「口頭だけではなく記録が残るように書面でも伝えましょう」といった細かい内容まで踏まえた対応策が書かれていたことでした。

場面緘黙の子を持つ親御さんはもちろんですが、SCなどでコンサルテーションが必要だったりする専門家の方々にもお勧めの一冊かと思います。

興味がある人は是非ともどうぞ。

そして、今回この本をお送りいただきました編著者・監修者の方、そして出版社の担当の方に心より感謝いたします。どうもありがとうございました。

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑