Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

公認心理師法案に対する各団体の動きと「臨床心理士」の名称使用制限について

逆光の国会議事堂

昨日のエントリ、NHKニュースで「公認心理師」取り上げられる。あと「応援ブログ」についての続きというか続報というか。

関連する団体から、色々と文書が公表されておりますので、とりあえずそちらへのリンクをまとめます。

ほとんどはTwitterにて、Τακäħjrö Ιŋøüé(@inotti_ele)さんからいただいた情報です。いつも情報提供ありがとうございます。

日本臨床心理士養成大学院協議会(以下、臨大協)が知らぬ間に怒濤の勢いで更新されておりましたので主にそちらから。

まずは5月2日づけ、臨大協から会員校(全国の臨床心理士指定大学院)代議員へ送付された「資格問題につきまして」という文書。

資格問題につきまして(※PDF)

5月15日づけ、福岡女学院大学大学院人文科学研究科 臨床心理学専攻教員一同、久留米大学大学院心理学研究科 臨床心理学専攻教員有志一同(代表:津田彰氏)、山口大学大学院教育学研究科 恒吉徹三氏から、臨床心理士資格認定協会(以下、認定協会)理事会と臨大協理事会宛、“『公認心理師法案骨子案』の公表を受けてご報告とお願い”。同日、久留米大学大学院心理学研究科 臨床心理学専攻教員有志一同、福岡女学院大学大学院人文科学研究科 臨床心理学専攻教員一同から、福岡県内臨床心理士養成指定大学院研究科長宛の“今後の対策に対する協働のお願い”。

『公認心理師法案骨子案』の公表を受けてご報告とお願い(※PDF)
『公認心理師法案骨子案』の公表を受けて臨両心理士養成指定大学院としての今後の対策に対する協働のお願い(※PDF・文書タイトルは原文ママ)

5月26日づけ、臨大協理事会から、福岡女学院大学大学院人文科学研究科 臨床心理学専攻教員一同、久留米大学大学院心理学研究科 臨床心理学専攻教員有志一同(代表:津田彰氏)、山口大学大学院教育学研究科 恒吉徹三氏宛、“要望への返答”。

http://www.jagpcp.jp/jagpcp20140526.pdf(※PDF)

5月20日に公明党との資格問題についての意見交換会が開催。それを受けて、臨大協による公認心理師問題についてのまとめ第2報。

資格問題につきまして – 第2報 —(※PDF)

5月29日づけ、開業臨床心理士協会から出された緊急声明

「公認心理師法案骨子(案)」に関する緊急声明(※PDF)

そして、京都(4月28日づけ)、三重(5月7日づけ)、新潟(5月19日づけ)、兵庫(5月24日づけ)、各府県臨床心理士会からの要望書・要求書も。

『公認心理師法案要綱骨子(案)』への対応に関する要望(京都府臨床心理士会 会長 濱野清志氏)(※PDF)
『公認心理師法案要綱骨子(案)』への対応に関する要望(三重県臨床心理士会 会長 鈴木誠氏)(※PDF)
『公認心理師法(案)』への貴会の対応に関する要求書(新潟県臨床心理士会 会長 中村協子氏)(※PDF・日本臨床心理士会会長 村瀬嘉代子氏・日本臨床心理士会資格法制化プロジェクトチーム代表 野島一彦氏宛)
「公認心理師法案要綱骨子(案)」に関する要望(兵庫県臨床心理士会 会長 羽下大信氏・同会資格問題検討委員会 )(※PDF)

5月26日づけ、精神科七者懇談会((社)日本精神神経学会・精神医学講座担当者会議・(社)日本精神科病院協会・国立精神医療施設長協議会・(社)全国自治体病院協議会・(社)日本精神神経科診療所協会・日本総合病院精神医学会;以下、七者懇)からの要望書。

心理職の国家資格化に関する要望書(※PDF)

あと、文書上の日付は前後しますが、4月28日づけ、認定協会業務執行理事会から臨床心理士各位へのお知らせ。

「臨床心理士」各位へのお知らせ(※PDF)

以上は臨大協のサイトからの情報です。

あと、新潟県臨床心理士会のサイトに、日本臨床心理士会の“資格問題の諸情報・電子版速報No.16”が掲載されています。当の日本臨床心理士会のサイトには、6月3日8:00現在、まだ掲載されてはいないんですが。

資格問題の諸情報・電子版速報No.16(日本臨床心理士会)(※PDF)

さて、ここでようやく本題。

上記、新潟県臨床心理士会のサイトにこんなことが書かれております。

臨床心理士を名乗ると法律違反に?

精神科七者懇談会より、公認心理師のカリキュラム作成にあたり精神科七者懇談会が参加する仕組みが必要であること、名称の使用制限において類似する名称(臨床心理士もこれに該当します)に対する対応を検討すること、法制度全般について精神科七者懇談会・医学系団体等の関連諸団体と協議可能な仕組みを設ける必要があることなどを求めた要望書が出されています。

名称云々については、七者懇の心理職の国家資格化に関する要望書を受けてのものです。該当部分を引用します。

4. 第四十三条 名称の使用制限
この条文案について、公認心理師の法制化以降、類似する名称との混乱が生じる場合には、類似する名称に対する対応を検討する必要があります。

私個人の考えとしては、公認心理師が出来たとしても、臨床心理士資格がそのまま(あるいは多少形を変えたとしても)存続するのならそれほどに困らないと思っています。この点についてはこれまで何度か主張してきましたし、今のところはその主張を変えるつもりもありません。

しかし、臨床心理士の名称の使用が制限されるのならば、それは困ります。

新潟県臨床心理士会のサイトには「名称の使用制限において類似する名称(臨床心理士もこれに該当します)」と明記されておりますが、「臨床心理士が公認心理師に類似する名称である」ということは誰か七者懇に対して確認したのでしょうか?あるいは「当然そうだろう」という憶測に基づいた記述なのでしょうか?

例えば「認定心理師」とか「公認心理士」とか、あるいは「認定心理士」とかであれば、かなり「類似する名称」だと私は思います。ただ、これすら「類似する」の基準は明らかではありません。

だからこそ「対応を検討する必要があります」となっているのだと思いますが、新潟県臨床心理士会の担当の方が「臨床心理士もこれに該当します」と書かれた根拠は何なのでしょうか?それだけが気になります。

「些細な問題だ」とおっしゃる方もいるかもしれませんが、私個人にとっては大問題です。誰か詳しい方がいらっしゃったら、教えてくださるとありがたいです。もちろん、当事者の方でも構いません。

どうぞよろしくお願いいたします(100%他力本願)。

関連記事

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみて長くなりそうだったらまだ続く

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月19日だったので、約1ヶ月ぶり

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦 著『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』を読んでもいないのに批評してみる

最初にご注意。記事タイトルにもガッツリ書かせていただきましたが、ワタクシはこの本を読んでおり

記事を読む

スクールソーシャルワーク実践技術: 認定社会福祉士・認定精神保健福祉士のための実習・演習テキスト

「公認心理師と名称が似ているから国家資格成立後に臨床心理士は使えなくなる」論を唱えてた奴は前に出なさい

これまで何度かこのブログでも話したような気がするんですが、私の妻は社会福祉士の資格保持者であ

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑