論文の刊行年、西暦2000年は「昔」?「最近」?

昔のイメージ

最近、若い心理職と話をしていた時、文献検索していてヒットしたのが2000年刊行の論文だったそうで。

その人が言うには「そんな昔の論文しかない」「最近はその分野の研究はほとんどない」とのことで。

…2000年刊行だと「昔」の論文になってしまうのか…。

確かにまあ、考えてみたら14年前ですから。その頃生まれた子どもも今や中学生ですよ。

ただ、私の中では2000年って「最近」なんですよねえ。

実際、引用文献として集めてる文献だって、普通に1990年代や1980年代のものもありますからね。

…いや、やっぱり「最近」というのはさすがに厳しいかもしれません。

というか、まあこれが「年をとる」ってことなのでしょう。

そんなこんなで本日の更新は小ネタで失礼いたします。

関連記事

肩もみ

ネタがないわけではないのですが…

ネタがないわけではないのですが、今日は簡易更新で。 なぜならば! 今日はこれから

記事を読む

リハビリ

リハビリ的に投稿してみる

2016年12月31日以来、実に263日ぶりのブログです。 ぶっちゃけ、ブログの書き方

記事を読む

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ?

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

公園に転がっていたどんぐりと落ち葉

筑波大の学生らが福島の子ども達にドングリを贈る…ってそんなに良い話なのか?

昨年末、いくつかの媒体(主に新聞のネット記事)でこんな話題が取り上げられておりました。

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑