日本臨床心理士養成大学院協議会(臨大協)の“公認心理師案要綱骨子(案)における「医師の指示」についての意見書”

日本臨床心理士養成大学院協議会

昨日のエントリ、日心臨の「公認心理師」(仮称)受験資格教育カリキュラム案と臨大協の抗議文書で、日本臨床心理士養成大学院協議会(臨大協)が日本心理臨床学会理事長に抗議文書を提出した件を取り上げましたが、私が記事をアップした後、臨大協のサイトにこんな文書が掲載されました。

公認心理師案要綱骨子(案)における「医師の指示」についての意見書(※PDF注意)

Twitterにて情報をくださったΤακäħjrö Ιŋøüé (@inotti_ele)さん、ありがとうございます。

さて、ざっと読んでいきましょうか…。

…と思ったんですが、この文章についての感想として、twitterでのafcp(@afcp_01)さんの感想が私の感想に近かったので引用します。

現場のことを考えると「指示」のままの場合、心理職のみならず医師にとっても負担が大きすぎるため、最終的には「指示」ではなく「指導」に落ち着くのではないかと私は楽観視していました。

しかし、afcpさんのおっしゃる通り、この流れの中で再び様々な確執が再燃するのではないかという危惧が私の中では出てきました。あくまでも「私の中では」ですが。

そして、こちらの発言も興味深いです。

陰謀論的に見ていくと「ある方々のブログ」の中の人(の一人、あるいは複数)が「上の方」だったりして…

…なんてね。

あ、最後にもう一つ、細かいことですが。

この「意見書」の「4」にこんな記述があります。

臨床心理士等の心理職の国家資格化が求められる背景には

これ、単なるミスなのでしょうか?それとも意図的にミスリードを誘ってるのでしょうか?

今、現実的に求められ、進められているのは「臨床心理士等の心理職の国家資格化」ではなく「心理職の国家資格創設」のはずです。

願望が出たのか、あるいは何らかの意図があるのか…。多分、この文章を書かれた偉い方にうかがえば、そりゃあ「単純な間違い」と言うんでしょうけれども…。

そんなこんなで要チェックな文書であることは間違いないです。未読の方はお読み下さいませ。

※21:15追記:私は一貫して「指導」派ですのでお間違えのないよう…

関連記事

secondaryロゴ

「心理学をもっと身近に」のセカンダリー(secondary)さんがニコ生で「公認心理師法を読む!」 @yksn22 @secondary_jp

公認心理師推進ネットワーク(略称:CPN)の後援もしていた合同会社セカンダリー(second

記事を読む

公認心理師の資格取得方法について

現時点でワタクシの考える【公認心理師資格試験対策】

公認心理師がらみの話題って、今取り上げるとかなり可燃性が高い(炎上しやすい)気がするのでアレ

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみて長くなりそうだったらまだ続く

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月19日だったので、約1ヶ月ぶり

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック (1件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. ロテ職人様

    いつも色々な情報にアクセスしやすくしていただいてありがとうございます。

    私も「指示」については医師の側の負担を考えると現実的ではないので、早晩「指導」に落ち着くのではないかと楽観しておりました。
    忙しい精神科医が事細かに指示を出すなど考えられないですし、指示を出すことが望ましいということになれば保険点数がつくはずです。それは厚労省が嫌がるでしょう。

    ただ、医療心理士と臨床心理士の二資格法案の時は、どちらも医療の知識や経験があるということが当然と思われていたので、医療領域以外まで医師の力を及ばせようとは考えなかったのだと思いますが、現在カウンセラーと呼ばれる仕事をしている人の中には医療領域の知識も経験も乏しい人が無視できないほどいて、そういう人も国家資格を取るという現状を考えると、利用者のために主治医の目が届くようにしたいと考えるのは、理解できるように思います。
    私は臨床心理士以外の心理職と一緒に仕事をする機会があって、ひやひやすることがあるのでそう考えますが、心理職=臨床心理士という世界で生きている人は臨大協の意見書のように、「指示」に対して怒りを感じるだろうなとは思います。でも理解はできるけど賛同はできません。

    大学院の先生方はリアル精神科医をほとんど知らないでしょうし、実際に臨床をしていたのも一昔前だったりします。いや自分は臨床を大事にしていて時間を割いていると言われる人もあるかもしれませんが、大学院教授・准教授の肩書きでする仕事です。今の大半の臨床心理士の現実を本当にはご存じないのではないでしょうか。

    思うに、医療領域以外で主治医がいる場合、互いの見立てが一致していればその人に必要なことの見立ても一致するので、問題はほとんどないのではないでしょうか。たいていの心理職は精神障害のエキスパートだとは思っていないので、主治医の意見を尊重するでしょう。尊重しながら仕事をする中で患者さんが悪くなっても、たいていの良心的な精神科医は心理職のせいにはせず、病気の力が強いためと考えるのではないでしょうか。この場合、指示でも指導でも連携でも、事態は特に変わらないと思います。
    問題は見立てが違う時です。精神科医の誤診のこともありますし、心理職が気づかなかったと言うこともあります。トンデモ精神科医、トンデモ心理職の場合も問題となるでしょう。心理療法嫌いの精神科医も少なくないですし、カウンセリングなんて行っても無駄だから行くなと言われるかもしれません。そうした時に指示か指導かは大きな意味をもつのかもしれません。そういうことは議論してほしいと思います。でも、臨大協の意見書の2のような書き方は、afcpさんの言われるとおり、精神科医を妨害者のように侮辱的に書いていて読んでいて不愉快です。ほとんどの精神科医は協力的と思います。というか、そう思うところからコラボレーションは始めるべきではないのでしょうか。

    知り合いに30代で会社をやめ、貯めた貯金を使って大学院に入って臨床心理士の資格を取った人がいましたが、元同僚が自分より少ないお金と短い期間で他の心理関連の資格を取り、自分と同じくらいの収入を得ていることに驚いていました。もちろん低いレベルで同程度ということです。大学院での指導に失望していたこともあり(そこそこ名の通った私大でした)、その頃は明らかに後悔していました。その後どうしたかは知りません。臨床心理士の方が汎用性が高いので、仕事を増やすことが出来ているかもしれません。臨床心理士の方がネットワークが広いので(その人にある程度社会性があれば)、就職口の声をかけてもらえる可能性も大きいと思います。臨床心理士が他の心理職より有利に仕事をしていることは認めます。でもそれもある程度経験を積んでからです。最近の若い人は経験を積む機会すらめぐってこないと聞いています。

    二資格法案の時に資格を作っておけば、今のような資格乱立は起こらなかったでしょう。そもそもこんなに大学院を作って粗製乱造をしなかったら、臨床心理士の価値の下落も起きなかったのでしょう。それが見通せなかった、あるいは防げなかった先生方が、また臨床心理士にこだわって国家資格創設を壊すなら、10年後、この業界はどうなっているのでしょうか?

    またエキサイトして長文を書いてしまいました。
    何とか良い落としどころが見つけられたらと思います。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑