Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

心理臨床家の皆様への質問:「主治医に内緒」なクライエントってそんなに来るの?来たらどう対応するの?

ミンナニ ナイショダヨ

少し前の話になりますが、7月17日づけで「臨床心理士の職業的専門性と資格を考える有志の会」(以下、有志の会)のサイトに、7月12日中野サンプラザで行われた「「公認心理師法案関連シンポ&語り場 臨床心理士の専門性と医療との関係を考える──公認心理師法案の医師の指示条項をめぐって」の当日配布資料とアンケート結果がアップされております。

資料(※MS Wordファイル)
アンケート結果(※MS Wordファイル)

こちら、勉強になりますし色々興味深かったりもするので、未読の方は是非とも読んでいただきたいのですが、その中でずっと気になっていたことが書かれていたので、取り上げてみたいと思います。

「アンケート結果」の「5.本日のシンポ&語り場で触発されたお考えを自由にお書きください。」の最初の自由記述です。気になった部分、引用します。

私は大学附設の心理臨床センターで働いていますが、そこにも医師の指示が入ってくると、自由にこれまで積み上げてきた臨床知を使えなくなる気がします。主治医の紹介状は前提にしていますが、主治医にいえないという方々もいっぱい来室します。そういう方々の「はざかい」の気持ちを聞くのはCPしかいないと思います。

私は医療領域にいるのでわからないのですが、医療以外の領域だと本当に「主治医にいえないという方々」が「いっぱい」来るのですか?

ここで言われている「主治医にはいえない」が、「主治医には言えないことを言いたいから、主治医の許可を得て(例えば紹介状を持参して)来談した」なのか「来談したこと自体を主治医には言えない」なのかでずいぶんと意味合いは変わってくると思いますが、一応、後者であるという前提でいきます。

そういえば、14/06/24のエントリ、「医師の指示」と「医師の指導」で取り上げた、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会業務執行理事会が、6月10日付けで衆議院議員(後に参議院議員も含まれたバージョンに修正?)各位に宛てた「公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会からの要望」(※pdf注意)にも書かれておりましたね。

(危惧の理由)臨床心理士を求めてくるクライエントが、そのことを主治医に内緒にしてほしいと言うことが多々あります。そのような場合、依頼された秘密を保持することが、我々とクライエントとの信頼関係を築く第一歩であり、これが禁止されることはユーザーの不利益となるばかりでなく、我々の業務に著しい困難をもたらす怖れがあります。このように、個々の事例において業務が円滑に行えなくなることが予想されます。

こちらは「そのこと」=「臨床心理士を求めてきたこと」を「主治医に内緒にしてほしい」ということで意味合いは明確ですね。

ここで同業者の皆様、特に医療以外の領域で働いている方への第一の質問。

来談したことを主治医に内緒にして欲しいというクライエントは「いっぱいいる」「多々ある」というほどの頻度でいらっしゃっているのですか?

そして、回答は「ケース・バイ・ケース」であるのを承知で第二の質問。

そういうクライエントが結構な頻度で来るという前提での話になりますが、そういう方々に対する対応はどうされているのでしょうか?

ひょっとして「内緒」のまま、面接を開始、継続してしまうこともあるのでしょうか?もしそうだとすると、色々とマズいことが生じるように思われますよ。

私は現在の職場に就職して以来、医療以外の現場で働いたことはないので想像でしか言えませんが、私だったら恐らく、まず初回の時点で「内緒」にしたい理由や、それに関連して主治医の交替を求めたり、あるいは他の医療機関を受診することは可能なのか、それが出来ないのであればその理由などについて聴きます。

その上で、心理療法が適用となるかどうか、適用となるならばどのような方法で進めていくのかアセスメントするための一つの材料として、主治医に連絡を取り情報交換をする可能性が高いことを伝え、それでも了承が得られればまずはアセスメント面接から…というような方向性でいくんじゃないかと思います。

「主治医に内緒」のまま継続面接を行うことの弊害については色々考えられますが、話が複雑になるのでとりあえず横に置いておいて、まずは上記の二つの質問に関して皆様のご意見がうかがたいです。

ご意見のある方はこのエントリのコメント欄にご記入いただくか、Twitterのリプライ、あるいはFacebookページのコメントなどをいただければと思います。

皆様の多数のご意見、お待ちしております。

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (1件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. すみません。遅ればせながらコメントを。

    ①私は精神科医医師ですが、同僚の大学院生は開業カウンセラーをしています。で、主治医に内緒で来る人は沢山いるみたいです。

    ②職場に内緒で受診する人が沢山いますので患者さんのノリは多分同じ感じです。

    ③個人情報保護法と医師法の守秘義務があるので、本人の同意がない限り、他の人物(家族を含めて)とコンタクトをとることは私達にはできません。する権利がありません。

    ④これを断られた時に診療を断る権利は我々医師にはありません。医師法に定められた応召義務ですね。ただし、適切な医療機関を紹介できる場合は別です。つまりコンタクトをとることを強要する権利は我々にはありません。

    ⑤で、ここからがややこしいんですけど、総合病院で、他の科のスタッフに電子カルテを見られたくないと言う患者さんは結構います。こうした場合どうするか。これ結構法律上の扱いが難しいんですよね。
    つまり、治療契約は治療者個人と結んでいるのか、病院と結んでいるのか。民法上、これは病院とになるみたいです。要するに病院と治療契約を結んで、病院が治療者を派遣している形ですね。
    となると、情報は当然病院全体で共有する必要があるので、患者さんは病院との治療契約を結べないことになります。しかし、先ほどの応召義務があります。
    とりあえず現場では、システム上無理、ごめんなさい、と言う風に言って納得してもらう、と言うので私は100%やってます。

    そんなところです。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑