Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

先日受けたTOEIC®テストの結果から反省してみた

公開日: : 英語 , , , , ,

新TOEICテスト 直前の技術

少し前、TOEICを受けまして結果が返ってきたのです。

目標まで70点足りませんでした。残念。

…とは言え、恐らくこれくらいの点数だろうなあという予感もありました。

なかなか準備できてなくて、2週間くらい前にようやく模試をやってみたんですが、その時の予想得点とほぼ同じ(厳密には+20点くらい)だったのです。

いやー、模試の精度というか、信頼性の高さには驚かされますです。はい。

ちなみに私がやった模試はこちら。

■リアル過ぎる模試3回分!
600問の問題作成と解説執筆、音声による特別講義のすべてを「花田塾」の990点満点講師自らが手掛けた究極の模試です。いまでも本試験を毎回受験している著者が出題傾向を徹底分析し、細部までこだわって限りなく本物に近付けました。リスニング問題3回分と特別講義67分の音声は、MP3データとしてCD-ROMに収録しています。

これはなかなか良いです。とりあえず「慣れる」という意味で、やってみて良かったなあと思いました。

そして、今回のテストで唯一やった勉強らしい勉強と言えば…こちらくらいでしょうか。

本書がPart 2から始まるのには訳がある!—-世界で唯一「スコアが上がりやすいパート順に学ぶ」TOEIC対策書です。日本で最もTOEICに詳しいと言っても過言ではない執筆陣が、効果バツグンのスコアアップ「技術」を惜しげなく伝授します。本書のスコアアップ「技術」の効果は、著者たち自ら新テストを何度も受けて確かめたので、間違いありません!

謳い文句に「1ヶ月で135点アップ(595点から730点)」とあるのですが、1ヶ月も準備期間がなかったので…(言い訳)。確かにちゃんとやれば、それくらいは伸びそうな感じです。

次回に向けて、この本はもうちょっと丁寧にやろうかなと思ってます。

自分は英語が苦手だというのはわかっているんですが、英語の何が苦手なのかを今回強烈に自覚しました。

問題は「語彙の少なさ」と「リスニング能力の低さ」のようです。

普段、英語論文や専門書を原書で読む機会がないわけではないのですが、その場合、当たり前ですが辞書を使ってます。私の場合、どうも辞書に頼りすぎのようでして。そのお陰で辞書の使い方はそれなりに上達しておりますが、反面、語彙数はなかなか増えないという状態なのです。

そして、「読む」機会はそれなりにあっても、「聴く」(しかも意識的に)ことって少ないんですよね。さらに、それが日常会話であったりビジネス会話であったりすると、もうわかりません。ダメです。

結局、語彙数を増やすには『DUO 3.0』とか『金のフレーズ』をやるしかないのですよね。

当たり前の話ですが、知らない単語は聴き取ることも出来ない訳で、そういう意味では語彙数を増やすことは(ちゃんと読んだり聴いたりしながらやれば)リスニング能力の向上にも繋がるかもですね。

そんなこんなで次こそは目標得点をクリアしたいと思いますよ。

関連記事

TOEIC(R)テスト 究極のゼミ Part 7 (別冊模試・DL特典付) (TOEICテスト 究極シリーズ)

TOEIC目標点まであと50点足りないのです

あと50点なのです。あと50点上げるだけでいいのです。 昨年、TOEICを3回ほど受け

記事を読む

新TOEICテスト 直前の技術

TOEIC対策の勉強をしているのです

公認心理師の動きが色々と活発な今日この頃ですが、ワタクシは今、忙しいのです。TOEIC対策の

記事を読む

英語勉強中

TOEICを受けることにした

TOEIC受けます! 突然ですが、TOEICを受けることにしました。 何度かこの

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑