Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

日本臨床心理士会の「国家資格化をめぐるQ&A」の矛盾?…ではなく…

矛盾

現在も議論の続いている、13/08/03のエントリ、「臨床心理士の職業的専門性と資格を考える有志の会」要望書に関する疑問ですが、このコメント欄は私と「有志の会」の平井正三氏とのやりとりが発端となっておりました。

私は色々思うところがあり、とりあえず議論からは降りたのですが、ずっと気になっていたことが一点あるのです。

それは「国資格である心理師(仮称)が出来たら、現行の臨床心理士資格はどうなるの?」ということです。

これについて、平井氏はコメントでこう述べております。

「国家資格の「心理師(仮称)」ができた場合、職能団体としての「日本臨床心理士会」はどうなるのでしょうか?」というQ5に対しては、「この(経過措置の)6年の間に、「日本臨床心理士会」は国家資格保持者を主とした職業団体に移行するか、あるいは新たに国家資格団体を立ち上げることも考えられます」(A5:カッコ内平井)とあります。臨床心理士資格制度が残るのであれば、臨床心理士会もそのまま存続すると言えるわけですから、この記述を読む限り、すでに、心理師国家資格創設を推進している日本臨床心理士会幹部は、臨床心理士資格制度はなくなると想定していると考えてよいように思います。


このQ5というのは、一般社団法人 日本臨床心理士会のサイトにある、国家資格化をめぐるQ&A(※pdf注意)という書類に書かれております。

ただ同じく、国家資格化をめぐるQ&AのQ7には、こんな記述もあるのですよね。

Q7:「心理師(仮称)」は<臨床心理士>とは別個の資格なのでしょうか?

A7:「心理師(仮称)」は<臨床心理士>とは別個の資格です。しかし、これまで臨床心理士が 20 年以上蓄積してきたシステムを反映していますので、まったく別個と言うよりきわめて類似性の高い資格と言うこともできます。また、この2つの資格の関係がどうなるかは、<臨床心理士>の資格認定協会がどのようなスタンスをとるかが鍵です。当会としては、前者はベーシックな資格、後者はより高度の専門資格となってほしいと考えています。

tawara_soichirou

日本臨床心理士会としては、「心理師(仮称)」がベーシックな資格、(現行の)<臨床心理士>はより高度の専門資格となるのが望ましい…ということです。

一瞬、このQ&A内部で矛盾が生じているのかと思ったのですが…

もう一度、平井氏のコメントを見てみましょう。

この記述を読む限り、すでに、心理師国家資格創設を推進している日本臨床心理士会幹部は、臨床心理士資格制度はなくなると想定していると考えてよいように思います。

「臨床心理士資格制度がなくなると想定していると考えてよいように」思っているのは、平井氏なんですよね。

でも、平井氏のコメント内で問題になっているQ5は「職能団体としての「日本臨床心理士会」はどうなるのでしょうか?」という質問であり、「<臨床心理士>資格がどうなるか?」という質問ではないのです。

そして、日本臨床心理士会としては「日本臨床心理士資格認定協会次第」という条件つきで「臨床心理士資格の存続を希望している」というわけです。

ここ、かなり大事なところだと思ったので、取り上げてみました。

そもそも、国資格が創設されたからと言って、関連する民間資格がなくなるというのもおかしな話です。

もしそういうことがあり得るのだとしたら、それはどんな論理でそういうことになるのでしょうか?考えてみるとわかりません。

それなら、臨床心理士以外の全ての関連資格も同様になくならないとおかしいですよね?

そんなわけで、日本臨床心理士会のQ&A内で矛盾が生じているのではなく、平井氏が(意図的になのか、それとも意図せずになのかはわかりませんが、少なくともあのコメント時点では)読み誤ったということでよろしいのでしょうか?

それとも現時点で私の理解が間違っているのでしょうか?私の理解力の低さを考えると、それも十分にあり得る話です。

教えて!偉い人!(←自分で考えるのを放棄した)

関連記事

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみて長くなりそうだったらまだ続く

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月19日だったので、約1ヶ月ぶり

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦 著『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』を読んでもいないのに批評してみる

最初にご注意。記事タイトルにもガッツリ書かせていただきましたが、ワタクシはこの本を読んでおり

記事を読む

スクールソーシャルワーク実践技術: 認定社会福祉士・認定精神保健福祉士のための実習・演習テキスト

「公認心理師と名称が似ているから国家資格成立後に臨床心理士は使えなくなる」論を唱えてた奴は前に出なさい

これまで何度かこのブログでも話したような気がするんですが、私の妻は社会福祉士の資格保持者であ

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (2件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 「ロテ職人」さん

     お久しぶりです。
     ご指摘の点は「随分昔」の感がありますね。あれ以来いろいろお世話になりました。
     さて、ご指摘の点ですが、確か「ロテ職人」さんは、臨床心理士資格制度が残ろうと残るまいとご自身の資格問題に対する態度は変わりがないということではなかったですか?今さら臨床心理士が残る、残らないはどうでもいいことのはずなのですが…。
     で、ご指摘の部分ですが、もう一度私が書いた文書を引用しますね。

    「さらに、「国家資格の「心理師(仮称)」ができた場合、職能団体としての「日本臨床心理士会」はどうなるのでしょうか?」というQ5に対しては、「この(経過措置の)6年の間に、「日本臨床心理士会」は国家資格保持者を主とした職業団体に移行するか、あるいは新たに国家資格団体を立ち上げることも考えられます」(A5:カッコ内平井)とあります。臨床心理士資格制度が残るのであれば、臨床心理士会もそのまま存続すると言えるわけですから、この記述を読む限り、すでに、心理師国家資格創設を推進している日本臨床心理士会幹部は、臨床心理士資格制度はなくなると想定していると考えてよいように思います。」

     この文書に対してあなたは、

    「臨床心理士資格制度がなくなると想定していると考えてよいように」思っているのは、平井氏なんですよね。」

    と書いていますね。もちろんこの文の主語は私です。そして、

    「でも、平井氏のコメント内で問題になっているQ5は「職能団体としての「日本臨床心理士会」はどうなるのでしょうか?」という質問であり、「<臨床心理士>資格がどうなるか?」という質問ではないのです。

    と言うことですが、上記の私の文書をよく読んでください。A5の記述を読む限り、別の団体を新たに立ち上げると書いてあるのですから、日本臨床心理士会が存続しないことを「想定」していると読むべきですね。で、臨床心理士資格制度が残るのであれば、日本臨床心理士会は存続するはずですよね。となると、この文章を書いている人は、臨床心理士資格制度は存続しないと想定している、と見てよいのではないですか?
     ということですので、「ロテ職人」さんが、かりに「日本臨床心理士会幹部は、臨床心理士資格制度はなくなると想定していると考えてよい」わけではないと主張されるなら、以上の論理のどこに無理があるか、(カッコ内の命題を否定できる論拠をもって)ご指摘していただく必要があります。私はさらに、

    「まず、A2に、「もともと<臨床心理士>は、その創設当時心理職の国家資格化がすぐには実現できないため、将来の国家資格化につなげるための「一階梯(一つのステップ)」として作った資格です」とあります。「え、そうなんですか!」とびっくりする指定校大学院生やその親御さんも多くおられることでしょう。それでも、「民間資格の臨床心理士が国家資格になるということだろう」と思われる方は、A7「「心理師(仮称)」は<臨床心理士>とは別個の資格です」という記述を読んでのけぞるのではないでしょうか?「え、それでは、指定校大学院に入って何とか取れた、この資格は、別個の資格を作るための方便だった!?」と憤慨する人がいてもおかしくないでしょう。」

    と指摘しています。これに対して、「ロテ職人」さんは、

    「A7:「心理師(仮称)」は<臨床心理士>とは別個の資格です。しかし、これまで臨床心理士が 20 年以上蓄積してきたシステムを反映していますので、まったく別個と言うよりきわめて類似性の高い資格と言うこともできます。また、この2つの資格の関係がどうなるかは、<臨床心理士>の資格認定協会がどのようなスタンスをとるかが鍵です。当会としては、前者はベーシックな資格、後者はより高度の専門資格となってほしいと考えています。」

     を引用されて、

    「日本臨床心理士会としては「日本臨床心理士資格認定協会次第」という条件つきで「臨床心理士資格の存続を希望している」というわけです。ここ、かなり大事なところだと思ったので、取り上げてみました。そもそも、国資格が創設されたからと言って、関連する民間資格がなくなるというのもおかしな話です。もしそういうことがあり得るのだとしたら、それはどんな論理でそういうことになるのでしょうか?考えてみるとわかりません。」

     「ロテ職人」さんに、ベーシックな論理学を講義するのも何なのですが、「何かを希望している」ということは、何かが起こらない可能性を想定していること」ですよね。つまり、「Aを希望しているということ」は「Aが起こらないことを想定していること」を反駁しはしないですよ、
     ということで、「ロテ職人」さんは、

    「そんなわけで、日本臨床心理士会のQ&A内で矛盾が生じているのではなく、平井氏が(意図的になのか、それとも意図せずになのかはわかりませんが、少なくともあのコメント時点では)読み誤ったということでよろしいのでしょうか?」

    ということですが、「矛盾」のほとんどは「ロテ職人」さんの頭の中でだけ起こっているように思います。

    「それとも現時点で私の理解が間違っているのでしょうか?私の理解力の低さを考えると、それも十分にあり得る話です。」

     残念ながらそう思います。ただし、「アホ」とか「ゴミムシ」と呼ぶつもりは毛頭ありません。問題の一つは、日本臨床心理士会Q&Aの文書に曖昧さがあるということです。私は、以前は、推進派幹部の方々が認定協会やその他の団体からの圧力下にあることもあって、一般臨床心理士をミスリードする目的であるとかなり思っていましたが、推進派幹部の幹部の方々もお困りなんだと思うようになっています。その迷いが現れていると。
     推進派幹部の多くの方は、良い国家資格を作りたいと真剣にお考えであることはわかってきました。また、「学部卒、単位認定」と言った条項を取り除きたいとお考えの方もたくさんいらっしゃると推測しています。現在、国家資格問題は、医療系の団体(精神科七者懇)からの強い圧力下にあると聞いています。「ロテ職人」さんのブログは、臨床心理士以外の多くの人の目に触れている点が大変重要な側面だと認識しています。「けろすけ」さんが登場して、医師がこの問題をどのようにとらえ、どのような態度をとるのか、一つの例を公にしているという点でこのブログの功績は大きいと思います。既得権益を守るという視点で見れば、法律を盾にすることが最も有力なやり方であることがよく分かります。
     「ロテ職人」さんも、おそらく、職場との兼ね合いで難しい点もおありかと思いますが、「既得権益」ではなく、臨床の事実と現実に基づいて、患者さんやクライエントさんに本当に役立つ訓練・資格制度の創設を促進する論陣を張っていただければと思います。

  2. >平井正三さん

    コメントありがとうございます。

    私の書き方が悪かったために誤解を与えてしまったようで申し訳ありません。どうしても長い文章をわかりやすく書くのは苦手なものでして。

    私が言いたかったことは以下の一点だけ

    「職能団体としての臨床心理士会が解消しても、資格としての臨床心理士は残り得るのではないか」

    ということです。

    その可能性がない(あるいは可能性が限りなくゼロに近い)のであれば、何故そうなのか、教えていただきたいということです。

    それが「常識的に考えれば分かる」ことなのであれば、多分、私にはその常識が欠如してるのだと思います。それはそれで構わないので、何故そうなるのか、私にも理解出来るようにどなたか教えてください。

    それとともに、心理師(仮称)が創設されることで臨床心理士という資格がなくなるのであれば、関連する団体の他の資格も全てなくならなければ、単純に不公平な話だと思います。そういうことはあり得るのでしょうか?

    繰り返しになるかもしれませんが、私が知りたいのは「職能団体としての日本臨床心理士会がなくなるということ」と「資格としての臨床心理士がなくなること」は別の話なのではないか?ということです。

    是非とも教えてください。平井氏以外の方でも構いませんので。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑