Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

臨大協の「公認心理師法案の国民と臨床心理士への影響について」に全く意味不明な部分がある件

お前は何を言っているんだ

いつもお世話になっております、Τακäħjrö Ιŋøüé(Twitter ID:@inotti_ele)さんより、情報いただきました。ありがとうございます。

日本臨床心理士養成大学院協議会(以下、臨大協)が昨日、「公認心理師法案の国民と臨床心理士への影響について」という文章を出したそうです。

公認心理師法案の国民と臨床心理士への影響について(※pdf注意)

資格問題につきまして―第3報―(※pdf注意)にはこう書かれております。

●本法案におきまして重要なポイントである第四十二条の「医師の指示」につきまして、当協議会では、「公認心理師法案の国民と臨床心理士への影響について」として文書でまとめましたので、会員校におかれましては、お目通しいただき、ご意見を頂戴できれば幸甚です。

ということで、「〜影響について」の文書内では、私が何度か言っている「医師の指示」関連の「具体的な」問題が列挙されております…具体的でない物も多々含まれてはおりますが。

私から見ていくつか良い点もあり、ツッコミどころもあるのですが、この中で一部、全く意味不明な部分があります。そこに言及せずにはいられなかったので、取り急ぎこの一点だけに絞って記事を書きたいと思った次第。

その「全く意味不明な部分」とは…

「2 大学院修了したばかりの若い人への影響」のこちら。

③ 臨床心理学が心理学の一分野として位置づけられ、心理臨床学の独自性がなくなり、専門職としてのアイデンテイテイを持てなくなる可能性が生じる。

…一体何を言っているのでしょうか?

「公認心理師法案」が成立すると「臨床心理学が心理学の一分野として位置づけられ」「心理臨床学の独自性がなくなり」「専門職としてのアイデンテイテイを持てなくなる可能性が生じる」…思わずまた繰り返してしまいましたが、何度読んでも意味がわかりません。

まず「臨床心理学が心理学の一分野として位置づけられ」の意味が全くわかりません。前提として「臨床心理学は心理学の一分野ではない」というのがあるんでしょうね。恐らく。

百歩譲って…いや百万歩譲って臨床心理学が心理学の一分野でなかったとして、そこに位置づけられてしまうのは否定的なことであると捉えられるわけですね。

その理由は「心理臨床学の独自性がなくなるから」である、と。

…えーと…

「心理臨床学が臨床心理学とは異なる独自の専門性を持った学問である」と考える偉い先生がいるのは、それは別にいいです。私はその考えに賛同はしませんが、かと言ってそういった考え方をする人を変えようとは微塵も思いません。

でも心理臨床学が臨床心理学とは別物なのだとしたら、臨床心理学が心理学の一分野として位置づけられることは何ら問題はないのでは?別物なんだから。

そもそも前提となっている「臨床心理学は心理学の一分野ではない」という考え方ですが、それはつまり「臨床心理学は心理学の一分野である」という考えを頭から否定しているわけですよね。

臨大協の会員校の中には、色んな考え・思想を持った教員がいることでしょう。恐らくその中の少なくない人数が「臨床心理学は心理学の一分野である」と考えているのだと思うのですが、そういう考えを臨大協は(あるいはその一部の先生は)否定されるわけですね。

なんか恐ろしい思想統制の様な気がするわけで…。

そりゃあ、心理学ワールドが一つになって初めて成立した「公認心理師法案」に反対もするわけですねえ。だって「心理学ワールド」の中に組み込まれたら困るんですよね。独自性がなくなっちゃうから。

そんなことで保たれなくなる「専門職のアイデンテイテイ」って一体何なんでしょ?

「臨床心理学が心理学の一分野として位置づけられ、心理臨床学の独自性がなくなり、専門職としてのアイデンテイテイを持てなくなる可能性が生じる」の合理的な解釈の出来る方がもしいらっしゃるのであれば、是非とも教えてくださいませ。

…なんか一気に脱力した感じでございますよ。

関連記事

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみて長くなりそうだったらまだ続く

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月19日だったので、約1ヶ月ぶり

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦 著『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』を読んでもいないのに批評してみる

最初にご注意。記事タイトルにもガッツリ書かせていただきましたが、ワタクシはこの本を読んでおり

記事を読む

スクールソーシャルワーク実践技術: 認定社会福祉士・認定精神保健福祉士のための実習・演習テキスト

「公認心理師と名称が似ているから国家資格成立後に臨床心理士は使えなくなる」論を唱えてた奴は前に出なさい

これまで何度かこのブログでも話したような気がするんですが、私の妻は社会福祉士の資格保持者であ

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (4件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 臨大協や認定協会の要望や主張がどんどんと現実と乖離していくように感じます。

    1つ1つの内容もそうなのですが、この主張や内容が本当に正当だと思っているのならば
    チームアプローチということはまったくできない存在である資格だと露呈しています。
    権威主義的で、医師の指示だけでなく、他の専門職をバカにしすぎではないでしょうか。

    また、独立した立場で、濃厚な?治療関係において雑音をいれてほしくない、というのならば
    その方をとりまく周囲の環境との信頼関係を含めた調整と共有が必要になるのでは。
    それか、まったく日の目をみることはないけども密かに非常に治療的な関わりを自費でしていくということでないの。それなのに脚光をあびたい、認められたい・・自己矛盾してませんか?

    この臨大協の声明を書いた人はできるのかもしれませんが、そこまで治療的な力量があるようにしていくトレーニングが現在の指定校の枠組みでできていると自負されているのか。
    正直、専門的なトレーニング(定期的なSVや教育分析)を10年以上していても到達できないような側面を、なぜ指定校をでていればすぐできると勘違いした若手を輩出し続けるのか。

    国家資格の問題と、質の問題(これは内的な課題)、ゴチャゴチャにしていませんか。

    臨大協、認定協会の考えだと結局は、国家資格など必要ないといいたいだけでは。
    自浄作用がないから、指定校が164校もあるんでしょうけど。

    正直、限られた学会や研修会の中でのたまっている程度ならみすごせますけども、
    公の主張としてされていることには、だまっていられなくなります。

    乱文しつれいいたしました。

  2. おっと、ロテさんのブログをディスってる訳ではありません。
    コメント欄をおかりして、臨床心理士×国家資格のあれこれの不満を述べてみました。

    その意味では、有志の会の人々にもいいた部分ではありますね。別に臨床心理士である必要なくね?って声がきこえてくるようになりませんか?それが私の幻聴であるうちはいいですけど、直にいわれる段階に近づいてる気がします。

  3. >なんとなくさん

    コメントありがとうございます。

    disられている感じはしませんのでご心配なく。

    臨大協もその主張をもっと絞ればいいのに…と思うんですよね。

    アレもコレもと盛り込んでいった結果、「深夜に書いたラブレター」状態になってしまっているのではないかと思ってしまいます。

    ちゃんと自分で書いたの読み返してるのかな?って感じです。

  4. ロテ職人様

    なんとなくさんが、自分のコメントは「ディスってる訳ではありません」と書かれていますが、もしかして私のコメントはディスってる感じになっていたのでしょうか?
    すいません。腹が立って余裕のない文章になってしまって。私もそんなつもりはありません。
    今ひとつ、「ディスる」もわかっていないのですが、不慣れなものでご容赦を。m(_ _)m

    臨大協もひどいですね。
    でも会員校はもっとドライに、どっちについた方が得かを考えるのではないかなと思います。
    っていうか、そういう声がもう聞こえています。
    システムを変えるコストと、国家資格という高校生・保護者受けのいいアピールポイントとを、天秤にかけているようです。
    感情的な対立は成立後、互いにやりづらいし、そろそろ反対派はあきらめていただきたいと思うのですが、無理ですかねえ。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑