『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』がようやく出てました

DSM-5 診断・統計マニュアル

今さら感はありますが、一応、以前Twitterにてご紹介はさせていただいておりました。

あれですかね。先日の精神神経学会に合わせての出版だったのでしょうかね。

こちら。

精神疾患の世界的な診断基準・診断分類、19年ぶりの大幅改訂!

米国精神医学会(APA)の精神疾患の診断分類、改訂第5版。
DSM-IVが発表された1994年以来、19年ぶりの改訂となった今回は、自閉スペクトラム症の新設や双極性障害の独立など従来の診断カテゴリーから大幅な変更が施されることとなった。
また日本語版については、日本語版監修として新たに日本精神神経学会が加わった。

Amazonさんでは現在品切れ中です。

「入荷時期は未定です」となっておりますが、恐らくしばらくしたら在庫は補充されることでしょう。

まあ、定価21600円ですからね。必要な人は買うでしょう。

ポケット版が出たら、そちらは私も買います。

そういや、精神神経学会のサイトに病名・用語翻訳ガイドラインなる文書が載っておりますので、そちらもご参照くださいませ。

DSM-5病名・用語翻訳ガイドライン公益社団法人 日本精神神経学会

欲しい方は是非ともポチっとどーぞ。

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑