Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

遠見書房主山内俊介さんによるワークショップ『伝わる!論文・文章の達人講座』が開催されるそうな

専門家のための「本を書こう!」入門

いつも大変お世話になっております。遠見書房の山内俊介さんが11月にワークショップを開催されるそうな。

題して『伝わる!論文・文章の達人講座~わかる・魅力ある論文・文章を書くための基礎から応用まで~』!

遠見書房 発行人ブログ「チラ裏」: 【しんりん】達意の文章を書く!WSのご案内【終わった】より。

伝わる!論文・文章の達人講座
~わかる・魅力ある論文・文章を書くための基礎から応用まで~

「モノを書く」ということは、対人援助職においても様々な場面で求められます。論文や学会発表はもちろんのこと、事例報告や記録、検査の報告書など、目的に応じて書き手が意図するところを読み手に伝わるように文章化することになります。しかしながら、専門用語の羅列で、独りよがりで分かりにくい、うまく文章にならないなんてこともしばしばではないでしょうか?
読み手に分かる・魅力ある文章にするには、臨床実践にもつながるコミュニケーションのスキル・エッセンスを身に付けることが重要となってくると思われます。
本ワークショップは、臨床業界にも詳しい遠見書房の山内氏を講師にお招きし、論文・文章の書き方をテーマとして行います。氏は、『臨床心理学』誌(金剛出版)の創刊編集長で、現在までに 200 冊を超える書籍・雑誌を編集・出版されています。
モノを書くコツや論文のまとめ方、果ては裏ワザ(?)に至るまで、初歩から実践的なテクニックまでを取り扱い、講義だけでなくワークも行います。修士論文をこれからまとめる大学院生から、論文投稿や本を書きたい人、書くことを通してコミュニケーション・スキルを磨きたい方など、どなたでも奮ってご参加ください。

日時:2014 年 11 月 30 日(日)10:00~16:30

会場:板橋グリーンホール 402 会議室
(東武東上線「大山」駅または都営三田線「板橋区役所前」駅から徒歩 5 分)
http://www.itabun.com/access/index.html

講師:山内俊介(遠見書房)
参加費:一般4千円、学生3千円
定員:40 名 (当日会場にてお支払いください)

持ち物:当日筆記用具をお持ちください(ワークで使います)。なお、PCでも可能ですが、電源の使用は難しいことをご承知ください。

申込み方法:下記メールアドレスに、1)お名前、2)ご所属、3)職種、を明記の上、お申込みください。
shinrigijyutukenkyukai115@yahoo.co.jp

主催:心理技術研究会 http://sinrigizyutsu.com/


私の不勉強ゆえ、心理技術研究会という団体は存じ上げなかったのですが、システムズ・アプローチや家族療法メインでやってらっしゃる方々の研究会なのですね。

しかし、気になるのは上記リンク先のブログ記事の冒頭。

昨年から今年にかけての本が今一つ,心理臨床向きではなかったというのもありそうなのですが,正直,売上ぱっとせんかったです。前年比20%減みたいな。そのうえ,今年は広告費や出店料がアゲアゲ↑でありましてw(死語化しつつある言葉を使いたくなるほどやさぐれております),昨年のざっと倍……書いていて恐ろしくなってきました。他の出版社さんはどうだったのでしょうか。
遠見書房,,,ダメポ……

…なんかすんません。

私、今年の日心臨は全く参加する予定はなく、とにかく家族旅行で忙しく…

専門家としてこれはどうなのかと思いつつ、しかし山内さんのワークショップは大変気になる次第であります。

開催は11月とまだ少し先ですので、興味がある方はスケジュールを調整して参加されてはいかがでしょうか?

私は…ちょっと予定を検討してみますね。

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑