Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

今、私が考える超現実的な心理師(仮称)資格その2─むしろ「役に立たない資格」にすべき

役立たず

昨日のエントリ、今、私が考える超現実的な心理師(仮称)資格その1─求められる「専門性」とは?の続きです。

国資格としての心理師(仮称)に関連する団体に共通する専門性を考えると、そこには恐らく「心理学」ということくらいしか残らないだろうということを昨日は述べました。

心理職の国資格創設の問題において、多くの方が問題としているのが「果たして臨床心理職としての専門性は保たれるのか?」ということです。しかし、その考え方がそもそも間違っているのではないかと私は思います。

いっそのこと、心理師(仮称)は「大学(または大学院)で心理学を修めた」ということを証明するという、いわば日本心理学会が認定する認定心理士臨床心理士と間違われがちですが、全く別の資格です)と同じような位置づけの資格にしてしまえばいいんじゃないでしょうか。

そして試験内容は、昨日パンフレットを引用しました日本心理学諸学会連合(日心連)が行う心理学検定と同等くらいの難易度にするのがいいと思います。

…というか、心理学検定のサイトにはこう書かれております。

日心連は、49の心理学関係の学会が加盟する団体で、日本における心理学ワールドの統合と発展を目指して、平成11年より活動を続けております(http://jupa.jp/)。 そのひとつの活動の柱として、心理学関連学会等の認定する資格が20弱ある現状に鑑み、その統一について検討しておりますが、まずは基礎資格として大学学部卒レベルの資格試験制度を制定いたしました。

ここで述べられている「資格が20弱ある現状に鑑み、その統一について検討」というのは、まさに国資格としての心理師(仮称)のことでしょう。そして、「基礎資格」「大学学部卒レベル」とありますが、そこにはやはり臨床心理学的な専門性は存在し得ません。

「そんな資格は役に立たない!」とおっしゃる方もいらっしゃることと思います。

はい。そうです。役に立ちません

認定心理士の資格を持っていても、あるいは心理学検定に合格しても、それは単に「学部卒レベルの心理学的な知識を持っている」ことの証明にしかならないのですから。

でも私は、役に立たなくてもいい…いや、役に立たない方がむしろいいとも思っています。少なくとも心理師(仮称)資格自体は。

もし本当に「役に立つ」というレベルでの「臨床心理学的な専門性」を求めるのであれば、これまで述べてきたように修士レベルでは到底足りません。

7ねんまえにぼくがかんがえたさいきょうのりんしょうしんりしようせいかてい(13/10/16)
7年前に私が考えた理想の臨床心理士養成課程(13/10/21)

このブログを読んでらっしゃる皆さんも、ご自身が修士課程を修了した時点でのことを思い返してみてください。本当に「役に立つ」臨床家になってましたか?

ひょっとしたら修士課程の2年間で、ある程度「役に立つ」レベルの「臨床心理学的な専門性」を身につけることができていた人もいるかもしれませんが、それは例外的に能力の高い人でしょう。

少なくともそんな例外的な人を選別するような資格試験制度なんて、国資格の制度としてはなじみません。

また上記過去ログで私が述べたような養成課程は、私が現行の臨床心理士資格の改善案として考えたものであり、研修も含めた養成期間の長さを考えると国資格の制度としては非現実的だと思います。

国資格としての心理師(仮称)に中途半端な専門性を持たせて「心理学の専門家でござい」と言わせるんだったら、それ自体は「役に立たない」資格にしておいて「それだけ持っていても何の役にも立たない資格である」ことを世間にしっかりと知ってもらった方が、役に立たない臨床心理職を世に放つことがないという意味でよほど好ましいと思いますし、非常に現実的(そう、超現実的)です。

…という主張をすると「じゃあ、臨床心理職としての専門性はどうなるんだ?」というツッコミが殺到することと思います。

「資格取得者の自助努力に頼るのか?」とか「神の見えざる手によって役に立たない臨床家は淘汰され得るのか?」といったようなことを思われた方もいらっしゃるでしょう。

それに対する回答は…

…また長くなりそうなので、続きは次回に(引っ張ってすみません)。

実は昨日、Twitterでこの辺について思わずネタばらしをしてしまったのですが、語りきれていない部分も多かったので、次回こそは「臨床心理職の専門性」はどう担保するのか?について述べたいと思います…述べられるはずです。多分。

引き続きこの記事がイイネ!と思った人はtwitterでRTするか、Facebookでイイネ!してもらえれば、ガッシガシと続きを書いちゃいますよ(←超ステマ)。

はてなブックマークでブクマしていただいても、大変うれしゅうございます。(←狂おしいほどステマ)。

関連記事

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみて長くなりそうだったらまだ続く

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月19日だったので、約1ヶ月ぶり

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦 著『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』を読んでもいないのに批評してみる

最初にご注意。記事タイトルにもガッツリ書かせていただきましたが、ワタクシはこの本を読んでおり

記事を読む

スクールソーシャルワーク実践技術: 認定社会福祉士・認定精神保健福祉士のための実習・演習テキスト

「公認心理師と名称が似ているから国家資格成立後に臨床心理士は使えなくなる」論を唱えてた奴は前に出なさい

これまで何度かこのブログでも話したような気がするんですが、私の妻は社会福祉士の資格保持者であ

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (11件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. それだと、今現に役に立たない臨床心理士資格との区別がつかないでしょうに

  2. >すちゃらかCPさん

    そう。

    だからその程度でいいし、そもそもその程度しか期待できないのです。

  3. うーん。それは別にいいのだけれど、
    とりあえず、心理師がクライエントに害をなした時にその責任を問えるように法整備をして欲しいです。。。。
    それさえできれば僕は何でもいいと思ってるんですけどね。。。
    って、僕が書くと、なんかまた荒れるのだろうか。

    荒れたら消して下さい。

  4. >けろすけさん

    > 心理師がクライエントに害をなした時にその責任を問えるように
    > 法整備をして欲しいです

    私もその点については同意いたしますが、「心理師が害をなした」という因果関係を立証するのは困難な場合が少なくないと思います。

    そして、そんなけろすけさんが以下のブログをご覧になった時、どんな感想を抱かれるのか大変興味があります。

    精神科医の犯罪を問う – Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55

    特にこのカテゴリー辺りなど。

    精神科の治療と凶悪犯罪 – 精神科医の犯罪を問う – Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/folder/507153.html

    精神科の治療による自殺 – 精神科医の犯罪を問う – Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/folder/1287053.html

  5. rotemeisterさん>

     これねぇ。。。
     何ともコメントのしようが無いなぁ。。という感じです。
     実際厚生労働省は全く精神科医を信用してないですからね。
     前にもどこかで書かせて頂きましたが。。。。
     身から出たさびです。ホントに。申し訳なく思います。

     ただ、最近「精神科医なんかかかる意味は無い」と連呼するスクールカウンセラーが多くてホントに困ります。「あなたの不登校は個性だから心配しなくて良い」とか言われて、何年も適切な治療を受けられずに放置されている子どもが結構いる。でも、今は法律上、スクールカウンセラーが罰せられるんじゃなくて、学校に行かせなかった親が罰せられるんですよね。

     これはおかしい。

     でも、この問題は根深くて、精神科医の側がそれを否定する根拠、つまりは治療成績を市民に公開していないことにあるんで、まぁ、、、、、つらいなぁ、、、と言うところです。
     
     身から出たさびです。
     

  6. >けろすけさん

    コメントありがとうございます。

    > 「精神科医なんかかかる意味は無い」と連呼する
    > スクールカウンセラーが多くてホントに困ります。
    > 「あなたの不登校は個性だから心配しなくて良い」とか言われて、
    > 何年も適切な治療を受けられずに放置されている子どもが結構いる。

    もし本当にそんなSCがいて、明らかにクライエント(患者)の不利益となっているのであれば、そのSCの所属している都道府県臨床心理士会か、あるいは日本臨床心理士会にご報告差し上げればいいんじゃないでしょうか?

    日本臨床心理士会の倫理綱領にはこうあります。
    http://www.jsccp.jp/about/pdf/sta_5_rinrikoryo0904.pdf

    第8条 相互啓発及び倫理違反への対応
    1 臨床心理士として不適当と考えられるような臨床活動や言動に接した時には,当該会員に自覚を促すこと。

    もし、当該SCの関わりによって対象者が明らかな不利益を得ている(得ていた)ことが明らかになれば、当該SCには少なくとも何らかの指導がなされることでしょう。

    何もなされないのであれば、報告した先の臨床心理士会がこの倫理綱領に反するわけで、そこには法的な拘束力はありませんが、大々的に批判されてしかるべき状況になるはずです。

  7. rotemeisterさん>
     
     うーん。実はうちの県は、複数の隣県から多数のSCが流入してきていて、その人がどの県士会に入ってるのか良くわかんないんですよね。それに、結構多数ですし。

     ま、どちらかというと大々的に批判して頂く方向に話は進んでいます。学会でも報告しますし。

     でも、治さない精神科医が悪いのか、精神科に行っても治らないというSCが悪いのか。卵が先か、ニワトリが先か。と言うわけで、私は、まず精神科医側を批判します。

  8. 超現実的って、シュールなアイデアではなく「非常に現実的」の意だったんですね(汗

  9. 公認心理士資格を役に立たない資格にしろという主張は本末転倒。

    役に立たない資格ならばそもそも国家資格にする必要がない。
    現場で必要で専門的な技能を持つ心理士が必要で,かつそれを保証するためにその資格を国家資格にするべきだという前提があるわけで,あなたの主張はこの前提に反している。全く意味のない主張。

  10. >だらはさん

    コメントありがとうございます。

    > 現場で必要で専門的な技能を持つ心理士が必要で,
    > かつそれを保証するためにその資格を
    > 国家資格にするべきだという前提があるわけで,

    この「心理士」が現行の臨床心理士資格だとしたら、「その資格を国家資格にするべきだという前提」はそもそもありません。

    「役に立たない資格にすべき」という理由は私なりに本文に明記したつもりではありますが、それを理解された上で異なる意見を持つというのであれば、それはそれでいいんじゃないでしょうか。

  11. こちらこそコメントありがとう。

    >この「心理士」が現行の臨床心理士資格だとしたら、「その資格を国家資格にするべきだという前提」はそもそもありません。

    私が上のコメントで書いた”心理士”は臨床心理士を指しているのではない。現場で必要となる専門性をもった心理士を国家資格にすべきだという前提は
    http://www.jsccp.jp/suggestion/license/pdf/shikaku-QA.pdf
    のQ1にある。

    また,心理師の国家資格を”持っているだけでは役に立たない資格”にすれば良いということだが,この主張は前にも書いた通り意味がない。なぜなら,その程度の資格ならばわざわざ国家資格にする必要がないからだ。一定の専門性を有しているからこそ与えられるのが資格であり,それを国家レベルで保証しているのが国家資格だからだ。
    だから,公認心理師の国家資格を法制化するのであれば,原則持っているだけで役に立つ水準を想定すべきだ。

    加えて,そもそもわれわれが”心理師資格は持っているだけでは役に立たないものにするべき”と議論すること自体も意味がない。なぜかとういうと,その資格の有効性を決定できるのはあくまで市場(例えば雇用者)だからだ。雇用者がこの資格は持っているだけでも役に立つと思えば,その有資格者を採用するし,そう思わなければその資格を持っているだけでは採用しない。だから,たとえわれわれが”心理師資格は持っているだけで役に立たない!”と主張したところで,雇用者が”いや,持っているだけで役に立つ!”と思えばそれまでとなる。

    と,好き勝手書いたが,個人的にここのブログの記事は非常に興味深く拝見されてもらっている。私のコメントは非常にネガティブなものになってしまったが,このブログに対する否定的なものではないことを強調しておく。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑