Bunmi O. Olatunji・Dean McKay 著 堀越 勝 監修 今田純雄・岩佐和典 監訳『嫌悪とその関連障害 理論・アセスメント・臨床的示唆』

嫌悪とその関連障害

14/09/04のエントリ、日心は学会費未納で退会させられたはずなんだけど会員宛の北大路書房の展示書籍案内が送られてきた件で、北大路書房の展示書籍案内で気になった本をご紹介します!…と言ったまま、完全スルーになっていたわけなんですが、時間も出来たのでようやく触れられますよ、と。

私が一番気になった本…と言いますか、冒頭に掲載されていたのがこちらでございました。

日常場面で誰もが経験する「嫌悪」という情動。基本情動の一種と数えられ,強迫性障害や動物恐怖症等の精神疾患を理解する上で,欠かせない要素でもある。本書は,その基礎研究をはじめ,精神疾患との関係や,治療に関する研究を網羅した研究書として希有なものであり,この領域に特化したものとしては本邦初の書籍となる。

原著は2008年刊行のこちらですかね。

出版社の紹介ページでは目次が見られますよ。

嫌悪とその関連障害北大路書房

確かに「嫌悪」に特化した本というのは見たことなかったです。

訳本ではあるんですが、目次を見る限りかなり情報量は豊富な感じであり、つまり関連領域の参考文献は(恐らく原著刊行年の2008年まででしょうけれども)ほぼ網羅しているんじゃないかと思います。

この本、手にとって読んだわけではないので詳しいことは言えないというか、ちょっと気になるのは精神分析的、あるいは力動精神医学的な視点からの「嫌悪」については取り扱っているのか否かというところでして。

それこそフロイトの狼男の症例なんてのは、最初は動物恐怖症から始まっていたはず…ですよね?(間違っていたら訂正プリーズ)

精神分析における嫌悪と、認知科学的・神経科学的な嫌悪とが、どう折り合うのか…みたいなところは個人的に知りたいなあというところであります。

まずは読まないと話になりませんので、いつか手に入れたらレビューさせていただきたいと思います。

興味のある方は是非ともポチっとどぞー。

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑