Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【ご恵贈】山内俊介著『専門家のための「本を書こう!」入門』【感謝!】

「本を書こう!」入門

今年最後のご恵贈本になります。

先日いただきました。こちら。専門書…ではなく、専門書を書くための本です。

本を書きたい、本を書いてみたい、本を書くようにまわりからよく言われるという専門家の方は多いかと思います。

でも、何からはじめればいいのかわからない、自信がない、という方がほとんどでしょう。

この本は、そんな専門家のために、本を書くノウハウをまとめたものです。

何から手をつければいいのか、今まで書いてきた論文や雑文などはどう使うのか、どう書き出せばいいのか、タイトルのコツは……など、具体的なことばかりを述べました。

医学書や心理学の本など、百数十冊の専門書や専門雑誌を作り、1000人を超える専門家・研究者と仕事をしてきた編集者が教えるハウツーです。

編集者としての知見をここにぎゅっと詰めました。

2009年に電子書籍として刊行したものの,リアル書籍版です。

山内俊介=株式会社 遠見書房 代表取締役。

40代の編集者。専門書出版社で150冊ほどの本・雑誌の編集業務にかかわる。2008年末に退社し,遠見書房を立ち上げた。創立から5年がたった2013年末で出版点数は,65点。

出版社の紹介ページでは、目次と「はじめに」が読めます。

『専門家のための「本を書こう!」入門』(書籍版) 遠見書房

そして、2009年に電子書籍版が出た際のブログ記事がこちら。

遠見書房 発行人ブログ「チラ裏」: 【遠見書房主謹製】専門家のための「本を書こう!」入門【PDF出版】

今年も大変お世話になりました、遠見書房代表取締役 山内俊介氏が書いた本です。

目次を読んでいただければわかるかと思いますが、とにかく「一冊の専門書を書き上げるにはどうすればいいのか?」というテーマについて、発想から具体的な企画化、そして文章のテクニックまで、微に入り細に入り書かれております。この細やかさは著者である山内氏の仕事ぶりを反映したものなのだろうなあと、容易に想像出来る、そんな感じの一冊です。

このブログの読者の皆さんの中にも、いつか本を書きたいという方がいらっしゃると思います。あるいは今、実際に本の企画をされている方、執筆中の方もいるかもしれません。

そうした方々はもちろんですが、書く予定は全くないんだけど…という方にとっても、興味深く読める一冊なのではないかと思います。大体皆さん、専門書を読む事は多いと思いますが、この手の本を読む機会は全くないでしょうし、類書は少ないんじゃないかと思うんですよね。心理学・精神医学の分野に特化したとすると、恐らく類書は皆無でしょう。

そんなに高い本でもないですし、興味のある方はポチっとしてくださると良いのではないかと。

…ということで、来年もオススメの本がありましたら皆様教えてくださいませ。

そしてお送りいただければ確実にご紹介させていただきます。是非ともよろしくお願いいたしますです。はい。

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑