Twitter上の「2013年に出版された心理学・精神医学関連書籍まとめ」が面白い #心理学の本2013

心理学の本2013

昨年末、サイパブさん(@psypub)の呼びかけにてTwitter上で始まったこの企画。なんかもう恒例になった感もあります。

当ブログの読者の皆様は恐らく多くの方がご存知だとは思いますが、Twitterをやってない方もいらっしゃるかと思いご紹介。

既に投稿募集は終了し、ツイートのまとめが作成されております。

2013年に出版された心理学・精神医学関連の書籍をまとめました。Togetterまとめ

出版不況が叫ばれて久しい昨今であり、実際に厳しい話も色々と耳にしたりはしますが、それでも1年間でこれだけの(しかもここに挙げられたのはごく一部)心理学・精神医学関連書籍が出ているというのは、臨床心理学者の端くれ(しかも自称)である私にとってうれしいことであったりします。

紹介されている中で読者の皆様も興味のある本がありましたら、是非ともポチっとするといいですよ。

Amazonさんでは買いたくない!という方は是非以下のリンク先からどうぞw

紀伊國屋書店

セブンネットショッピング

楽天ブックス

あと、まとめの最後の方では番外編として“#心理学の論文2013”という企画もまとめられています。なかなか面白げなので、そちらも是非ご覧ください。

今年もたくさんの良書・良論文と出会えればいいなあと思う今日この頃なのでした。

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑