Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【ご恵贈・感謝!】姜昌勲著『大人の発達障害診療マニュアル―7つのステップでわかる大人のASD・ADHD』【祝・復帰!】

大人の発達障害診療マニュアル

14/04/10のエントリ、姜昌勲先生(@kyo556)のご回復お祈りいたしておりますでお知らせしたように、“きょう こころのクリニック”の院長の姜昌勲(きょうまさのり)先生が、トライアスロン参加中に倒れたとのことで。

そんなきょう先生、今ではお仕事にも復帰され、ボチボチとリハビリ中とのこと。

本当に良かったです。

7月から完全復帰です。ぼちぼち生きます。きょうクリいんちょうブログ

さて本日、きょう先生の最新刊をご恵贈いただきました。

発達障害の患者さんは急増を続けています.しかし,発達障害,なかでも「大人の発達障害」は難しい,ややこしい.そう思っていませんか?
その先入観は今すぐ捨てて下さい.大人の発達障害の診療も症例経験を積み重ねることで,精神科医なら誰でも得意になれます.本書では,ASDを含む大人の発達障害を診るために必要な,「正しい知識」と「少しのコツ」を7つのステップにまとめました.日常臨床を豊かにするヒント満載の一冊です!

出版社の紹介ページでは「はじめに」と目次が見られますよ。

大人の発達障害診療マニュアル―7つのステップでわかる大人のASD・ADHD中外医学社

先生のブログの14/06/25のエントリ、「大人の発達障害診療マニュアル」日本精神神経学会横浜大会で先行発売されます。ではこう書かれております。

遺作にならなくて良かった!

そんな縁起でもない!…ってところではなく

ドクターだけでなく、臨床心理士、精神保健福祉士やその他支援者の方にとっても役立つ本を目指して書きました。

とのことで、ありがたく拝読させていただきたいと思います。

まだ、中身はほとんど読んでないんですが、私の専門領域であるアセスメント関連のところはチラリと読ませていただきました。「●心理検査をどのようにオーダーするか」というところではこんな文言が。

先生方が勤務されている機関で、今後心理士を雇用して、これから施行を検討する場合、採算性についても考えなければいけません。

と、なかなかシビアなところにも踏み込まれております。

ただ

と書きましたが、ランニングコスト以上に診療に役立つメリットは大きいと思います。メンタルクリニックなどの場合は、雇用に関して院長の裁量も大きいのでぜひとも自施設での導入を検討していただければと思います。

との心強いお言葉も。

読みやすく、かつ価格もお手頃な本ですので、特に成人の発達障害の臨床に携わる方は一読いただければと思います。

興味がある方は是非ともポチっとどーぞ。

そして、改めまして復帰おめでとうございます。無理せずボチボチ頑張ってください>姜先生

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑