Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

ピアノのコンクールに出る娘達に思うこと

ピアノの中身

今年、我が娘達はピアノのコンクールに出場します。どちらも幼稚園の年中からピアノを始めたので、5年生の長女はピアノ歴7年目、2年生の次女はピアノ歴4年目にして初のコンクールとなります。

それに照準を合わせてというわけでもないのですが、実は娘達は4月からピアノ教室を移り、新しい先生に習っています。月謝は若干上がったものの、それ以上にしっかりと指導していただいており、ありがたい限りだなあと思ってます。

そんなコンクールについてぼんやりと思う所を書いてみます。

とにかく、頑張っている娘達を見るにつけ、私は「すげえなあ」と思います。「自分はこんなに努力したことがあるだろうか?」とも思ったりします。

確かに中学、高校の頃、同じように部活で音楽はやっていて、それなりに頑張っていたつもりではありますが、今の彼女達はそれを上回る努力をしているように父親である私には見えるのです。これは単なる親バカ効果ではないと思うのですよね。

今年のコンクールがどんな結果であったとしても(そもそもコンクールの結果なんて運の要素も多分に入ってきますので)、こうして努力したこと自体は、彼女達にとって決して無駄にはならないはずです。

それと同時に思うのは、もし今後、彼女達が芸術の道で生きていくとしたらそれは「修羅の道」であろうということです。

この努力を何年、何十年という単位で継続していくこと自体が至難の業ですし、それで結果がついてくるかどうかはまた別の話です。

正直、芸術の道を極めることを考えれば、勉強で、例えば日本全国の同年代の上位10%くらいに入る方がよほど楽でしょう。

彼女達にとって何が幸せなのか、それは彼女達自身が見つけていくことではあるのですが、親としては「修羅の道」を歩ませたいとは思えないのです。

…なーんて、まだまだ先のことを心配していても仕方ないんですけどね。ただ、ピアノに関して言えば小学校高学年から中学校くらいで明らかに技量の差が出てくるので、そういう意味では将来を考えるのが早すぎるということでもなかったりします。

ってなわけで、埋め草的に書いてみたら思いの外、深刻な感じになってしまいました。

おちこんだりもしたけれど、私はげんきです」なんて往年の名キャッチコピーを丸パクリして締めの言葉とさせていただきます。

関連記事

交響組曲『ドラゴンクエスト4』

自分の「派手なクラシック音楽好き」の原点はひょっとしたらドラクエのオーケストラ版なのかもしれない

最近、ひょんなことから次女とドラクエをやっているのです。DS版の。 つい先日、4をクリ

記事を読む

子どもクッキング

次女のために子ども向け料理本を買ってみた

最近、次女が料理に凝っておりまして。それ自体は良いことだと思うのです。 ただ、何と言い

記事を読む

ちはやふる 第1巻

今さら『ちはやふる』にハマってしまったワタクシなのです

別に例の実写映画化からの…ではないのです。 ・「ちはやふる」末次由紀先生が語る、実写化

記事を読む

東京ディズニーリゾート便利帖第3版

次女と2人でTDLに行くことになったのでちょこっと調べてたら『東京ディズニーリゾート便利帖』の改訂版が出ていた

近々、小3の次女とワタクシの2人で東京ディズニーランドに行くことになりました。 3月生

記事を読む

少年少女 日本の歴史

学習漫画 日本の歴史 小学館か集英社かどちらを買うか迷ってる

我が家の娘も早いものでもう小6ですよ。 6年生になると社会の授業には歴史が含まれてくる

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (2件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. お父様であるロテさんも「心理」という「修羅の道」を歩んでるから、影響されてるのかもしれませんね、なんて思いました。
    >この努力を何年、何十年という単位で継続していくこと自体が至難の業ですし、それで結果がついてくるかどうかはまた別の話です。
    ってところ、素人ながらに、臨床にも当てはまるのではないかと思いました。

  2. >ハーネスさん

    コメントありがとうございます。

    「心理の道」は「修羅の道」…なのですかねえ…。

    だから私は研究志向が強いのかもしれません。臨床は自分が頑張ってる(頑張ってると思っている)からと言って、結果がついてくるかというとそういうわけでもないんですよねえ。多分。

    相対的には研究の方がわかりやすく結果が出ますからね。リジェクトされる可能性はあるとは言え、業績は数としてわかりやすいですから。

    それが子どもに影響を与えているかどうかはわかんないっす。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑